外資系企業と日系企業では、社風や働き方など多くの違いがあります。

特に外資系は日本人にとっては、合う人と合わない人が非常に分かれることがあります。

そこで今回は、外資系企業より日系企業の方が合っている人の特徴についてご紹介します。

外資系企業で働くことが辛いと感じている方、外資系企業への転職を考えている方などはぜひ参考にしてください。

教育制度が整っている環境で働きたい人

転職先を探すとき、教育制度がしっかり整っているかどうかを確認する人は多いのではないでしょうか?

教育制度がなく、誰も何も教えてくれない、それでは一体どうやって仕事を覚えていけば良いのかと思いますよね。

しかし、転職してからの教育制度の充実を求める人は、外資系企業で働くことは大変なことでしょう。

なぜなら、外資系企業では教育制度という概念がない場合も多く、入社してから必要なスキルについては、「自分自信で考えて勉強して手に入れていくもの」という考えが根付いているからです。

教育制度がないと正直困るという人は、外資系ではなく日系企業を転職先に選びましょう。

日系企業の研修などの教育制度は高い評価を得ており、得るものも大きいことでしょう。

あと5分だけ…の誘惑に負けてしまう人

あと5分だけの誘惑、それは例えば朝起きたとき、温かい布団から出られない状態のことなどです。

「あと5分、もう5分と甘い誘惑に負けているうちに遅刻ギリギリになってしまった」という事態を頻繁に経験するという方は日系企業が向いていると言えます。

日系企業の多くは朝の出社時間が決まっており、「遅刻してはさすがにまずい」という最低限の常識は持ち合わせている人がほとんどです。

その強制力が何とか布団から自分の体を引きずり降ろし、しぶしぶと仕事の準備へと取り掛かっていくのです。

一方外資系企業では、フレックスタイム制や直行直帰の営業などが多く存在します。

これでは日系企業のような強制力がないため、あと5分の誘惑に負けてしまう人はついダラダラと怠惰な生活を送ってしまうことにもなります。

そうなると、仕事で結果を出すことができずに外資系企業では淘汰されていきます。

外資系企業で働くには、高い自己管理能力が必要なのです。

真面目な姿勢のアピールが大事と思っている人

仕事に対して真面目に取り組むことは大切なことですが、真面目なこと自体が評価の対象だと思っている人は日系企業向きです。

勤務態度が真面目、言われたこともしっかりやる、ときには残業もやってくれる、その真面目な姿勢があれば、日系企業でやっていくことは可能かもしれません。

しかし、外資系企業では真面目でも真面目ではなくても、結果を出すことが何より求められます。

仕事の過程や勤務態度よりも大切なのは成果、という考えが当たり前です。

毎日残業をせずに帰ろうと、結果さえ出してくれれば何の問題もないのです。

周囲からどう思われるかや、協調性を大切にする日系企業との大きな違いと言えるでしょう。

会社の人たちと仲良くやりたいと思っている人

仕事は人生の中でも多くの時間を占めるものです。

そのため、会社の同僚達とも仲良く楽しくやれるのが理想だと感じている人は多いでしょう。

仕事終わりにも会社の人たちと飲みに行ったり、休日まで職場の仲間とバーベキューをする、それが人間関係の多くを占めているという人もいるはずです。

これは日系企業独特のことで、外資系企業ではもっと人間関係が希薄です。

会社の人よりもとにかく家族やプライベートを充実させるのが当たり前ですし、1~2ヶ月ぐらいのスパンで驚くほど多くの人たちが会社を辞めたりして人員が安定しません。

会社の人たちと深い人間関係を築こうにも築けない、という状況にもあります。

ドライな人間関係は寂しい、そう感じる人は日系企業に転職しましょう。

幅広い仕事をしたいと思っている人

日系企業では、一人が様々な仕事を担当することがあります。

もちろん基本的な担当は決められていますが、個人の能力によってできる仕事が増えていったり、新人のうちは担当の仕事以外の雑用などをやることも多いです。

新人時代は大変かもしれませんが、幅広い仕事をすることで、その仕事の担当というよりは、一個人として評価を得ることができるのも日系企業の特徴です。

一方外資系企業では役割分担が明確で、幅広い仕事というよりは、本来の担当に専念するのが一般的です。

効率が良く仕事にも集中しやすい分、そこで高い結果を出すことが求められます。

色々な仕事をしていく中で成長をしていきたいと感じているのであれば、日系企業の方が向いていると考えるべきかもしれません。

新人のうちは責任ある仕事は早いと思っている人

新人のうちから責任ある仕事を任せられるということは、やりがいだと感じる人もいれば、プレッシャーが大きくて耐えられないという人もいるでしょう。

後者であれば、日系企業の方が向いていると言えます。

日系企業は良くも悪くも新人を大切にしてくれますから、ミスをして落ち込む可能性がある責任ある仕事を新人のうちから任せることはあまりしません。

一方外資系では新人であっても能力があると判断されれば、どんどん責任ある仕事を任せられます。

そうは言っても語学力より仕事の能力が大切だと思う人

外資系企業では当然語学力が必要ですが、そうは言ってもそれ以上に大切なのは本人の能力であって、多少の語学力のなさはカバーできると思うかもしれません。

確かに能力が高いのは大切なのですが、やはり外資系では語学力がなければ出世などは難しいという現実もあります。

高い能力を持っていても、語学力が若干劣るために、高い語学力と普通の能力がある人よりも評価が低くなってしまうことはあります。

その高い能力は、日系企業でこそ活きるのかもしれません。

外資系企業が肌に合わないと思ったら日系企業へ転職しよう

外資系はカッコイイイメージがありますが、合う人と合わない人が非常に分かれます。

外資系企業が向いていないと感じたら、日系企業への転職を考えましょう。

環境が変わるだけで、その能力を十分に発揮できるようになるはずです。

転職は転職エージェントを利用すると効率よく成功確率が上がり、スムーズに転職をすることができます。

自分の経歴や希望を登録しておくだけで、希望の条件に合った求人を紹介してくれますから、わざわざ自分でハローワークなどに出向いて職探しをする必要もありません。

今の仕事をしながら転職活動をするのは時間的にも大変でしょうから、大きなメリットになります。

また、実際に希望の企業が見つかった後も、面接の日程調整や給与交渉など、自分自身ではなかなかやりにくいことも代わって行ってくれます。

転職エージェントは転職支援のプロですから、安心して任せることができます。

すべてのサービスが無料で利用できるところも大きなメリットですから、ぜひ活用してみてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、外資系企業より日系企業の方が向いている人の特徴についてご紹介してきました。

同じ能力を持っていても、働く場所によって発揮できるかどうかが変わってきます。

外資系企業に向いていないと感じたら、ぜひ日系企業への転職を成功させてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。