会社の上層部が意志決定をし、一般社員などの下部組織は上層部の指示の元働くトップダウン型の経営は、会社や社員たちに様々な悪影響を与えています。

ワンマン経営に、現場の意見が届かない状況に、社員たちはもううんざり…そんな会社はあちこちに存在しています。

今回は、そんなトップダウン型の経営がもたらす悪影響と、もううんざりと思ったときの適切な対処方法についてご紹介していきます。

トップダウン型がもたらす悪影響とは

トップダウン型の経営は会社や社員たちにどのような悪影響を与えているのでしょうか?

自分の意見が通らないからモチベーションが上がらない

トップが重大な意志決定を行うのは当然ですが、それは現場の意見を聞いた上で最終的な決定をするのが前提です。

しかし役員室の中でだけで決められた、現場の状況とはまるでかけ離れた指示や方針に社員たちはうんざりしています。

例えば同族経営で先見の目があった社長が退き、社会人経験がない息子などがトップになっている場合などがあります。

狭い視野で凝り固まった判断を行い、現場が大荒れになってしまうなんてケースは実際にあります。

現場で消費者やクライアントの生の声を聞いている社員たちは、いくらその声を伝えようとしても、平社員という立場で門前払いされる始末、これでは社員たちのモチベーションは一向に上がることはありません。

現場の意見が届かなければ企業として成長できない

現場の意見は消費者やクライアントの声でもあります。

しかし勘違いしているトップの場合、現場の意見は=実績のない平社員の意見と決めつけ聞く耳を持ちません。

現場の意見が届かないということは、実際に商品やサービスを利用している消費者やクライアントの声が届かないということ。

それでは企業としてより良い商品やサービスを提供することなどできません。

結果的に企業として成長できないということになっていくのです。

成長できなければ業績も上がらず給料に反映されない

企業の成長がなければ、業績は上がることはありません。

一時的に景気などによって売り上げが上がることはあっても、それが長続きすることもありません。

なぜなら企業そのものが成長したから業績が上がったのではなく、単なる運が良かったということに過ぎないからです。

そのような環境的な要因ではなく、本当に自分たちの力成長してきた企業は、例え一時的に景気によって業績が下がっても、また復活することができます。

これを理解しておらず、実力のないトップによるトップダウン型の経営はいずれ破滅を迎えます。

業績も上がりませんから労働者の給料にも反映されない、どんどん優秀な人材がいなくなり、社員たちのモチベーションはさらに下がり続けるという負のスパイラルに陥っていきます。

トップの圧力が強い会社では社員のストレスはMAX

トップの圧力があまりにも強い会社は社員がストレスを感じやすい傾向にあります。

トップの存在感があることは良いことでもあるのですが、問題なのは勘違いトップの存在感です。

威張り散らすだけで自分で仕事を取ってくることもできない、無能なのに立場だけは上というタイプです。

実力がないのに人には良い成績を強制する、そんな上司に社員はうんざり、ストレスはMAXです。

こうして一人、また一人と貴重な人材が失われていっていることをどれだけのトップが築いているのでしょうか?

トップダウン型の経営にうんざりしたときの適切な対処方法とは

トップダウン型の経営にもううんざり!そう感じたときの適切な対処方法をご紹介していきます。

周りを巻き込んで会社を変えるべき?

現場の意見があまりにも通らない、社員たちの不満が会社中に充満している場合、社員同士が協力しあって上層部に直談判するという手もあります。

しかしそれには社員同士の意志が固まっていることと方向性が一致していることが大前提です。

社員数が多くなればなるほど、「波風立てずに上の言うことだけを聞いて大人しくしていない」と感じる社員もでてきます。

同じような不満を持つ人が集まっていても、その不満を一つにして行動に移すということは非常に難しいことなのです。

相当な下準備と説得作業など、時間をかけて行っていく必要がありますが、そもそもそれだけの労力をかけてまで会社を変えたいという愛社精神があるのかという問題もあります。

ベンチャー企業なら現場の意見が通る

時間をかけて周りを巻き込み、会社を変えることは不可能ではありませんが、それだけの価値がその会社にないのであれば時間の無駄とも言えます。

それよりも、早めにその会社に見切りをつけて転職し、自分は自分の道を切り開いていく方が建設的ではないでしょうか?

例えばベンチャー企業であれば、現場の意見が非常に通りやすいです。

革新的な経営でこれまでにない視点で業績を挙げていくベンチャー企業では、トップだけの考えよりも現場の意見をどんどん吸い上げて柔軟に対応していくことが武器だからです。

優良ベンチャー企業は転職エージェントで探そう

ベンチャー企業というと、ほんの数人の社員で、いつ倒産するかもわからない、ギャンブル的な要素が強い会社だというイメージがあるという人もいます。

もちろんそのようなベンチャー企業もありますが、近年はかなり資金力もある優良なベンチャー企業も増えてきました。

そのような優良ベンチャー企業を探すのであれば転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントには非公開求人というものがあり、条件が良く仕事にやりがいも感じられる人気の求人が掲載されています。

このような求人は応募すればすぐに人員が埋まってしまうため、転職エージェントに登録しておくことで対応できるようにしておきましょう。

条件やスキルなどをあらかじめ登録しておくと、転職エージェントが適切な求人を紹介してくれますので自分で探し出す手間が省けます。

また、応募書類の添削や面接対応などについてプロの目線からアドバイスを受けることもできます。

転職エージェントは無料で利用できますのでぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、トップダウン型の経営がもたらす悪影響と、うんざりしたときの適切な対処方法についてご紹介しました。

貴重な現場の意見が届かない会社はいずれ廃れます。

そうなる前に転職を成功させ、自らの道を自分で切り開いていきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。