教師を目指す理由やきっかけは人それぞれですが、自分が学生時代にお世話になった先生に憧れたという人はやはり多いです。

昔は今のように生徒に少しでもきつく言えば叩かれる時代ではなかったですが、熱く情熱を持った素晴らしい先生たちがたくさんいました。

また、学校教育に興味を持ち、子供たちの成長に携わりたいという想いを持って教師を目指す人も多いです。

このように熱い想いを抱えて目指すことが多い教師ですが、離職率は非常に高いと言われています。一体なぜなのでしょうか?

そこで今回は、教師を辞めたくなる瞬間と、一般企業へ転職する前に思い出してほしいことをご紹介していきます。

教師を辞めたくなる瞬間とは?

学校教育の現場は非常に厳しいと言われますが、教師たちはどんな瞬間に辞めたいと思ってしまうのでしょうか?

SNSイジメなど次々と起こる新しいトラブルに対処できないとき

学校では昔からあるイジメもありますし、近年ではSNSによる攻撃や無視など、新しいイジメ問題も発生してきています。

また、支払い能力があるのに給食費を払わないなどといった、親たちのモラルの低下などから起きるトラブルもあります。

学校教育を取り巻く環境や家庭環境も昔と比べると大きく変わっているため、経験豊富な教師たちでさえも、次々と起こる新しいトラブルに到底対処しきれなくなっています。

新しいトラブルが起きる度に教師を辞めたい、そう感じてしまう教師は多いです。

モンスターペアレントへの対応に限界を感じたとき

モンスターペアレントという言葉が定着して久しいですが、やはり教師にとって親への対応やコミュニケーションは非常に難しく感じるようです。

特に近年は少子化が進んだこともあり、過保護になっている親も多く、親自体に常識がない場合も多いため一律の対応というわけにはいきません。

一人一人違う子供たちですから個別対応は必須とは言え、あり得ない要求をしてくる親たちにも上手に対応をしていくのは、現場の力だけでは限界があります。

子供は可愛く、人に教えるという仕事は楽しいけれど、親たちへの対応が苦痛で教師を辞めたいと感じるのは不思議ではありません。

部活顧問がサービス残業だと感じるとき

部活動の顧問を担当することになると、残業代と呼ばれるものはほぼ出ず、一般企業でいうところのサービス残業です。

そもそもサービス残業だと呼ぶことを嫌い、子供の部活顧問になれるなんて名誉なことだと感じる教師もいます。

しかし、実際問題としては、平日の授業後に時間を取られ、部活が終わってから事務作業に取り掛かるため毎日遅くまで残って仕事をすることになります。

また、運動部などは大抵土日も活動する場合が多いため、土日返上で顧問も学校に来ることになります。

若干の休日手当がでる場合もありますが、暗黙のルールで申請されない場合も多く、休日手当をもらったとしても勤務時間の割には合いません。

教師である以上、自分も一人の人間ですし、養う家族もいる場合には、サービス残業になってしまう部活顧問の活動に疑問を抱くことがあります。

時間がいくらあっても足りないと思ったとき

教師の仕事は当然授業だけではありません。

授業のための準備もありますし、それ以外の事務作業や行事準備、トラブル対応など本当に多くの仕事があります。

やらなくてはいけないことは山積みで時間はいくらあっても足りません。

毎日深夜まで働いて、プライベートがほとんどないという教師も多いです。

しかも、子供の教育という特殊な仕事に関わっている以上、利益至上主義の一般企業のように「ブラック企業だ」「労働基準法に違反している」などとたやすく主張できない実態もあります。

生徒や親に強く言えず身の危険を感じたとき

昔は教師と言ったら立場的にも強く、生徒も親も先生に対して尊敬の念を抱いていましたし、逆に言えば逆らえないという恐れに似た気持ちもありました。

しかし現在はそのように思われる教師は少なくなり、生徒や親たちの立場が強いと言われています。

ある学校では、生徒に注意をしただけで生徒に殴られ、それを見かけた別の教師も、生徒が怖くて止めることができず、教師が大けがを負ってしまったそうです。

これは極端な例のように感じるかもしれませんが、実際にある話です。

何かあったとしても誰も守ってくれない、ケガをしても校長から被害届を出さないように懇願される、そんなときにはこんな業界で働くことに何の意味があるのだろうと感じてしまうようです。

教師を辞めて一般企業に転職しよう。そう思ったら思い出してほしいこと

一般企業に転職を考え始めたら思い出してほしいことをご紹介していきます。

教師を目指したころの気持ちを一度思い返してみよう

教師を辞めたい理由は、今回ご紹介した内容以外のことであるかもしれません。

しかし、どんな理由にしても、まずは教師を目指したころの気持ちを一度思い返してみましょう。

初心を思い返すことによって、多少の苦労は乗り越えることができる場合があります。

それでも今の状況が辛いと感じたら、我慢も限界にきているはずです。

放置すると体調不良やうつ病などになってしまうこともありますから、早急に転職を考えましょう。

学校以外でも子供たちと関わることができる仕事はある

教師という仕事をしている人にとって子供たちの存在はかけがえのないものであり、どうしても子供と関わる仕事を捨てきれないという場合もあるでしょう。

その場合には、学校教育以外でも子供と関わる仕事が多くありますから、それらに目を向けてみても良いでしょう。

せっかく取得した教員免許を使わないのは勿体ないと思うかもしれませんが、我慢して病気になって限りある人生を棒に振ることのほうが勿体ないことです。

また、子供と関わる仕事であれば、教師としての経験を活かすことが可能です。

ぜひその教育ノウハウを他の仕事で活かしてみてください。

仕事として割り切れるものを選ぶことも大切

教師はやりがいや社会貢献度も高い仕事ですから、教師として働いていた人は仕事にやりがいを求める人が多いことでしょう。

しかし、生きていくために仕事は仕事として稼ぐ手段として割り切って考えてみることも必要なときがあります。

仕事にやりがいを求めるあまり、精神的に負担がかかってしまうのであれば、仕事として割り切ってできるものを選ぶのも決して悪いことではありません。

転職は転職エージェントを利用しよう

教師を辞めて転職を考えるのであれば転職エージェントを利用すべきです。

教師は特殊な職業であり、一般企業で求められるスキルや資質とは全く別ものだからです。

一人でやみくもに転職活動を行っても、企業が求める資質との差が大きすぎて、思うように内定をもらうことが難しいことがあります。

それよりも、転職支援のプロの力を借りて、転職を成功させるためのノウハウを取り入れる必要があるでしょう。

転職エージェントは無料で利用できますから、ぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、教師の仕事を辞めたい理由と、一般企業に転職する前に思い出してほしいことをご紹介しました。

教師は素晴らしい職業ですが、現場は厳しすぎるという現状があります。

自分自身の身を守れるのは自分しかいませんから、一般企業に転職を考えてみることも必要ではないでしょうか?

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。