「君にこの仕事は向いていない」は、立場が上の人からしてみればそれほど大きな意味もなく口にしてしまう言葉かもしれません。

しかし、言われた本人は非常に傷つきますし、特に真面目で頑張り屋の人にとってはかなりショックが大きい言葉です。

自分は一生懸命に仕事に取り組んできたのに、何気なく言われたこの言葉が、張りつめた糸を切るきっかけになり、うつ状態になってしまった人を知っています。

そうならないために、向いていないと言われたときの適切な思考や行動について知っておきましょう。

気にしないことも大切

向いていないという言葉はひどい言葉ですが、悪気なく言っていたり、部下や後輩を叱咤する意図があって敢えて言っているという場合もあります。

もちろん、言葉はときに凶器になりますから、言う方はそれに気づかなければいけません。

ただ、言われた側としては、言葉の重さに気づけない浅はかな人が世の中にはたくさんいるのだと認識し、そのような人の言った言葉は気にしないようにしましょう。

真面目で人の話をよく聞くタイプの人は何でも言われたことを真に受けてしまいますが、それでは心がいくつあっても足りません。

聞き流すということもビジネスにおいては必要なスキルです。

何をもって向いていないと言っているのかを分析しよう

気にしないことができるのであれば、向いていないと言った人が本当に言いたいことを考えてみても良いでしょう。

例えば、ミスを連発したことを取って「向いていない」と言っているのであれば、もっと慎重に見直しをしたり、ミスを起こさない工夫をすることで「向いていない」を払拭することは可能です。

この場合の「向いていない」は、ミスが多いから改めて欲しいということを意味しているのです。

このように冷静に分析することで、「向いていない」という言葉に深い意味はなく、他の意図が見えてくることがあります。

単に叱咤するための定型句として使っているだけだと気づけば、「向いていない」に過剰反応し傷つくこともなくなります。

人から言われたことより自分はどう思うかが大切

相手がいくら向いていないと言ってきても、それは相手の価値観に過ぎず、必要以上に受け止める必要はありません。

それよりも、自分が今の仕事に対してどんな思いを持っているかの方が大切なのです。

今の仕事にやりがいを感じ、自分なりに努力していると思うのであれば、誰がなんと言おうとその仕事を頑張るべきです。

自分がする仕事を人の価値観だけに任せたいわけではないはずです。

自分の仕事は自分の価値観を一番大切に、それこそが長い目で見て本当に向いている仕事に出会えるための秘訣です。

向いていない仕事でもしっかり結果を残している人もいる

相手に向いていないと言われることで、「自分でも向いていないと思うかも…。」と弱気になってしまうことがあります。

その気持ちを払拭できないのであればこう考えてみてはいかがですか?

「向いていなくてけっこう、それでも最後までやり抜くのが仕事。」という風に。

こう考えることができると、向いている向いていないは大した問題ではなく、仕事を最後までやり抜いて結果を出すことに注力することができます。

気持ちも楽になるでしょう。

仕事で結果を残している人たちの中には「本当は自分に向いている仕事ではない。」と思いながらも続けてきて、誰よりも高い成果を挙げていることがあります。

つまり、向いていない仕事だと自分が思っても、仕事で結果を出せるかどうかは別問題だということです。

パワハラがあるなら異動を申告しよう

そもそも、会社で部下や後輩に向かって「君にこの仕事は向いていない」ということ自体が、パワハラ的な発言と捉えることもできます。

具体的に改善すべきことを指導したのであれば分かりますが、単に向いていないという言葉には退職勧告とも取れることもあります。

あなたが何か重大な違法行為を犯したなどの正当な理由がない限りは解雇は無効ですし、相手はむやみに退職をにおわせるようなことを言ってもいけません。

「向いていない」という言葉だけに傷ついたのか、元々毎日のパワハラに悩まされていたのか振り返ってみましょう。

パワハラを受けて我慢している人は、自分がされて傷ついていることに気づいていないということもあります。

よく考えてみたら毎日暴言を浴びせられていた、今日に始まったことではなかったと分かったらそれは完全なパワハラです。

しかるべき場所に相談する、異動を申告するなどして対処していきましょう。

パワハラが辛いなら転職を

上記のようなパワハラがある場合、相談や異動の申告で解決できれば良いですが、そううまくいかない場合もあります。

また、「向いていない」という言葉をきっかけにしてパワハラに気づいたということは、かなりメンタルが麻痺している状態とも言えます。

その最後の一言がなかったら、自分では気づかないうちにうつ状態などに陥っていた可能性もあるのです。

パワハラを認識したのであれば、適切な対策を講じるとともに転職についても考えていきましょう。

パワハラが横行する会社が、果たして長く働く価値のある会社かどうかを見つめることも必要だからです。

現職にとどまりながら転職活動するなら転職エージェントを

「向いていない」という言葉をきっかけにして転職について考えるようになるのは何も悪いことではありません。

心は傷ついたかもしれませんが、そんな会社にいるべきではないと気づくことができたことはラッキーだったとも言えるのです。

ただ、感情的になって勢いで退職してはキャリアダウンの可能性もでてきてしまいます。

やはり現職にとどまりながら、転職活動をしていくべきでしょう。

その場合には転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントであれば平日の夜や土日に利用することもできますし、応募者に代わって面接の日程調整や給与交渉などを行ってくれます。

今の仕事と同時進行で転職活動をすすめていくには転職エージェントは大きな手助けになるでしょう。

最初から最後まで無料で利用できますから活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、会社で向いていないと言われたときにどうすべきかについてご紹介してきました。

かなりひどい言葉ですが、相手に悪意がないのであれば気にしないことも必要です。

また、パワハラなどが同時に起こっている場合には適切な対処と転職で、早めにその会社に見切りをつけるべきです。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。