エステシャンの仕事が大変だということは有名な話ですが、若い女性を中心にいまだに人気が高い職種です。

女性は大抵美容というものに興味がありますから、自分の興味があることを仕事にしたいと考えるのは自然なことかもしれません。

また、頑張れば独立ができるという夢を持ってエステサロンに就職する人も多いです。

しかし、独立してエステサロンを経営し成功している人はごくわずかで、それどころか雇われエステシャンを辞めてしまう人は非常に多いのが実情です。

離職率が高いことでも有名な業界です。

今回は、エステシャンたちはどんな理由で辞めようと決めたのか、また、転職活動についてもご紹介していきます。

エステシャンを辞めようと思った理由

雇われエステシャンが夢を諦めてエステシャンを辞めたいと思うのは、何も我慢が足りないからではありません。

我慢すれば乗り切れるというにはあまりにもハードルが高い、辛い現状があるのです。

エステシャンを辞めたい理由にはどんなことがあるのでしょうか?

1日中立ちっぱなしで足腰に負担がかかる

施術内容にもよりますが、エステシャンの仕事は1日中立ちっぱなしです。

マッサージなどを施す場合には辛い姿勢で力を入れることもありますから足腰に相当負担がかかります。

特に新人のうちは雑用も多く、座りながらできる最新機器を使った施術などはやらせてもらえないことも多いです。

エステシャンになる人は若い人が多いですが、若くて体力があるにもかかわらずきついと感じるのは、相当肉体を酷使していることと言えるでしょう。

サービス残業は当たり前。残業代という概念は崩壊している

エステシャンの仕事は施術だけではありません。

顧客にDMを送ったり、アンケートの集計や売り上げ管理、備品発注など事務仕事もあります。
しかし、それらの事務仕事を営業時間内に行うことはできません。

営業時間内は顧客の対応を行っていますし、顧客がいないときであっても事務作業を行うことは暗黙のルールとして禁止されていることもあります。

ではこれらの事務作業をいつ行うのかというと、営業時間が終わり片づけも終了した夜に残業して行うことになります。

エステ業界では事務作業は仕事のうちに入らないとされることも多いため、残業代の対象にもなりません。

ほとんどがサービス残業になります。

そもそも残業代という概念はエステ業界では崩壊していると言っても過言ではありません。

残業は問題視されても休憩なしは忘れられている

サービス残業や長時間労働は業界を問わず社会問題となっていますから、経営者としては「残業代はでないで当たり前」ということを口にすることは減ってきました。

そんなことを言えばブラック企業として訴えられかねないからです。

しかし、実質的なサービス残業は横行しています。

例えば、先ほどの事務作業を営業時間内に行うことができず、さらに「残業なしの優良企業」アピールのために残業を禁止されたとします。

そうなると、エステシャンたちは家に持ち帰って仕事をするか、休憩時間を削って仕事をするかどちらかで埋めるしかありません。

特に休憩時間については、残業は問題視されても休憩時間がないことが問題にされる風潮はまだ少なく、「忙しければ休憩が取れなくても仕方がない」という考えが根付いています。

しかし、労働基準法でも休憩は労働時間の間に必ず取らなければならないと決められていますし、DMの作成であろうと事務作業であろうと、仕事から解放されていなければ休憩にはなりません。

例え残業が減っても、その代わりに休憩時間がなくなるようでは労働者の負担はむしろ大きくなってしまうのです。

教育体制が整っておらず技術を磨くことができない

エステサロンに就職すると研修を行いますが、その研修期間だけですべての技術を覚えることは難しく、実際に働きながら、先輩たちの技術指導を求めて覚えていくものです。

しかし、先輩たちも過酷な労働環境で疲れていたり、営業時間外に技術指導をすることが多くなるためなかなか指導をしてくれません。

そのため技術力を磨いていくことが難しくなります。

誰も教えてくれないのにその技術を会得していないと店長からきつく言わたりと、理不尽な思いをしている人も多く、それは辞めたいと思う大きなきっかけになるのです。

ノルマによるプレッシャー

エステサロンでは営業ノルマが設けられていることがあります。

お試しコースで来店した人や、街中でチラシを配りながら呼び込みを行ったりなどの営業活動を積極的に行う店も多いです。

営業ノルマを達成できないときつく言われるため、半ば強引に契約させるというケースもあります。

エステなどでよくクーリングオフがあるのは、ノルマがあることによる強引な営業が原因なのです。

過酷な労働なのに給料が低い

エステサロンは大手であっても中小規模であっても、給料にはさほど恵まれていません。

肉体的にも精神的にも大変な仕事ですが、エステそのものが生活必需品ではないことや、価格競争によって単価が下がってきたことなどからも、エステ業界自体は厳しい状況だからです。

売り上げの穴を埋めるためには人件費にしわ寄せがくるため、エステシャンの給料は低く抑えられてしまうのです。

体を壊す前に転職を考えよう

エステシャンの仕事は憧れる人が多いですが、続けるには相当大変な仕事です。

毎日仕事に行くのが辛くて泣いている、体が拒否反応を起こしてじんましんが出ているといった声もよく聞かれます。

どんな仕事でも3年は最低でも続けようという人がいますが、体を壊して、精神的におかしくなってまで続ける意味はありません。

そうなってしまえば働くことそのものができなくなってしまい、賃金を得ることもできなくなります。

最悪の場合は正常な判断ができなくなり、自殺などに追い込まれてしまうこともあります。

体を壊す前に自分自身の危険を察知し、転職を考えていくことが必要になります。

転職は転職エージェントを利用しよう

エステシャンの仕事を辞める場合には、同業他社に転職しても状況が改善されないことが多いため、業界自体を変えたいと思う人がいます。

しかし正直どんな業界があるのかわからないということも多いでしょう。

その場合には転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントには、ハローワークや求人誌などに比べても圧倒的な数の求人が掲載されており、未経験でも可能な働きやすい仕事がたくさんあります。

転職支援のプロの目線で、どんな仕事に適正があるのか、将来性の高い業界などをアドバイスしてくれます。

やみくもに一人で転職活動を行うよりもプロの力を借りて、効率の良い転職活動を行いましょう。

最後に

エステシャンの仕事はやりがいはありますがきつい仕事です。

辛くて耐えられないと感じているのであれば、たとえ勤続年数が短くても辞めるべきです。

自分を守れるのは自分しかいませんから早めに転職を考えてみましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。