デザイン業界でデザイナーとして就職したけれど、思っていたことと違うとギャップを感じるという人は多くいます。

そのギャップは後々まで自分を苦しめることになりますから、早めに適切な対処を講じる必要があります。

そこで今回は、デザイン業界で感じやすいギャップと適切な対処方法についてご紹介していきます。

デザイン業界で感じやすいギャップとは

デザイン業界に就職したときに感じやすいギャップにはどんなことがあるのでしょうか?

学校で習ったことは現場では使えないことが多い

学校にもよりますが、講師自体のレベルが低かったり、売れないデザイナーがアルバイトとして非常勤講師できていることもあります。

そのため、教えられたことが現場で活かせないレベルの知識やスキルである場合も多いのです。

学校で真面目にスキルを身につけるための努力も必要ですが、学校だけにとらわれず、自分のセンスと行動力でさらなるスキルを磨いてきた人とは、就職時点ですでに差がついています。

就職してしばらくすると、自分のセンスのなさや実力不足に気づいて愕然としてしまう人も多いのです。

自分のやりたいものとクライアントが求めているものが違う

デザイナーの仕事に就く人は、好きなことを仕事にしたいと感じてその仕事を選ぶ人が多いです。

自分のイメージが形になるのはやりがいが大きいですし、何より楽しいことですよね。

しかし、実際に給料をもらって仕事をするということは、際立ったセンスや知名度がない限りは自分のやりたい仕事をすることはできません。

クライアントが求めているものをできる限り再現し、自分の意志ではなくクライアントの希望を形にするのが仕事なのです。

もちろんこれを理解している人にとってはそれこそがやりがいですが、自分の考えやセンスを過大評価している人にとっては、自分のやりたいことができないと仕事がつまらなく感じてしまうことがあるのです。

地味でパターン化された仕事が多い

デザインの仕事はクリエイティブな要素があると思われがちですが、実際にはパターン化されたデザインの作成も多く、地味な作業が続くことがあります。

クリエイティブな仕事に就きたいという夢を持っていた人にとっては、退屈で思っていた仕事と違うということになります。

デザイン事務所によってもどんなデザインができるのかは違ってきますが、デザイナーという仕事の現実的な部分を目の当たりにして、がっかりしてしまうことは多いです。

仕事なので生活が基本。稼ぎが少なすぎてやっていけない

デザイナーは夢がある仕事ですが、結局は仕事なので給料がなければ生活が成り立ちません。

大手のデザイン事務所で実力をつければ別ですが、小さなデザイン事務所であれば仕事を取るために料金を下げざるを得ず、結果的にデザイナーの給料も低くなります。

デザイナーの仕事は残業が多い割に残業代が出ないことも多いため、時給に換算するとかなり低い給料になってしまいます。

将来的に独立したいなどの夢があっても、生活が困難になり仕事を辞めて、スキルを磨く機会を失うということになってしまうのです。

小さなデザイン事務所だと人間関係に失敗しがち

デザイン業界は個性的な人も多く、一般的に言われるような社会常識がない変わった人もいます。

ある意味それが個性でもあり、オリジナル性の高いデザインを生み出すことにもつながるのかもしれませんが、個性的な人たち相手に人間関係の難しさを感じることも多くあります。

特に小さなデザイン事務所ではスタッフが少人数のため、人間関係がうまくいけば良いのですが、少しでも合わない場合には仕事そのものがやりにくくなるという直接的な影響が出てしまいます。

どんな仕事でもある人間関係ですが、それを理由に辞めるデザイナーは多くいます。

他部署との意志疎通がうまくいかない

デザイナーの仕事はデザインだけでなくコミュニケーション能力も必要な仕事です。

クライアントとやり取りする場合もあれば、他部署と協力しあって行う仕事もでてきます。

特に営業は、デザインの知識がないにも関わらずクライアントにいい顔をしたいため、デザイナーに無理難題を押し付けてくることがあります。

夜に受けた発注を明日の朝までに仕上げろと言ってきたり、システム的に難しいデザインを要求してくることもあります。

デザイナーとクライアントの調整を上手に行うのも営業の仕事なのに、デザイナーの立場を全く分かっておらず自分だけが会社やクライアントから評価されたいという人もいます。

デザインの仕事をしたいとこの業界に入ったのに、他部署とのコミュニケーションがうまく取れず、何のためにこの仕事をしているのかとストレスに感じてしまうことがあります。

デザイン業界でギャップを感じたときにはどうすべき?

デザイン業界でデザイナーの仕事をする際にギャップを感じた場合はどうすれば良いのでしょうか?結論から言うと転職を考えるべきです。

なぜなら一度感じたギャップは埋めることが難しく、疑問を抱えながら仕事をすることになり仕事で成果を出すことができなくなるからです。

同業他社に転職を考える場合は円満退職を

基本的にはデザインの仕事が好きで入った業界ですから、人間関係や給料を理由に辞めた場合は、所属事務所を変えることで改善される可能性は十分にあります。

仕事そのものが嫌ではないのであれば同じ業界に転職するのが良いでしょう。

ただ、同じ業界内で転職をする以上、今の職場の人たちとどこで会うかわかりませんし、業界内で悪い評判が立っても厄介です。

最後の最後まで円満退職を目指して、転職準備期間も長めにとって今の会社にできる限り迷惑をかけないようにするなどの気遣いは必要です。

デザインの仕事が好きではないと思ったら早めに動き出す

学生時代にデザインの仕事に就きたいと専門学校に行った流れでこの業界に入ったという人は多いです。

しかし実際に働いてみたら、実はデザインの仕事が好きではないと気づいたという人は意外にも多くいます。

その場合は、業界内でオペレーターや営業などの別の職種に転職をするか、業界そのものを変えるということになります。

職種変更であればこれまでの知識や経験はある程度活かすことができますが、業界を変えるのは大変です。

特にデザイン業界でしか仕事をした経験がない場合は、全くの未経験から新しい仕事を始めることになります。

20代であれば未経験であっても応募できる業界は多いのですが、30代以降ともなると段々選択肢が狭まってきます。

そのことを念頭に置いて、転職をするのであれば早めに動き出しましょう。

転職は転職エージェントを利用しよう

デザイン業界での仕事にギャップを感じ転職したいと思ったら、まずは転職エージェントに登録するところから始めましょう。

転職先では今回のようなギャップを感じないためにも、転職支援のプロである転職エージェントの力を借りて、慎重に転職活動を行うことが必須です。

同じデザイン業界への転職であれば、具体的にどのような資質が求められる事務所なのか、どんなデザインの仕事があるのかをしっかりとリサーチし、「こんな仕事をしたいわけではなかった。」を避けましょう。

また、未経験の業界へ転職するのであれば、知識不足もあり、一人での転職活動にはなおさら限界があります。

その業界の特性や求められるスキルについて、転職エージェントのアドバイスを受けながら、条件の良い求人を探していきましょう。

転職エージェントは無料で利用できますのでしっかりと活用し、効率よく良い企業への転職を果たしてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、デザイン業界に就職して感じやすいギャップと適切な対処法として転職をご紹介しました。

一度感じてしまったギャップはなかなか埋めることは難しいです。

そのままだらだらと疑問を持ちながら仕事をするより、思い切って転職をすることで本当に自分がやりたかった仕事に巡り合えるかもしれません。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。