体育会系のノリの企業というのは、気合いや大きな声など、勢いと体を張ることで乗り切ろうという傾向にあります。

職場の明るい雰囲気づくりに役立てる程度であれば良いことなのですが、思い込みが激しく違法な労働環境に陥っているケースも多くあります。

体育会系のノリが辛いと思ったら、実態を観察し違法性がないかを確認しましょう。

そして必要に応じて転職を考えることが大切です。

今回は、体育会系企業の共通点と体育会系のノリが辛いと思ったときの対処法についてご紹介していきます。

もううんざり…。体育会系企業の共通点とは?

体育会系の企業には多くの共通点があります。

一部の人には学生時代の延長のように楽しくなじむことができるかもしれませんが、大抵の人はうんざりしています。

飲み会や休日のバーベキューがやたらと多い

体育会系が大切にするのはチームワークですから、事あるごとにコミュニケーションを取って親交を深めようとします。

そのため、仕事終わりの飲み会が頻繁にあったり、休日もバーベキューや遊びの企画で持ち切りです。

もちろん、仕事ではチームワークがとても大切で、一人で仕事をすることなどできません。

しかし、社会人ともなれば仕事もあればプライベートもあるのが当然で、学生時代のように部活の仲間といつでも一緒というわけにはいきません。

仕事上必要なコミュニケーションは取るけれど、仕事は仕事と割り切って考えたいという人もいるのに、職場の人と仲良くすることが最も正しいという風潮があります。

長時間残業を気合いで乗り切ろうとする

体育会系の特徴として、気合いややる気があれば辛いことも乗り切れるという精神論を唱える傾向にあります。

会社は幅広い年代の人がいたり、家族の状況も異なるなど個人ごとに差があります。

中にはもともと持病を持っていたり、体力がない人もいるのです。

しかし体育会系の社風ではみんな同じ土俵で、とにかく気合があれば誰でも乗り切ることができると考えます。

特に長時間労働を悪だと思っていない風潮があり、残業をすればするほど、やる気がある人だと評価を受けることが多いです。

大きな声で指導する場面によく遭遇する

体育会系は声を出すことが大好きです。

声を出すことが気合いの証で、自分のテンションも上がり楽しく仕事ができる(と、本人は思っている)のです。

冷静に静かに仕事をしていても、やる気が認められることはありません。

積極的に声を出して、大きな声で後輩の指導をする、そんな人が「お、やる気があるな。」と判断される社風なのです。

確かにスポーツの世界では大きな声を出すことでチームの雰囲気がよくなり、力を合わせることができます。

しかし仕事は声を出すことよりも、頭を使って考える、冷静に判断していくことが大切なのです。

反論したら最後

学生時代に運動部だった人なら分かるでしょうが、運動部では監督の存在が絶対です。

一生懸命やっていたとしても「力を抜くな」「馬鹿野郎」と怒号が飛んできます。

口答えなどすれば、一番きつい練習メニューを追加で強制されるだけですから、監督に口答えする人などいなかったことでしょう。

体育会系の会社はこれを地でいっていますから、上司はすなわち監督です。

上司に反論するなど、監督に口答えするのと同じで、無理難題を押し付けられたり、サービス残業を強要されることにつながってしまいます。

上下関係が厳しすぎる

体育会系の企業では、上下関係が異様に厳しいことがあります。

上司だけでなく先輩の言うことは絶対で、理不尽なことや無理難題を押し付けられても服従、まるで使い走りのようなことをさせられることもよくあります。

このような職場はどうしても男性が多い運送業などを想像しがちですが、女性職場であっても体育会系のノリがある場合があります。

私が知っているケースでは、とあるアパレルブランドがそうで、1日でも入社が早い人が先輩なのは当たり前でした。

休憩時間になると先輩の私物の荷物を持ち、エレベーターに乗る前にはダッシュしてエレベーターのボタンを押して先輩が乗るのを待っていなくてはいけないなど、いつの時代かというぐらいの状況であったそうです。

仕事ですから、上下関係はしっかり保つのが常識です。

しかし、行き過ぎた上下関係が若い人たちの能力の芽を摘み、立場が上の人には誰も逆らえないため、会社自体の成長につながりにくくなってしまうのです。

体育会系のノリが辛いと思ったらどうするべき?

体育会系のノリについていけない、仕事が辛い、そう感じたらどうするべきでしょうか?

体育会系のノリが辛いと思ったら転職しよう

体育会系のノリが辛いと思ったら転職を考えましょう。

ビジネスでの体育会系の問題点は、そのノリ自体が悪いというよりは、法律をほぼ無視して精神論だけで考えようとすることにあります。

長時間労働やサービス残業などの違法な労働を、正義として捉えてしまうことがあるのです。

体育会系のノリが辛いと思ったあなたは、法に基づいて会社が経営されるべきであるということと、仕事は精神論だけで乗り切れるほど単純なものではないということに気づいているはずです。

仕事は部活ではありませんから、きちんと論理的にビジネスを捉え、コンプライアンスを重視したまっとうな企業に転職を考えましょう。

転職エージェントを利用しよう

体育会系のノリにうんざりして転職に向けて動きだす覚悟ができたら、まずは転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職エージェントには転職支援のプロが在籍しており、様々なアドバイスを受けたり、気になる企業の内情を教えてもらうことができます。

転職先の企業が体育会系のノリかどうかは求人票だけでは判断ができませんから、転職エージェントを利用して職場の雰囲気を確認してもらうようにしましょう。

企業の採用担当と密接に連絡を取り合う中で、うまく内情を聞きだし社風を確認してくれます。

また、サービス残業などの違法性が確認できる企業については、転職エージェントに求人を載せる際に審査を受けますので、そもそも掲載ができません。

転職先がブラック企業だったなんてことを避けるためにも、ぜひ活用してください。

最後に

いかがでしたか?体育会系企業の共通点と、体育会系のノリが辛いと思ったときの対処法についてご紹介しました。

全部が当てはまっている場合は間違いなく体育会系のノリが蔓延している企業ですし、一部だけ当てはまるという場合にも、精神論で違法な労働を良しとしようという風潮が見え隠れしています。

実態をしっかりと確認し、早めに転職に向けて動きだすようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。