会社が行う隠ぺいは小さいものから大きなものまで様々ですが、その大きさにかかわらずあってはならないものです。

例えば食品関係であれば賞味期限などを改ざんし、消費者を裏切るような行為を平気で繰り返すなどがあります。

それ以外の業界でも、長時間労働が慢性化しているにもかかわらずタイムカードを定時で押させて、残業代を支払わないなど悪質なものもあります。

そのような隠ぺい体質は、従業員であれば気づくことがあります。

そんな会社の考え方に辟易し、もう我慢がならないという人も多いでしょう。

そうなったときにはどうするべきなのでしょうか?

上司に訴えるのは上司次第だからリスクがある

まず会社の悪質な隠ぺいを見つけたときには上司に相談するという方法があります。

しかし、上司は管理職ですから、従業員でありながら会社側の人間でもあるという両面を併せ持っています。

必ずしも正義感のある上司であるとは限りませんし、上司自身が隠ぺいに関与している可能性もあります。

下手に上司に相談することで、不利益な取り扱いを受ける可能性がありますから、リスクがあることだと言えます。

勇気を出して内部告発するのもアリだが慎重に

悪質な隠ぺいが行われているのであれば、勇気を出して内部告発をするのはもちろん正しい行為です。

しかし、正しいからと言って必ずしも自分にとって幸せな未来が待っているとは限りません。

相手は組織ですから、一個人が内部告発をするには、かなり慎重に証拠などを集めて確実性の高いものにする必要があります。

また、世間的に会社が制裁を受けたとしても、内部告発をした以上、周囲がどう判断するかは社員によっても様々です。

内部告発をするべきかどうかはここでは述べませんが、慎重に行うべきことだということだけは確かです。

会社の隠ぺい体質を見てみぬフリをするとどうなる?

では、会社の隠ぺい体質を見てみぬフリをして、そのまま働き続けるべきかというと決してそうではありません。

見てみぬフリをすることでそのようなことが起きてしまうのでしょうか?

会社の信用が著しく失われて業績が悪化する

会社の隠ぺい体質はいつか必ず発覚するときがきます。

そうなったとき、会社の世間的な信用は著しく失われ業績悪化は免れません。

業績が悪化すれば当然そこで働く社員たちの給与や賞与にも影響がでてきます。

解雇整理などが行われて、突然職を失うリスクに直面する可能性もでてきます。

転職活動の際に不利に働くことになる

悪質な隠ぺいが発覚して業績が悪化してから会社に見切りをつけるのは遅すぎます。

その体質が世間的に知られるところになると、そこで働く従業員はどうだったのかということに目を向けられることになるからです。

従業員が一切関わっていない隠ぺいは考えにくいため、何らかの形で関わっていた、あるいは知っていたのではないかと疑われることになります。

隠ぺいが発覚してから転職活動をしていても、「あの隠ぺいがあった会社の出身か…。」と思われることで、内定を得にくいという可能性もあります。

企業側としては、見ず知らずの人を従業員として雇うリスクがある以上、少しでも良くない可能性が感じられるときに、ふるいにかけやすい存在になってしまうということです。

発覚したときに犯人にされて人生を狂わされる

ニュースなどで隠ぺいが発覚したとき、特定の個人の責任にする企業の話はこれまでに何度も耳にしています。

また、直接関わっていなかったとしても、会社組織に隠ぺいの張本人に仕立て上げられてしまう可能性もあります。

犯人に仕立て上げられてしまうと、その事実の如何を問わず今後の人生が狂ってしまうことになるでしょう。

薄々気づいていながら気づかぬフリをしていると、自分がいつか後悔することになるかもしれません。

長時間に及ぶサービス残業によって体を壊し貯金も少ないという状況に

違法なサービス残業が慢性化している場合、目をつぶって我慢を続けているとどうなるでしょうか?

何時間働いても残業代がでないため、生活はいつまでたっても苦しい、貯金が一向に増えないということになります。

また、長時間労働がたたって体や心を病み、治療費などがかかるケースは本当に多いです。

例え会社の健康保険が適用されたとしても、給与の全額補償は受けられません。

体を壊しても代わりはいくらでもいますから、休職期間が終わると同時に会社に使い捨てされるのがオチです。

サービス残業を続けていて貯金がないから、収入源を失ったことでどん底の生活が待っていることも考えられます。

隠ぺい体質の会社からは早めに脱出しよう

内部告発を慎重にするべきだが証拠が集まらないしリスクが高い、でも見てみぬフリはできない、そうなったら転職しかありません。

高いリスクを背負った会社を早めに脱出して、部外者になるしか方法はないのです。

冷たい言い方のようですが、自分自身を守れるのは自分しかおらず、それが結果的に家族など大切な人を守ることにもつながるのです。

そもそも、隠ぺい体質の会社に魅力を感じるかと聞かれたら、NOと答える人がほとんどではないでしょうか?

そのような会社に長くいて働き続けたとしても、自分の人生は本当にこれで良かったのかといつか後悔するかもしれません。

転職は転職エージェントを利用しよう

隠ぺい体質の会社にうんざりしたら、転職エージェントに登録することから始めましょう。

具体的に動き出すことで今の会社への踏ん切りがつき、前向きに考えることができます。

また、告発を考えている場合でも次の仕事を見つけておけば堂々と辞めることもできます。

退職してからの転職ではブランクができてしまったり、経済的にもデメリットが大きいですから、できれば在籍中に転職先を決めておきましょう。

転職エージェントであれば、時間的な余裕が少なくても転職活動をすすめることができます。

あらかじめ希望の条件やスキルなどを登録しておくことで適切な求人を紹介してもらえますし、全面的なサポートを受けることで内定をもらいやすいという特徴があります。

転職エージェントの利用は無料ですから、ぜひ活用してください。

最後に

いかがでしたか?今回は、会社の隠ぺい体質に我慢できなくなったときにどうすべきかをご紹介しました。

方法は様々ですが、一つの方法として転職をおすすめします。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を全てプロに任せてしまうことが可能です。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアコンサルタントが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

転職のプロにいつでも相談できる

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり悩んだ時にも誰にも相談できません。

しかし、転職エージェントを使うことにより、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも安心して効率的に転職ができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはDODAがおすすめです。

DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手です。

安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職支援の実績 日本最大級

これまでに多くの転職者を成功に導いた実績があるため、転職ノウハウやサポートも充実しています。

電通バズリサーチによる転職者満足度の調査でもNo1に選ばれており、転職支援の内容も安心です。

求人数も日本最大級

全国100,000件以上の豊富な求人数があります。

多くの求人情報を比較検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社を探しやすくなります。

DODA限定の求人も多数

非公開の求人も80,000件以上あります。

DODA限定の求人も多数あるため、DODAでしか応募できない求人に出会うことができます。

心強い転職エージェントを味方につけて、効率的に転職活動をすすめましょう。

DODAの登録は簡単

b28

DODAのサイトに移動後、「エージェントサービスに申し込む(無料)」ボタンを押しましょう。

名前や生年月日など簡単な基本情報、職務経歴を入力すれば登録完了です。よく分からない項目はざっくりで構いません。

登録後に担当者より電話やメールで連絡があり、転職の支援を受けることができます。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで新たな未来が切り開けるかもしれません。