教育業界は安定性があって社会的な地位も高いなどの理由で、昔から人気がある業界です。

ただ、気軽に始めて長く続けることができるほど甘い業界ではありません。

学校の教師以外にも、塾や予備校、英会話教室など、どの仕事であっても大変なことが多い業界なのです。

向いている人にとっては生涯の仕事ともなる貴重な仕事ですが、誰にでもできる仕事ではないので不向きな人も実際には多いのです。

教育業界の仕事が辛いのであれば、仕事の適性について真剣に考えてみる必要があるかもしれません。

今回は、教育業界に向いていない人の特徴についてご紹介していきます。

子供の教育に関わる覚悟ができていない人

先生と呼ばれる職業は以前は生徒や親からも尊敬され、先生自身も情熱を持って取り組んでいる人が多くいました。

もちろん近年でもそのような先生はいますが、単に教師という仕事を安定性だけで判断して始めてしまう人がいます。

結果的に仕事の面白さに目覚め、生徒と共に成長していく教師もいますが、途中で辞めたいという人は元々の覚悟のなさに原因があることがあります。

覚悟と責任感があれば、子供を傷つけたり辛い思いをさせたりしないはずで、不祥事などを起こす教師にはそのような考えが欠落しています。

大切な子供の教育に関わる仕事は、子供の将来や成長を左右する責任が重たい仕事です。

強い意志と覚悟がなければ、気安く始めるべき仕事ではないのです。

教育であっても接客業という考え方ができない人

教育業界の中でも塾や予備校など学習サービスを提供する仕事では、教育という側面と接客業的要素があります。

義務教育でない以上、生徒や親はサービスを購入してくれる消費者でもあるのです。

つまり、サービスの良し悪しがすべてということで、学習サービスに求められるのは「生徒の成績が上がる」という結果が求められる厳しい世界なのです。

学校教師などに比べて仕事に就くためのハードルは比較的低い塾や予備校などの講師ですが、甘く考えているとあっという間に仕事がなくなるという事態に陥ってしまいます。

先生や親など大人とのコミュニケーションができない人

子供が好きという理由で教育関係の仕事に就く人は多いですが、子供たちだけでなく周りの先生や親たちとの関わりが必須な仕事です。

いくら子供が好きでも、周りの大人たちとうまくコミュニケーションを取ることができない人は教育業界には向いていません。

教育業界は、数ある仕事の中でも、様々な人付き合いが発生する、高いコミュニケーションスキルが求められる業界なのです。

洞察力がなく生徒の個性を尊重できない人

生徒たちは一人一人違いますから、機械的に判断することはできません。

周りの育て方によって大きく変わってしまうのも事実です。

教育業界で働く人の大きな役割として、生徒の能力を伸ばしてあげるということがあります。

そのためには鋭い洞察力を持ち、生徒それぞれの個性を尊重することが必要です。

先生が見つけてくれた能力を開花させて将来的に成功するという生徒は多くいるのです。

洞察力がなく、人を見る目がないという人は教育業界で働くのは難しいと言えます。

自分の教え方に固執している人

教育業界で働くということは、生徒に伝えることが重要なミッションになります。

しかし、自分が子供の頃に覚えた方法が必ずしもどの生徒にも伝わるわけではありません。

時代の変化と共に子供自身の考え方や興味の方向性も異なってきますし、子供自身の学力レベルにも差があるのが当たり前です。

そんなときに、自分の教え方にこだわりが強すぎる頑固な人は、教える仕事が向いていないと言えるのではないでしょうか?

相手によって柔軟に教え方を変えることができる人の方が、多くの生徒から慕われ長く教育業界で活躍できるのかもしれません。

教育業界の仕事が辛いなら向いていないかも

教育業界の仕事が辛いという人は、向き不向きについても考えてみなければなりません。

もちろん仕事を始めて数か月程度で向き不向きを判断することはできません。

しかし、何年も教育業界の仕事にいながら仕事が辛い、何をやってもうまくいかないという場合には向いていない可能性があります。

前述したようなことが自分自身に当てはまらないかどうか振り返ってみましょう。

多くは努力や工夫で改善できることですから、教育業界の仕事自体は好きという方はぜひ前向きに取り組んでいきましょう。

ただ、改善が難しい場合や、そもそもこの仕事の大変さに辟易して魅力を感じなくなっているという場合には、転職するタイミングにきているのかもしれません。

周囲の意見を聞いたり適性診断を受けてみても

仕事の向き不向きは自分自身ではなかなか判断が難しい面があるかもしれません。

自分では向いていないと思っても、人から見たら非常に向いていると思われることもあるからです。

向き不向きを判断するときは、自分だけでなく職場の先輩や家族など周囲の人の意見を聞いてみると参考になります。

客観的で冷静な意見を求めてみましょう。

他には、転職エージェントや転職サイトなどで無料でできる、適性診断を受けてみるのも手です。

自分では思ってもみないような結果が出ることがあり、今後の仕事の指標となってくれることもあります。

これらはもちろん、一つの目安であり、最終的には自分が判断することになります。

新しい発見があるかもしれないというぐらいの気持ちで、試してみてはいかがでしょうか?

教育業界から転職するなら転職エージェントを利用しよう

教育業界の仕事を向いていないと判断したら、早めに見切りをつけて転職を考えてみることも必要です。

向いていない仕事をずるずると続けるよりも、自分の適性に合った仕事をすることで人生そのものが充実してくることがあるからです。

転職活動は転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントは転職支援のプロですから、様々な角度から転職活動をサポートしてくれます。

また、あらかじめ希望の条件やスキルなどを登録しておくことで、自分では思ってもいなかったような業界や職種の仕事を紹介してくれることがあります。

最初から最後まで無料で利用できますから、ぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、教育業界に向いていない人の特徴をご紹介しました。

向いていない仕事を辛い思いをして続けるのは精神衛生上好ましくありません。

転職を前向きな選択肢として考えてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。