お酒を飲む席で社員同士がコミュニケーションを取って交流を深めることを、飲みニケーションと呼ぶことがあります。

飲みニケーションは職場の外での問題ですが、相手が職場の人である以上、飲みニケーションについて悩みを抱えている人は意外と多いのです。

中には、自分の大切なプライベートの時間をほとんど削られたり、次の日の仕事に影響があるまで飲むことを強要されたりと、コミュニケーションというレベルではない状況にある人もいます。

社風にもよりますが、体育会系の職場には比較的多く、若手であると断ることができないということもデメリットになります。

では、今回は、飲みニケーションが辛いと感じたらどうするべきなのか、適切な行動についてご紹介していきます。

飲みニケーションの必要性について

飲みニケーションの必要性については、価値観の違いによるところも大きいため、永遠に答えがでない問題だとも言えます。

一般的には、お酒の席でざっくばらんに話をすることで交流を深め、仕事にも良い影響を与える効果があると言われているのが飲みニケーションです。

しかし、会社の飲み会については7割近くもの人が嫌いと考えているというデータもありますから、本当に必要だと感じている人は案外少ないようです。

毎回しっかりと飲み会に参加している人でさえも、もしかしたら仕方なしに参加している可能性もあり、そうなると飲みニケーションとは一部の人たちだけの自己満足とも言えるのかもしれません。

飲みニケーションが辛いと感じたらやるべきこと

会社の人との飲みニケーションが辛いと感じたら、どのようにすれば良いのでしょうか?

必要以上に飲み会が多い会社では生活の安定が難しいと考えよう

飲みニケーションの良し悪しはおいておくとして、飲み会の回数が必要以上に多い会社では経済的なデメリットが大きくなります。

飲みニケーションと言っても、このご時世上司が毎回全額支払ってくれるわけではありませんから、実費になります。

飲み代やタクシー代やらで、1回あたりに5,000円以上はかかってしまうというケースが多いのではないでしょうか?

それが毎週のように続く場合には、毎月数万円単位でお金がでていってしまうことになります。

汗水垂らして働いたお金が、本来は行きたくない飲み会代に消えていくことの理不尽さ、さらに数万という大きなお金は生活の安定にさえも影響を与えることになります。

社員同士の交流のための飲み会があるという会社であっても、常識的な範囲での頻度かどうかは、社員の常識度を知るための一つの目安ともなります。

常識のない周囲に合わせてしまって自分の生活が苦しくなったとしても、誰も生活費を援助してくれるわけではありません。

お酒の席のセクハラには毅然とした対応が必要

飲みニケーションでしばしば問題となるのは、お酒が入ることで起きるセクハラです。

勤務時間中のセクハラに関しては厳粛に対応してくれる会社であっても、お酒の席では途端に緩くなってしまうということがあります。

お酒を飲もうと飲むまいと、セクハラをされて嫌な思いをするのは被害にあった本人です。

そこがどんな場であっても毅然とした対応が必要になります。

酔っているから仕方がないと曖昧な態度を取ることで相手のセクハラ行為はさらにエスカレートして、危険な目に合ったという人も多いのです。

きっぱりとその場で「NO」を伝えるようにし、その日はとにかく信頼できる人の近くへ逃げることが必要です。

後日、コンプライアンス部門や上司にしっかりと相談するようにしましょう。

家族の都合や習い事など断りやすい理由を用意しておく

飲み会が頻繁に行われている場合には、毎回参加するのは時間もお金も無駄になってしまうことがあります。

嘘も方便ですから、相手が納得しやすく、断りやすい理由をいつも用意しておくようにしましょう。

家族の不幸などはさすがに行き過ぎですし、何回も使える理由ではありませんが、家族の用事があるなどやんわりと伝えるのは良い手です。

普通であれば、深く突っ込まれないものです。

また、習い事など毎週あるような予定を入れてしまうのも方法です。

どうしてもの場合には一次会だけの参加を死守しよう

立場が上の先輩や上司に誘われるとどうしても断れないということもあるでしょう。

その場合には一次会だけは参加して、皆のお酒がまわってきた頃には切り上げて帰るということを心がけましょう。

その代わり、一次会ではしっかりとコミュニケーションを取るようにしたり、職場の人を「観察」するのです。

「この上司はこの話題をすると機嫌が良くなる」などの仕事で役立ちそうな情報を得ることで、無意味だと感じる飲み会も自分のためになるのです。

また、自分からしっかりと話を振るなどして会に参加したことを周囲に印象づけるようにするのです。

そうすることで、飲み会を断ることが多くても「あいつはいつも不参加で感じが悪い。」と思われるリスクを極力減らすことができるのです。

飲み会以外にも無駄と感じることが多いなら方向性が違っているから転職を

飲みニケーションが辛くて仕事を辞めたいと言うと、そんなことで大げさだという人がいますが、決してそんなことではありません。

なぜなら、飲みニケーションが辛いほど頻繁にあったり、強制参加が多いような会社では大抵飲み会以外にも無駄なことが多かったり、自身の考えと合わないことが多いからです。

飲みニケーションの必要性を考えることは一つのきっかけですが、会社や周囲との価値観や方向性の違いが大きいようであれば転職を考えてみるのも手です。

転職は転職エージェントを利用しよう

飲みニケーションをきっかけに転職を考えるのであれば、転職エージェントに登録するところから始めましょう。

転職エージェントは求人数が多く、自分の適性に合った企業が見つかりやすいです。

条件やスキルなどを登録しておくことで、適切な求人をピックアップして紹介しれくれるため、自分では思いもよらなかったような興味深い案件に出会うこともあります。

在籍しながらのじっくりと転職先を探すことができますから、上手に利用してください。

最後に

いかがでしたか?今回は、飲みニケーションが辛いと感じたときの適切な行動についてご紹介しました。

飲み会に限らず、職場の人付き合いは価値観の違いが表れやすい部分でもあります。

あまりにも自分の性格や考え方と合わない会社であれば、ストレスも多くなってしまいますから、働く場所を変えてみることを検討してみましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を全てプロに任せてしまうことが可能です。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアコンサルタントが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

転職のプロにいつでも相談できる

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり悩んだ時にも誰にも相談できません。

しかし、転職エージェントを使うことにより、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも安心して効率的に転職ができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはDODAがおすすめです。

DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手です。

安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職支援の実績 日本最大級

これまでに多くの転職者を成功に導いた実績があるため、転職ノウハウやサポートも充実しています。

電通バズリサーチによる転職者満足度の調査でもNo1に選ばれており、転職支援の内容も安心です。

求人数も日本最大級

全国100,000件以上の豊富な求人数があります。

多くの求人情報を比較検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社を探しやすくなります。

DODA限定の求人も多数

非公開の求人も80,000件以上あります。

DODA限定の求人も多数あるため、DODAでしか応募できない求人に出会うことができます。

心強い転職エージェントを味方につけて、効率的に転職活動をすすめましょう。

DODAの登録は簡単

b28

DODAのサイトに移動後、「エージェントサービスに申し込む(無料)」ボタンを押しましょう。

名前や生年月日など簡単な基本情報、職務経歴を入力すれば登録完了です。よく分からない項目はざっくりで構いません。

登録後に担当者より電話やメールで連絡があり、転職の支援を受けることができます。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで新たな未来が切り開けるかもしれません。