職場で喫煙場所が縮小され、ランチ場所も全面禁煙だったりと、喫煙者たちはどこに行っても肩身の狭い思いをしていることでしょう。

それに伴い、転職市場でも喫煙者にとって不利になるような情報が出てくるようにもなりました。

喫煙は成人していれば違法ではありませんし、しっかりとマナーを守って喫煙しさえすれば何の問題もありません。

もちろん健康被害などはありますが、それは自分自身や家族の問題になりますから、少なくとも他人である職場の人に迷惑をかけるということはないはずです。

しかし、これほどまでに喫煙者が肩身の狭い思いをするのはやはり、一部のマナーの悪い人たちによるものです。

また、残念ながら、マナーを守って喫煙している人たちでも、自分では気づかないうちに周囲に不快感を与えてしまうことがあるのは事実です。

そこで今回は、職場において喫煙者が考えておきたいマナーと転職への影響についてご紹介していきます。

職場での正しい喫煙マナー

職場で喫煙をする場合に気を付けたいマナーについてご紹介していきます。

喫煙による離席や時間は常識の範囲内かを考える

しばしば職場で問題になることとして、喫煙のための離席があります。

仕事中に一服しようと離席し、何十分も席に戻ってこない人と、離席せずに仕事をしている人とで給与が同じことがおかしいなどと言われることがあります。

もちろん喫煙者にも言い分がありますし、人によって喫煙の回数や時間が違う以上ひとくくりにして議論するのは無理があります。

しかし一つ言えるのは、回数や時間が常識的な範囲内かを考えることは必要だということです。

例えば、禁煙者でも、仕事中にブレイクタイムを設けてコーヒーを飲んだりすることはありますが、その時間が異様に長かったり何回もブレイクタイムがあれば、批判の対象になります。

常識の範囲内で休憩しているから批判されないのであって、禁煙者だから批判されないわけではないのです。

喫煙者の人たちは「喫煙者だから同じようなことをしても批判されている」のではなく、常識から逸脱しているから批判されるということを覚えておきましょう。

喫煙者であっても、マナーをしっかり守っていれば批判されることはありません。

喫煙場所が屋外の場合には近隣住民の目も気にしよう

以前は社内喫煙がOKだった場合でも、近年は喫煙場所が屋外に追いやられるようになったという職場も多いです。

その場合には、社内の人だけでなく近隣住民への配慮も必要になります。

喫煙者たちが集まって大きな声で話をしている光景を見ることがありますが、喫煙というより声が迷惑になることもあります。

さっと吸ってさっと席に戻れば良いのに、いつまでもその場に集団でいるから目につくのです。

そういう近隣住民の評判は、会社としての評判につながります。

喫煙マナー一つが会社の評判に影響する可能性があるのだと覚えておきましょう。

人に仕事の依頼をするときは臭い対策をするのがマナー?

喫煙している本人は気づいていないことが多いのですが、職場で不快に思われるのはやはり臭いです。

喫煙して席に戻ってきた人が近くに来て、仕事の依頼をされたときに不快感を持った経験がある人は少なくありません。

汗の臭いなどは体質上仕方がないこともありますが、喫煙による口臭は対策するのがマナーという考え方もあります。

口臭スプレーなどを携帯するなど周囲の人への配慮は必要かもしれません。

喫煙による転職活動への影響と注意点

喫煙による転職活動への影響としてどんなことが考えられるのでしょうか?

面接でプラスに働くことはまずないと心得よう

転職活動の面接では、喫煙がマイナスになることはあってもプラスになることはまずありません。

特に面接官が嫌煙者の場合、人によってはかなりのマイナスイメージを与えることもあります。

面接を行うような個室では、口臭だけでなくスーツについた臭いでも喫煙者だと分かります。

かすかに臭うぐらいであれば問題なくても、あまりにも煙草の臭いをプンプンさせている場合には、社会人としての常識を疑われることになります。

面接前に喫煙は絶対NGで、臭い対策は念入りにするべきです。

また、企業にとっては、新しく雇う人の健康面は気になるところです。

体調を崩して休みがちという人は困りますから、健康面への影響が大きい喫煙はマイナス要素になるわけです。

喫煙者が特に気を付けたい業界や企業特性

業界や企業の特性によっては喫煙者がさらに不利になる場合があります。

例えば食品を扱う接客業の場合には、客に不快な思いをさせることがあり敬遠されることがあります。

また、接客業でなくても、女性が多い職場や健康関連商品を扱う営業などでも敬遠されることもあります。

女性は特に嫌煙者が多いため、その人たちとなじめない可能性があり、協力体制が築けないと判断される場合があります。

また、健康関連商品の営業マンが煙草のヤニで歯を真っ黒にして営業をしてきても、説得力に欠けて成績を挙げることができないと考えられます。

そもそも喫煙者を採用しない企業がある

近年は、業界や職種に限らず会社として喫煙者を採用しない方針を打ち出す企業も増えてきました。

その良し悪しについては言及しませんが、そのような企業があるという事実については認識しておく必要があります。

転職先の可能性を狭めたくないのであれば、時代に合わせて禁煙を考えるのも一つの方法です。

喫煙が影響するかどうかは転職エージェントに聞いてもらっても

転職を希望する企業が、そもそも喫煙者に対して消極的な姿勢を示しているかどうかは事前に調べておく必要があります。

せっかく応募しても、密かに喫煙を理由として不採用にされるようでは時間の無駄になってしまいます。

まずは企業HPなどで、喫煙者を採用しない方針を打ち出していないかどうかは確認しましょう。

確認できない場合には、転職エージェントを介して聞いてもらうのも手です。

自ら確認するにはハードルが高いですし、うまく聞くことができずにマイナスイメージを与えてしまうこともあります。

転職エージェントは転職における交渉ごとのプロですから、上手に選考基準の詳細について確認してくれることでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、職場において喫煙者が考えておきたいマナーと転職への影響についてご紹介しました。

職場での喫煙マナーは転職先でも当然使えることですし、喫煙が転職に与える影響についても覚えておくようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。