成長が著しいIT関連企業ですが、女性にとっては働きやすい業界とは言えません。

日本でのIT関連では女性の割合が2割に満たないというデータもあるほどです。

能力が高い女性であっても職場環境が悪く力を発揮できなかったり、辛くて辞めてしまうということも多くあります。

では、IT企業が女性に優しくないのは一体なぜなのでしょうか?

残業が長くなり家庭との両立が難しい

IT業界は小規模であっても大企業並みに業績を挙げることができますし、成長スピードも速く、将来的に見ても可能性に溢れています。

その一方で長時間残業が当たり前であったり、コンプライアンスへの理解が少なく制度などが未整備であるという問題点もあります。

日本の女性たちはどんどん現代的になっていき、仕事もプライベートも大切にしたいと欲張りになっています。

しかし、IT業界の労働環境はまるで一昔前の、日本が働き過ぎだと言われていた時代のような働き方を強いられることがあります。

残業時間が長くなることは、体力的な負担も大きいですが、家事負担も多く家庭やプライベートを重視する女性の価値観とはそぐわないことです。

IT業界全体としてでのこのような働き方が改善されない限り、高い能力を持った女性が活躍するのはまだまだ難しい世界と言えます。

感情的な女性は使いにくいと評価されることもある

IT業界に就職するには理工学部や情報処理を学んだ、いわゆる理系の人材が多くなります。

理系の人材が多い中で、女性は感情的にものを考える非常に扱いにくい存在と言われることがあります。

理系の女性がそもそも少ないということもそうですが、数少ない理系女性であっても、「感情的になって意見が言えない。」「論理的思考が欠如している。」などの評価を受けることがあります。

もっとも、理系の女性は文系の女性に比べても論理的思考を持ってはいるのですが、女性の特性である感情的な部分も持ち合わせているため、理系の男性たちからは「だから女は…。」ということを言われてしまうのです。

成果主義の考え方が女性になじまない

女性は結果よりも経過を重視する傾向にあります。

例えば旦那や恋人が何か決断をしたとしても、「どうして相談してくれなかったの?」という風に決断そのものではなく、過程での行動について責めることがあります。

これは仕事においても言えることで、結果よりも、どれぐらい頑張ったかや、どんな風に仕事に取り組んだかなど経過を大切にするのです。

IT関連は業界としては新しいですし、実力さえあれば年齢が若くても活躍できる業界です。

それはいわば成果主義であることも意味していますから、女性の本質とはそもそもなじみにくいと考えることができます。

協調性を望む女性はドライな人間関係に向いていない?

女性は周囲との協調性や共感を大切にするという特性を持っています。

しかし、IT業界ではパソコンを相手に仕事をすることも多く、誰とも話さないで黙々と仕事をするようなタイプの人も大勢います。

いつも周囲と声をかけあって協力しながらやっていきたいという女性にとっては、人間関係が希薄でドライに感じることがあります。

元々女性が少ない業界ですから、孤独感を感じやすくなってしまったり、悩みを相談できないことにストレスを持ってしまうことがあるのです。

そもそも女性が少ないため女性への評価制度が整っていない

文系の女性が理系の女性に比べて圧倒的に多いことからも分かるように、そもそもITに強い女性の全体的な割合は少ないです。

女性自身が苦手意識を持っていることも多いですし、学生たちも最初からIT関連企業を就職先として選びにくいという傾向にあります。

そうなると、女性に対してどのように評価をするべきか考える機会も少なく、評価制度そのものが整っていないことが多いです。

世間では女性管理職の登用が進んでいっても、IT業界においては少し置いてきぼりを食っているような状態なのです。

モデルケースがいないため産休・育休制度利用への理解が薄い

女性が少ないという歴史は、評価制度だけでなく産休や育休などの多くの女性が希望する制度利用への理解が薄いということもあります。

産休も育休も法的に認められていても、「誰も取得したことがないんだよね…。」と、暗に自主退職を勧めるようなことを言われたり、ひどい場合は妊娠したら辞めるのが当然というようなことを言われることさえもあります。

例え制度の利用ができたとしても、これまでモデルケースがいないわけですから、周囲の協力を得られなかったり冷ややかな態度を取られたりと、肩身の狭い思いをすることになります。

女性に優しくないIT企業を辞めて転職しよう

今回ご紹介したような女性に優しくないIT企業は、もちろんすべてのIT企業に当てはまるわけではありません。

中にはITの特性を活かして在宅ワークを促進したり、他の業界以上に女性が働きやすいという企業も存在しています。

そのような企業であればもちろん女性が十分活躍できますから問題ありません。

問題は、女性への理解がすすんでいない、新しいのに古いタイプのIT企業です。

そのような企業で我慢し続けながら生活をしていても、ストレスが溜まりますし、本来大切にしたい家庭やプライベートにすら影響を及ぼしてしまう可能性もあります。

ITに強い女性の活躍場所は実はIT業界に限らず様々ですから、その高い能力をフルに発揮できるような企業へ転職を考えてみましょう。

ITを使わない業界というのはもうほとんどありませんし、女性であれば周囲も聞きやすかったり、丁寧に教えることができたりと重宝される機会が多いです。

転職は転職エージェントを利用しよう

女性に優しくないIT企業から転職を考えるのであれば、転職エージェントを利用しましょう。

求人数が他媒体に比べても圧倒的に多く、女性が働きやすい求人も見つけやすいです。

また、どんな働き方をしたいのか、女性のモデルケースがいるかなど、転職活動の中で相談したいことや気になることがあれば転職エージェントに相談することができます。

転職支援のプロのアドバイスは参考になりますし、転職活動をスムーズに行うことができます。

転職エージェントは無料で利用できますからぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、IT業界が女性に優しくない理由についてご紹介しました。

女性が働きにくいIT企業は多いですから、仕事が辛い、きつくて辞めたいと考えている場合には転職も視野に入れてみましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。