女性の社会進出が進んでいるこのご時世、女性にとっていかに働きやすい環境で働くということがテーマになりつつあります。

女性にとっての働きやすさとは、人によって違いはありますが、子育て世代にとっては時短などの制度充実や子育てへの理解などがあります。

そのような会社を探すことも大切ですが、今存在する会社に期待するだけではなかなか巡り合えないのが現実です。

働きやすい環境というものは、自分自身も高い意識を持ち、「お互いに支え合える」WinWinの関係になってこそ生まれてくるものです。

今回は、働きやすい環境を手に入れるために、子育て世代の女性自身が気を付けたいことをご紹介していきます。

文句を言われないぐらい日中は精一杯働く

育児や家事があって残業がなかなかできない人も多い子育て世代ですから、所定労働時間内でいかに会社に貢献できるかが重要になってきます。

例えば、私語が多くてダラダラ仕事をするようなタイプの人が、定時になったらすぐ帰る、皆が忙しいときでも子供の用事があるから手伝えない、それでは周囲から文句を言われても仕方がありません。

それなのに「この会社は育児に対する理解がない」と言うのは違います。

日中は集中してテキパキと仕事をこなし、しっかりと会社に貢献する、そんな意識の高い人であれば周囲も自然と協力的になってくるはずです。

絶対に必要なときだけに絞って休む

子育て中には子供の病気や用事などで休みをもらいたいことも多いでしょう。

仕事よりも子供の方が大切なのは言うまでもありませんから、休みを取ることは問題ありません。

ただ、いつでも休めるから休む、というのは違います。

例えば夫婦どちらかが休めば済むケースや、祖父母などの協力を得られるケースもあります。

誰からも協力が得られず、かつ絶対に休むべきところでだけ休むという気持ちは持ちましょう。

子育て中であっても独身の人であっても、何らかの事情で休みたいときはあります。

しかし、皆ここぞというときに絞って、ある程度は我慢と妥協をしながら休みを調整しているのです。

子育てしているということがいつのまにか大義名分となり、普通よりも我慢や妥協ができない自分になっていないかは、常に振り返る必要があります。

育休中に手土産を持って子供を連れての会社訪問が効果的?

育休中に折りを見て会社を訪れて上司や同僚たちに挨拶をするのは、復帰後に働きやすくするために実は有効です。

手土産は大げさかもしれませんが、気持ちの問題なので、あれば他の社員たちも邪険にはできません。

人は何かをしてもらったら返さないといけない、という心理が働きますから、多少の恩でも売っておいた方が良いのです。

もっともこの場合は、休みを取っていることで迷惑をかけている同僚たちへのお礼的意味合いであることも忘れてはいけません。

そして、一緒に子供を連れて訪問するというのがポイントです。

同僚たちにとっては、「会ったこともない子供のために、育休者のフォローで大変な思いをしている」と思うのと、一度子供を現実的に目にすることで、「あの子を育てている同僚をフォローしよう」と思うかの違いが生まれます。

見ず知らずの子供より、一度会った子供に愛着がわくのが普通なので、復帰後に協力が得られやすくなります。

子育て中だから当たり前という態度を出さない

妊娠中も育児中も言えることなのですが、子育て中だからしてもらって当たり前、という態度を出してしまうようでは、どこに行っても望むような働きやすさを手に入れることは難しいでしょう。

もちろん、こんな態度を出す人はごく少数です。

しかし、実際に自分の子供のこととなると周囲が見えなくなる、優遇されて当たり前に思ってしまうという人はいます。

周囲に遠慮して何かを我慢しろということではありませんが、子育て世代は「理解してくれてありがとう。」それ以外の人たちは「子育て世代に理解を示して当たり前。」が良い関係です。

そんな風にお互いが思いやることで皆が納得できる、働きやすい環境が生まれていくのです。

家庭での家事分担も含めて仕事復帰と考える

イクメンなる言葉も生まれ、家事や育児に協力的な男性が増えてきました。

ただ、それはメディアで取り上げられる一部の人たちのことで、現実的にはまだまだ女性の家事負担が大きいのが実情です。

夫婦共働きであっても女性が食事や掃除をする、というケースは山ほど見かけます。

しかし、やはりそれでは女性の負担が大きすぎますから、職場で女性の能力を十分に発揮できる機会を減らすことになります。

特に育休復帰後にフルタイムで復帰するという場合には、家庭での家事分担も含めての仕事復帰と考えましょう。

共働きであれば、旦那に家事を「やってもらう」のではなく、そもそもお互いに分担して当たり前です。

分担が難しく自分の負担が大きいようであれば、精神的にも肉体的にもいずれ限界がきます。

家事分担を夫婦で考えるのも仕事の一つ。

そうすれば働きやすい環境を自分たちで手に入れることができます。

自分に余裕があるときの協力は惜しまない

妊娠中や育児中は精神的にもストレスが溜まりやすいですから、自分のことしか考えられなくなるときがあります。

もちろんそれは仕方がないことですし、そのことで自分を責める必要はありません。

ただ、体調が良かったり、気分が良いなど精神的に余裕がある、また、仕事も休職前で引継ぎが終わっているなどで仕事量にも余裕があるということもあるでしょう。

そんなときは、迷わず周囲の助けになれることはないかを考えましょう。

重たいものを持つなどは論外ですが、簡単な作業や人手がとにかく欲しい資料集めなど、やれることはあるはずです。

周囲の動向を把握して、自分から積極的に声をかけていくようにしましょう。

そうすれば、自分が育児に理解を示してほしいときでも、「あの人はいつも協力的にやってくれるから自分たちも何かできることをしよう。」という風に協力姿勢を示してくれるようになります。

将来的な出産・育児に備えて転職を考える場合も同じ

ここまでご紹介してきたことは、子育て世代の人が転職を考える場合にも同じことが言えます。

制度が整っていなかったり、職種の特性上残業が必須などの場合は将来のことを考えて転職も検討することがあるでしょう。

その際、いくら働きやすい環境の会社を探しても、制度を利用することだけを考えていたり、自分側の気持ちばかりが先行しては転職は成功しません。

転職先でも、貢献ありき。

やることをやった人が、制度利用や周囲への理解などの権利が主張できるということは覚えておきたいことです。

応募書類や面接時などで主張だけが激しすぎると内定をためらう人事担当は多いです。

転職エージェントなどのプロからチェックをしてもらってから転職活動を進めるようにしましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、働きやすい環境を手に入れるために子育て世代の女性が気を付けたいことをご紹介しました。

制度への不満や周囲への理解度の低さに不満はあるかもしれませんが、まずは自分自身も気を付けるということは忘れないでおきたいですね。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。