仕事や給与・待遇への不満や、キャリアアップのためという前向きな理由で転職を考えているという人は多いです。

しかし、悩むのは「いつ転職しよう」ということです。

タイミングを考えているうちにいつのまにか転職機会を逃し、気づいたら年齢だけが上がって転職市場で価値がない…そんなことにならないように、適切なタイミングで転職する必要があります。

転職を成功させるためには、どんなタイミングが選択肢として考えられるのかを知っておくようにしましょう。

「ここぞ!」というタイミングが来たら動き出すのが吉です。

今の会社でやれることはやってから動くという考え方もある

これと言った理由は特にないけれど、仕事が何となく面白くない、やりがいを感じられないという理由で転職を考える人がいます。

そのような不完全燃焼状態で転職活動をしても、転職はそう簡単に成功しません。

「なぜ転職先にこの会社を選んだの?」と面接で必ず聞かれる定番の質問にすら、満足のいく答えが用意できないことでしょう。

適当に取り繕ったとしても、面接官は慣れています。

転職に明確な理由がないことや一貫性が欠けていることはすぐに気づきますから、自分が思っているような「面白い」仕事に転職することはできません。

仕事が面白くないといった漠然とした悩みを抱えている場合、まずは今の会社で自分にできることはすべてやったのかを考えてみるのも必要です。

面白くするための工夫や努力はしたのか、自分から考えて提案するなど能動的に動いたのか、それらをすべてやってもここはいる場所ではない、そう感じたら転職のタイミングになります。

精神的に安定していないと転職が成功しない

仕事のストレスで精神的にもう限界…そんな風に考えて転職活動を始める人は少なくありません。

最も大切にすべきは仕事よりも自分の体のことですから、転職について考えるのは間違ってはいないでしょう。

ただ、精神状態があまりに不安定だったり、うつ病などを抱えている場合、まずは休むことを考えてみるべきです。

そのような状態で転職活動を行っても、正しい判断ができず適切な転職先を選べない場合があります。

また、気持ちの不安定さは面接などを通して相手に伝わりますから、それが不安要素となり内定がもらいにくくなってしまいます。

そうなるとまた精神的に落ち込んでいくという悪循環に。

まずは休息を取って、精神状態がある程度安定し、前向きに転職を考えられるようになってからでも遅くはありません。

今の会社で休職制度を利用するなどして落ち着いてから転職をする方が結果的に転職が成功しやすくなります。

必要な場合は資格を取得してから活動すると選択肢が増える

専門的知識が必要な職種や技術職などへのキャリアチェンジを図る場合、資格が応募条件になっていることも多いですから、資格を取得してから動き出した方が良いことがあります。

先に転職してからそこで資格取得を目指すという方法もありますが、転職したばかりのときには仕事を覚えたり職場になじむので精一杯で、勉強などする気力がないということにもなってしまいます。

慣れている職場であれば資格の勉強のための時間捻出も工夫しやすいですから、資格を取得してから具体的に動き出す方がスムーズです。

資格に合格したらそのときが転職のタイミングとして応募理由にも挙げやすいです。

転職市場が活発になる時期に動き出すのも手

転職市場は3月や9月になると期初の採用に向けて活動が活発になりますから、求人数が多くなり優良な求人が見つけやすくなります。

また、夏のボーナスをもらってから退職して転職する人も多いため、7月に活動を始める人に合わせて企業側も募集をかけるようになります。

活動の活発時期は企業や業界によって多少違いがあり、例えば屋外作業が多い建設現場などでは、暑い夏や寒い冬は応募が減ることもあるため企業側も積極的に募集をかけないケースもあります。

業界や業種ごとの転職市場が活発化する時期を調べておきましょう。

ただ、転職市場が活発化するということはライバルも多いということでもありますから、これらの時期に限らず適切な求人があれば随時応募していくということも必要になります。

ボーナスや退職金の要件確認はしっかりと

お金がすべてではありませんが、今の職場でもらえるものはもらっておきましょう。

ボーナスも要件次第では退職後にもらえることもあります。

例えば5月末時点の在籍者に夏のボーナス支給という要件であれば、退職日を7月まで待たずとも5月末にすればボーナスをもらうこともできます。

給与規則などをしっかりと確認して退職日の調整を考えましょう。

また、退職金についても要件確認は必須です。

場合によっては年単位で端数月は切り捨てということがあり、それによって支給率が変わることもあります。

9年11ヶ月在籍で退職するのと10年で退職するのでは、前者は9年換算で退職金が支給されることがあります。

こちらも要件をしっかりと確認し、できるだけもらいこぼしがないように退社と転職のタイミングを調整するようにしましょう。

転職市場は年齢に厳しいから時期を見逃さないように

業界にもよりますが転職市場は年齢にシビアな面があり、タイミングを逃して年齢を重ねると一気に応募できる企業の選択肢が減ってしまうことがあります。

転職先などについてじっくりとリサーチしながら慎重になることは必要ですが、あまりに慎重になり過ぎて賞味期限切れになってしまうことは避けたいです。

20代、30代の終わりなど節目年齢の場合はそれを機に転職タイミングと捉えても良いでしょう。

転職については一人で悩んでいても答えがなかなか出ず、適切なタイミングを逃してしまうこともありますから、プロに相談するなどして具体的に動き出すことが大切です。

最終決定に慎重になるにしても、何もせず自分だけで悩んでいても何一つ変わりません。

相談するのであれば転職エージェントがおすすめです。

様々な転職ノウハウを提供してくれ、カウンセリングを通して今後の方向性や悩みについても適切なアドバイスをくれます。

失敗したくないという想いが強いのであれば転職エージェントは心強い味方となるでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、適切な転職のタイミングについてご紹介しました。

転職も出会いが大切ですから、時期を逃してしまうとうまくいかないことがあります。

どのタイミングが適切か、自分なりの判断基準を持ってここぞというタイミングを見極めていきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。