人気の事務職ですが、世間一般的なイメージからか、事務の仕事を安易に考えている人が多いです。

営業や企画など、普段から事務所内で働くこともあったりして、事務員の仕事に一定の理解がある場合はまだその傾向は少ないです。

しかし、販売職など事務員とは関わりが少ない職種の人ほど、事務=楽そう、誰にでもできそう、という理由で事務職への転職を希望する傾向にあり、販売から事務への転職希望者は驚くほど多くです。

もちろん、販売から事務職へ転職して活躍している人はたくさんいますが、大抵そういう人は販売でもそれなりに結果を残すことができる人です。

販売の仕事が大変だから楽そうな事務職へ、その考え方で転職した結果、結局販売職へ戻る人が多いことも事実。

事務職への転職を安易に考える前に、事務という仕事と販売の仕事の違いを知り、自分の特性に合っているのかはじっくりと見極めていきましょう。

販売職を辞めたい理由はネガティブでも転職理由としてはNG

販売職を辞めて事務の仕事に就きたいと考える人の多くは、大抵がネガティブな理由です。

例えば、休みの少なさや不定期なこと、立ち仕事で体力的にきついこと、売り上げノルマなどによる精神的なプレッシャーを挙げる人は多いです。

もちろんこれらの理由はまっとうな辞めたい理由ですが、「だからとりあえず事務へ」は違います。

事務のこんな風な仕事に魅力を感じるとか、自分の強みは事務のこんなところへ活かされるとか、ポジティブな理由も追加で必要なのだと覚えておきましょう。

そうでなければ相手企業からは「事務の仕事をなめているのか?」と思われてしまうことになります。

1日中座っていることに耐えられる?

事務職は基本的にデスクワークがメインになりますから、机の前で作業することが多くなります。

確かに立ち仕事が辛い販売職の人にとっては魅力的なポイントです。

そして実際に、販売職から事務職に移って体力的に楽になったという人は多いです。

しかし、販売職歴が長かった人ほど、テキパキと動き回っている方が性に合っているという人は一定数います。

楽だと思っていたデスクワークが苦痛、集中力が持たずにミスを連発してしまう、そんな経験から、やっぱり自分は事務は向いていない、となってしまう人は意外と多いのです。

想像してみてください。1日中座って集中して仕事をすることに耐えられますか?

誰とも話をせず黙々と作業することができる?

社内の雰囲気にもよりますが、事務の仕事は集中力が必要ですし、細かい作業もあってミスが許されませんから、皆黙々と仕事に没頭しています。

コミュニケーションも取りますが必要最低限のことで、販売職のように客がいないときに店員同士で世間話をすることもありません。

まとまった仕事があるときなどは、昼休憩まで誰とも口を聞かなかったなんてこともあります。

販売職に就いていた人は、人が好き、人と話すのが好き、という人が多いです。

もちろん事務でもある程度の接遇スキルは求められますが、販売職のように多種多様な人とたくさん会話できる仕事ではありません。

販売職で感じていた「人の笑顔を見る喜び」を感じる機会はそうはないと覚えておきましょう。

パソコンができれば何とかなるはウソ

事務職でパソコンが全くできないというのはやはり話になりませんから、ある程度のパソコンスキルは必要です。

しかし、パソコンさえできれば何とかなるわけではありません。

エクセル、ワードは完璧!と思って入社しても、いざ文書を作成するときに、挨拶文一つ満足に書けない、そもそもメールで社外の人に依頼するときってどんな敬語の使い方をすれば良いの?と、基本的なビジネススキルのなさに立ち止まってしまう人はよくいます。

「あんなことで給料がもらえていいな。」と思っていたお茶出し一つとっても、お茶っ葉の分量すらわからない、お茶を出す順番が全然違う、なんてこともあります。

そんな小さなこと?と思うかもしれませんが、事務の仕事って小さなことの集合体。

一つ一つを丁寧に覚えていこうと思える人でなければ続けるのは難しいかもしれません。

できて当たり前。できなければ評価が下がる

販売にも営業にもない事務職の特性、それは「できて当たり前、できなければ評価が下がる。」ということです。

つまり、一番よくてゼロ、ミスをしたらマイナスになっていく仕事です。

事務職は仕事へのプレッシャーがないと言われることがありますが、事務員たちはミスが許されないので常にそのプレッシャーと戦っています。

さらに、頑張ってミスしなくても誰からも褒められない、なぜならそれが当たり前だからです。

給与計算や社会保険の書類一つとっても、完璧に仕上がっているのが大前提で、ミスをしようものなら大目玉です。

販売や営業のようにたくさん売れたから「よくできたね。」はないのです。

言い方を変えると、モチベーションを保ちにくいとも言えます。

頑張った分売り上げや客からの評価につながってきた販売職の人が、頑張ってもゼロの状態に耐えられますか?

事務は定時で帰れるって誰が決めたの?

サービス残業が多かったり、早番・遅番などシフトが不定期で体調も崩しやすい、そんな販売職の人にとって規則的な働き方ができる事務の仕事をうらやましく感じるときがあります。

確かに土日休みで毎日同じ時間に出勤するのが基本、体調管理もしやすくプライベートも充実させることができるのは事務の魅力です。

ただ、一般的に「事務は定時で帰れる。」という誤解をしている人が多いのが気になります。

もちろん、そういう働き方を事務に求めている会社もありますが、事務でも残業が非常に多い会社もたくさんあります。

毎日4~5時間の残業を当たり前にやっている事務員もたくさんいて、長時間労働で体がボロボロ、なんて人もいるのです。

光熱費を効率よく使うことを考えた工場勤務の方が、一斉に同じ時間に帰れるなんてこともよくあるのです。

事務だから定時で帰れるのではなく、あくまでも会社によって仕事量が違うというだけ、それを覚えておかないと痛い目に合います。

明確な理由があって事務へ転職したいなら大アリです

ここまでご紹介した内容のことも自分の特性なら耐えられる、頑張れると思うのであれば事務はメリットも多い仕事ですから転職を考えましょう。

逃げの事務ではなく、前向きな事務への転職なら、販売職で培った感じの良さやコミュニケーション能力の高さなどが評価されて転職も成功するでしょう。

ただ、倍率が高く人気の事務は、事務員から事務員への経験者転職組も多くハードルは高めです。

転職エージェントを利用するなどして戦略的な転職活動を行っていかないと、そう簡単には転職できません。

特に20代前半の若さを武器にできる人以外は転職エージェントの利用は必須です。

転職エージェントが持つ様々な転職ノウハウを利用して、効率的な転職活動を行っていきましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、販売から事務へ転職したい人に今一度自分に問いかけて欲しいことをご紹介しました。

どんな仕事も大変な面がありますが、それに自分の特性が適しているのかが大切です。

何となくのイメージではなく、具体的にやっていけるのかをしっかりと考えておくようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。