同業他社への転職は、経験やスキルが活かしやすいという点で王道の転職ルートになります。

転職を失敗したくないから同業他社へと考えている人も多いことでしょう。

ただし、同業他社ならではの気を付けたいポイントがありますので、転職活動にも注意が必要になります。

今回はその中でも、面接の際に気を付けたいことをご紹介していきます。

慎重な対応と念入りな下準備が必要になるということを覚えておきましょう。

法律に抵触する可能性も?機密情報は守ること

新商品の開発や技術などの詳細、人事情報等、転職先に話すべきではないことがたくさんあります。

面接で何か聞かれた場合はもちろん、転職した場合にも守るべき機密は死守しましょう。

それが社会人として最低限の常識でもあり、機密情報を漏らさないなど契約があった場合には法律に抵触する可能性もでてきてしまいます。

何が機密情報に当たるのかがよく分からないという場合の判断基準としては、「HPなどで公にされていること、調べればわかること」は機密情報には当たらないでしょう。

社員として働いていない限り知りえない情報については、機密情報の可能性があると慎重に判断しましょう。

ただ、面接ではどんな仕事をしてきたのかは述べる必要がありますから、境界線に悩む場合があります。

事前にしっかりと述べるべき内容を精査し、機密情報に当たらないかどうかを確認しておくなど下準備が大切になります。

必ず聞かれる退職理由は前職にない転職先の強みを強調しよう

転職面接で必ずと言っていいほど聞かれる退職理由は、同業他社への転職の場合は特に気をつけたいところです。

人間関係や仕事そのものの大変さであれば、転職先でも同じような理由で辞めてしまうと思われてしまうからです。

退職理由としては前向きな理由が好まれますが、特に前職と転職先とで明らかに違いがある点を強調して挙げると良いでしょう。

例えば事業展開の仕方や経営理念、商品やサービスの内容などです。

前職にも同じような強みがある場合は注意が必要で「前職でもできる仕事ではないのか?本当は人間関係など他に理由があるのではないのか?」と突っ込まれてしまいます。

前職にはない転職先の強みを挙げることで「御社でなくてはできない仕事がある。」ということをアピールするのです。

前職の不満・愚痴は特に気を付けて

同業他社への転職の場合は、業界が同じということですから、業界内で誰と誰がつながっているとも限りません。

前職の不満を転職面接で言わないのは基本ですが、同業他社の場合は特に気を付けたいところです。

例え誰の耳に入らなかったとしても、前の会社の不満を漏らすような人は面接官から信用されないことになります。

自分の会社の機密情報も簡単に人に言ってしまうような人では?と思われてしますことでしょう。

面接官はプロですから、応募者が素を出しやすいように、本当に考えていることを言ってもらうように誘導してきます。

調子に乗ってついポロッと言ってしまう人がいますので注意が必要です。

会社の規模が違う場合は面接の態度に出ないように注意

同業他社と言っても規模が異なる会社間の転職が多くなり、特に大企業から中小企業への転職は注意が必要です。

大企業で働いていた人は、自分のスキルが高い場合も多いのですが、会社のネームバリューによって仕事がやりやすかったという部分もあります。

それに気づいていない場合、大企業出身であれば当然中小企業で採用されると自信満々の人がときどきいるのです。

面接でもその態度がでてしまって偉そうな印象を与えることは避けたいです。

面接官の中にも大企業出身ということに敏感になっている人もいますから、言葉の選び方や前職と比べるということも避けましょう。

反対に中小企業から大企業の同業他社へ転職希望の場合は、ステップアップしたいという意味でも志望動機に説得力がありアピールとしてはしやすくなります。

ただし、何ができるのかという貢献度はかなり重要になりますので、前職での実績があることが大前提とも言えます。

今の会社に転職先は明かさないことを条件とされる場合がある

同業他社への転職は、ライバル会社間での人材の行き来があるということですから、転職先としてもトラブルが起きないよう慎重にことを進めていきたいところです。

転職先企業によっては、同業他社である前社に転職先を明かさないことを内定の条件として提示してくる場合もあります。

面接で転職先を明かさないよう言われることもありますから、きちんと同意するようにしましょう。

特にベテラン技術職や立場が上の管理職などの転職はナーバスになりやすいものです。

同業他社への転職活動をしているとついつい仲間うちで話してしまうこともありますが、社内の人には明かさないのが得策です。

どこで話が漏れて上役に伝わるかわかりません。

しつこく聞かれても答えないのが身のためです。

同業他社だと言っても企業研究は必須

業界内のことは何でもわかっていると自信がある人でも、企業が違えば扱う商品やサービスの特徴も異なります。

他の転職ケースと同じように企業研究は必須になります。

それをおろそかにしたまま面接に臨んでも、「業界のことは詳しいようだが、うちでなくても良いのでは?」と企業への熱意を疑われてしまうことになります。

前職との違いだけでなく、他の同業他社との比較検討もしておくなども必要です。

同業他社への転職は注意点も多いから慎重に活動しよう

今回ご紹介したように、同業他社への転職は面接一つとっても気を付けたいポイントがいくつもあります。

自分一人では知らない間にミスをしてしまうことがありますので、転職支援のプロのアドバイスをもらいながら転職活動を進めていくのがおすすめです。

転職エージェントであれば、優良な同業他社の求人が見つけやすいのはもちろん、転職活動で悩んだことや困ったことを解決に導いてくれます。

応募書類の添削サービスや面接対策なども教えてくれますのでぜひ活用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、同業他社への転職で面接の際に特に気を付けたいポイントをご紹介しました。

転職自体は成功しやすいと言われる同業他社ですが、守るべきポイントを抑えなければ信用問題にかかわることがあります。

そのことを理解し、しっかりと対策を講じて面接に臨むようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。