面接で聞かれて困る質問の一つに「前の会社での不満」があります。

どこまで本当のことを言っていいのか、なぜ面接官はこんな質問をするのかと、戸惑う人も多い質問です。

しかし、かなり重要な質問になりますので、いざ聞かれても困らないように対策を講じておきましょう。

そこで今回は、この質問の意図と適切な答え方をご紹介していきます。

前の会社の不満を聞くことで面接官は何を知りたいのか

まずはこの質問の意図について考えていきましょう。

前の会社の不満など転職先の仕事では関係のないように思えるかもしれませんが、面接官は一体何を知りたいのでしょうか?

同じような不満で辞めてしまう可能性はないか

応募者が前の会社に対して持った不満が、どこに行っても起こり得ることだとしたらどうでしょうか?

例えば業績悪化で給与下がったことへの不満を持っていたとしましょう。

今は大企業でさえも安定した地位は難しいと言われる時代ですから、転職先の業績が悪化し、苦しい状況に追い込まれる可能性は十分に考えられます。

企業側としては、そうなったときにすぐに辞めてしまう人ではなく、業績を改善するための方法を考えて貢献していってくれる人なのです。

これ以外にも「その不満ならうちでも持ってしまうかもしれない。」と思われる要素というものが企業によってあります。

例えば残業に対する不満があったという人であれば、残業はできればやってほしいという企業にとっては、「同じ不満で辞めそうな人」と判断されてしまうことになります。

周囲とうまくやっていける人材か

会社で仕事をしていく以上、誰かと関わり合いながら業務を遂行していくわけですから、人間関係が発生しない仕事というものは基本的にありません。

企業の採用担当者が口をそろえて「協調性がありコミュニケーション能力の高い人が欲しい」と言うように、周囲とうまくやっていける人かどうかは面接官にとって気になるポイントの一つです。

この質問には、協調性やコミュニケーション能力を確認したいという意図があるのだと覚えておきましょう。

不満に対して何らかの努力をした結果の転職なのか

何の不満もなく働いている人などほとんどいないということは、企業の採用担当だって十分に承知しています。

不満の有無を知りたいというよりは、例え不満があったとしても、それに対して努力や工夫をすることができる人かどうかを見たいのです。

そのことを理解していれば、前職の不満はないかという質問に対してどのように答えていけば良いのかがおのずと明らかになってくるでしょう。

不満を聞かれたら気を付けたい答え方

では、前の会社の不満を聞かれたときにどんなことに気を付けて答えていけば良いのか、何を伝えれば良いのかについてお話していきます。

馬鹿正直に不満をダラダラと述べる場面ではない

面接では前の会社の不満を聞くべきではないと気を付けていても、面接官の誘導によって不満や愚痴が止まらなくなってしまう人がいます。

面接官は相手の本質を見極めるべく、「リラックスして何でも気兼ねなく話してください。」などと言って安心させてくることがあります。

これを真に受けて馬鹿正直に前の会社の不満を言ってはいけません。

実際には不満がたくさんあって辞めたとしても、内容を吟味して伝える必要があるのです。

先ほどご紹介したような意図があっての質問なのだと忘れないようにしましょう。

人間関係に関する不満は絶対に言うべきではない

前述したように、面接官はこの質問で周囲とうまくやっていける人材かを確認しているわけですから、絶対に言ってはいけないのが人間関係に関する不満です。

前職での不満を尋ねた際に人間関係での不満を口にしすれば、「相性の合わない人がいればまた辞めてしまうのではないか?」と思われてしまうことになります。

不満に対して努力をしたけど叶わなかった理由を述べる

不満に対して行った努力や工夫というのは具体的にどんなことでしょうか?

ある事務職希望の女性の前職での不満は「責任ある仕事を任せてもらえない」ということでした。

しかしそれを会社のせいにはせず、「自分が信頼されるようになればいい」と考えを切り替え、業務改善書を提出したり、仕事に直結する難関資格を取得したりと今の環境下でやれることを精一杯行いました。

ところが上司は彼女の努力や能力の高さを認めた上で「同族経営で親族以外に任せたくないというのが会社の方針だから。」という理由で結局仕事を任せてもらえず転職することにしました。

このことを面接で伝えたところ「自分を客観視することができ、状況を改善する努力を行える人」と判断されて内定をもらうことができました。

この場合に良かったのは、不満を不満で終わらせず改善策を講じて努力したところ、そして前の会社では難しいと判断した上で前向きな転職をしたという点です。

「何の不満もなかった」という良い子的回答は逆効果

前職での不満を聞かれて「何もありません。」と答えるのは、良い子に見えて内定をもらえないパターンです。

不満がなかったのであれば転職する必要はなかったわけですから、特に理由がないまま転職したのと同じと思われてしまいます。

不満は伝えてよいのですが、不満をなくすために努力をしたこととセットで伝えること、そして不満がきっかけとなり目標ができたなど、前向きな転職理由に変わっていったということを伝えましょう。

聞き方が違うだけで知りたいのは転職理由

「前の会社で不満はありませんでしたか?」と聞かれると困ってしまう人は多いですが、「転職理由を教えてください。」という定番の質問であれば用意してあるから答えられるケースがほとんどです。

聞き方は違いますが、結局行きつく先は「不満はあったけれど努力したし、〇〇というやりたいことが明確になって転職を決意した。」という転職理由につながるものです。

面接官は転職理由に一貫性があって信頼できるかを確認するために、この2つの質問を敢えて聞くことがあります。

転職理由と前職の不満に共通点がなくチグハグな印象だと、「自分の言葉で話していないのでは?」と、応募者の信頼性が疑われることになってしまいます。

面接に不安があるなら転職エージェントを利用しよう

面接では今回ご紹介した質問以外にも、聞かれて困る質問がたくさんあります。

事前にしっかりと面接対策をしておくことで、どんな聞き方をされても一貫性をもって答えることができるようになります。

面接対策としてはプロである転職エージェントを利用することで、実践的なアドバイスを受けることができます。

いざというときに慌てないためにもぜひ活用してください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。