転職を考える人の中には、ワークライフバランスを叶える職場に転職したいと考える人が大勢います。

この言葉が世間に浸透した結果、自分自身の働き方について見つめ直したいと考える人が増えているのは良いことだと言えます。

しかし、ワークライフバランスの取れた働き方を目指すと言っても、どんな働き方がワークライフバランスというものなのでしょうか?

ワークライフバランスという言葉の世間一般的なイメージだけに囚われず、自分視点でこの言葉の意味を探っていき、自分なりのバランスを設定する必要があります。

今回は、転職してワークライフバランスを叶えたいと感じている人のために、ワークライフバランスの本当の意味と、どのように設定すれば良いのかについてお話していきます。

ワークライフバランスは人によって違う

まずは、ワークライフバランスは人によって異なるということをお伝えしておきます。

ワークライフバランスを求める働き方と言っても、仕事とプライベートが半分半分ということではなく、自分にとってのバランスの取れた働き方ということです。

仕事が大好きだしたくさん稼ぎたいと思う人にとっては、自分も家族も満足できる働き方は、多少の残業が伴うものかもしれません。

自分がどんな働き方をしたいのか、それにできるだけ近づけていくことが、本当の意味でバランスが取れているということなのかもしれません。

残業はしても有休が取れれば良いという考え方もある

ワークライフバランスの取れた働き方というと、真っ先に残業がなく定時で帰れる職場を想像する人が多いのではないでしょうか?

定時で毎日帰れれば仕事後の時間を充実させることができますから、決して間違っていないことです。

ただし、前述したようにワークライフバランスは人によって異なるものです。

果たして本当に残業が少ない職場が良いのかは、自分の価値観によって判断すべきポイントです。

例えば、残業は多いけど有休が取得しやすく、多くの社員の次年度への繰り越しがほとんどないという職場もあります。

土日と有休を使って家族と旅行に行くことも可能だから残業も頑張れる、という人もいるでしょう。

逆に、毎日定時で帰れるけれど年間休日が少なくて土曜日も仕事がある、シフト制で長期連休はほぼ不可能という職場が嫌だという人もいます。

では残業も少なくて休暇も多い職場が一番と思うかもしれませんが、二つを叶えるとなると求人数は減りますし、実勤務時間が少ない分給与も少なくなるというデメリットもあります。

条件は多ければ転職は難しくなる。優先順位を確かめよう

ワークライフバランスを叶える求人を探していると、「残業が多そうだな。」「年間休日が少なめだな。」など、条件面でいろいろ気になるところが多くなります。

当然ですが、条件は多ければ多いほど求人は減り、転職も遠のいていきます。

ワークライフバランスはあくまでもバランスです。

すべてを叶えるのは難しいと割り切って、条件には優先順位をつけるようにしましょう。

どんなときに「ワークライフバランスの取れた働き方をしたい。」と感じたのか、自分が辛いと思った場面を思い浮かべて紙に書きだしていきましょう。

夫婦ともに平日の帰りが遅いことで子供が悲しんだことが一番辛かったのであれば、もっとも優先すべきは夫婦どちらかが仕事終わりの時間を早めることです。

どちらかが土曜日半日勤務であっても、半日であればもう一人が面倒を見れるのであれば、トータル的な勤務日数が多少増えたとしても許容できるのではないでしょうか?

本当に妻が転職すべきか考えてみる必要も

ワークライフバランスを求めている人は、男女共に今後増えていくことでしょう。

しかし、一般的に家庭での家事や育児負担が多い女性の方がこの傾向が顕著と言え、転職先として比較的残業が少ないと言われる事務職の女性人気が著しく高いのも一つの証です。

女性が活躍できる社会である今、本当に転職すべきなのが妻なのかについても夫婦で考えてみるべき問題です。

妻の方が安定した企業に勤めており、給与も高くやりがいを感じている、しかし家事や育児の負担が大きく続けることができないというケースはよくあります。

この場合は、妻がその会社を手放して転職するのは本当に家族にとって好ましいことでしょうか?

夫側が転職をすることで残業時間が減れば、その分家事や育児を負担することができます。

給与の高い妻の収入は下げることなく、結果的に家計収入が安定するということもあります。

昔のように男性が終身雇用の会社で働くことはなくなった時代ですから、夫側が転職をするというのも、ワークライフバランス設定の選択肢として考えてみてもよいはずです。

将来的なビジョンも見据えて設定を

ワークライフバランスは人によって異なるとお伝えしましたが、自身の年齢や立場によっても異なります。

つまり、何をもってワークライフバランスと言えるかは「変化する」ということです。

例えば、今はとにかく家庭を優先させて働くことが心地よい働き方だとしても、将来的にはスキルアップしたいと考えているのであれば、ワークライフバランスが叶う職場に転職することは長い目でみて必ずしも正解とは限りません。

とにかく残業時間が少ない職場を選ぶというよりも、幅広い年齢層の人たちが働いていて、それぞれの年齢や立場によって柔軟に対応できる環境かどうかを見極めることも必要です。

同年代の人のモデルケースを知ることは大切ですが、もっと先の年代で活躍している人はいるのかということも同時に考える必要があるでしょう。

ワークライフバランスを設定する際は、目先の働き方だけに囚われず将来的なビジョンも見据えて設定することが大切ではないでしょうか?

転職の方向性を決めかねているという人は

ワークライフバランスという言葉に魅力を感じているのは間違いないけれど、具体的にどのように転職の方向性を決めていけば良いのか分からないなど、転職活動には悩みがつきものです。

一人で悩みを抱えていても転職活動はうまくいきませんし、焦りばかりが募って精神的な負担が増えるのも避けたいものです。

転職活動に悩みや不安があるという人は、転職エージェントを利用した転職活動をしましょう。

カウンセリングを通して、自身の経験やスキルを活かせて働き方の希望も叶えるにはどうしたら良いのか、転職の方向性についても一緒に考えてくれます。

これまで多くの転職を支援してきた経験から、具体的に役立つアドバイスをくれることでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、ワークライフバランスを叶える働き方をしたい人に、ワークライフバランスの本当の意味と設定方法をご紹介しました。

一般的なイメージだけでなく、この言葉を自分の中に落とし込んでいくことが大切です。

それができれば具体的な転職活動の方向性も見えてくるでしょう。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。