転職先が決まりいよいよ退職という時期になってくると、気になるのは退職の挨拶の方法です。

転職して縁が切れる人たちだと思わず、今後も付き合いの可能性があるとして誠意ある挨拶を行うことが大切です。

今回は、社内の人に向けた退職の挨拶方法やタイミング、気を付けたいポイントについてご紹介していきます。

退職挨拶の方法やタイミングについて

まずは退職挨拶の方法や、いつ伝えるべきかのタイミングについてお話していきます。

社内の人であればできる限り直接挨拶を

社内の人で直接会えるのであれば、できる限り直接会ってお礼を伝えるのが良いです。

ただ、勤務最終日の挨拶周りは案外時間がかかるものです。

職場によっては定時が過ぎてからの挨拶周りを基本としていることがありますので、一人一人に挨拶をしているようでは周り切れません。

お世話になった部署には、まずはその部署の長に挨拶をすると、場合によっては全員に向かって一言伝える機会を設けてくれることがあります。

その機会がなければその場でお礼だけ伝えて退職の挨拶とするようにしましょう。

営業所が違って会うことが難しいなら電話がベター

会社によってはいくつも営業所を持っていることがあります。

以前同じ営業所でお世話になったという人や営業所の担当者間でやり取りする機会がある場合は、やはり退職の挨拶をしておくべきでしょう。

近くの営業所であれば仕事帰りに立ち寄ることも可能ですが、場所が離れている場合は直接会って挨拶するのは難しいというもの。

電話での挨拶であっても理解してもらえます。

メールという選択肢もありますが、関わりが深い人であればやはり電話がベターです。

相手の負担にならないような時間帯を選び、退職の事実とお礼を伝えるようにしましょう。

退職の挨拶はいつ行うべき?

退職の挨拶は基本的には最終勤務日が良いとする企業が多いです。

最終勤務日に休みや出張で会えないことが分かっている職場の同僚などは、前日に挨拶を済ませておきます。

管理職クラスであれば、挨拶の相手の立場によって面談時間を設けることがありますから、勤務時間にじっくり時間をかけて行うケースもあります。

一般社員であれば基本的には業務を全うした定時後にするケースが多いです。

退職が決まっても最終勤務日まで仕事はありますから、勝手に挨拶をし始めてもいけません。

会社ごとに慣例が異なりますから、これまで退職した人がどんなタイミングで挨拶をしていたのかを思い出し、それに沿ったタイミングを心がけましょう。

挨拶するタイミングを守るということは、お世話になった職場への礼儀とともに、今後の付き合いがある場合は社会人としてのマナーでもあります。

お礼の品は必要か

退職挨拶の際にお菓子やハンカチなどをお礼の品を配るケースは多いですが、絶対に必要というわけではありません。

お世話になった人数が多い場合など、金銭的に負担が大きくなって難しいという人もいるでしょう。

ただ、高価なものでなくても構わないので、小さなお菓子などをせめて自分の部署の人にだけ配るなどするとやはり印象は良いです。

気持ちの問題でもありますし、職場の慣例として退職時にお礼の品を配る人がいなかったなどであれば必要ありません。

ご自身の職場の状況や経済事情、関わりの度合いなどを総合して判断されると良いでしょう。

退職挨拶で気を付けたいポイント

続いて、退職挨拶をするときに気を付けたい点についてお話していきます。

詳細な退職理由や転職先は伝えないこと

退職挨拶の中で退職理由や転職先を聞かれることもありますが、この2つについては詳細を伝える必要はありません。

家族の事情など当たり障りのない退職理由や、転職先の業界を伝える程度にとどめておきましょう。

間違っても会社への不満を口にしたり、転職先の企業名を伝えてはいけません。

会社への不満を述べるということは、相手によっては「そんな会社にいる自分」を否定されている気がする人もいます。

不満がどこで今の職場の上司に伝わり「あいつあんなことを言っていたのか…。」など不快にさせることもあるでしょう。

転職してからいつどこで会うか分からない今の職場の人たちですし、同業界への転職や将来的に独立を考えている人などにとっては人脈は非常に大切なものです。

退職の挨拶をする場合は周囲への気遣いも必要

転職する本人にとっては、転職先が決まりワクワクした気持ちでいっぱいかもしれません。

しかし、基本的に職場の人は転職を良く思わないのが普通です。

退職者がでることで担当の仕事が変わったり、フォローが発生するなどして負担が大きいからです。

どんなに転職を喜んでくれた人の前であっても、大っぴらに退職の挨拶周りをするなどせず、できるだけ目立たないように配慮することが必要です。

例えば電話で退職の挨拶をする人の中には、電話相手と盛り上がって大きな声で転職先についてしゃべったり、嬉しそうに会話をする人がいます。

本人は気づいていませんが、職場の人からすれば非常識な行為です。

仲が良い相手であれば後日会って詳細を話すと伝え、早めに電話を切り上げるようにしましょう。

メールの場合は一斉送信に注意

仕事で関わった人数が多く、直接会ったり電話で挨拶をするには限界がある場合はメールを利用して退職の挨拶をすることもあります。

ただし、目上の人や年配の方の場合はメールを嫌う人もいますから、相手によって使い分けるようにしましょう。

メールでの注意点は、一斉送信で送信先が見えてしまうことです。

ただでさえメールという簡略化した挨拶なのに、一斉送信であることが相手にわかってしまうと、心がなく、とりあえず送っただけという風に思われてしまいます。

BCC機能を利用するなどして、一人一人送ったと見えるようにするべきです。

不明点があれば転職エージェントに聞いてみても

退職の挨拶は転職活動の一部です。

転職エージェントを利用した転職活動を行ってきたという人はエージェントに相談してみても良いでしょう。

退職トラブルなどが問題になることもありますから、エージェントも円満退職のために必要な挨拶方法を心得ています。

最後に

いかがでしたか?今回は、社内の人向けの退職挨拶の方法やタイミング、注意点などをご紹介しました。

例え今の会社で嫌なことがあって辞める場合でも、最後は挨拶で締めくくりすっきりとした気持ちで転職したいものです。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。