人気のブライダルコーディネーターに転職を考えている人は、企業選びが重要なポイントになります。

なぜなら企業によってプランニングできる内容も違いますし、給与待遇にも大きな違いがあるからです。

企業選びを間違わないようにするためにも、企業選びのポイントを押さえておきましょう。

企業の方向性と自分の考えが合致しているか

晩婚化や未婚率の上昇、少子化の影響など、ブライダル業界には厳しい要素がいくつもあります。

結婚式市場は縮小していますから、その中での顧客の取り合いとなっているのが現状です。

そのため各企業では個性を打ち出して他社との差別化を図るための工夫がされています。

例えば結婚式をパッケージ化することで徹底的に低コストにこだわった結婚式場や、利用者の希望に合わせたオリジナル性にこだわった結婚式場など。

もちろんブライダルコーディネーターの仕事は利用者の希望を聞き取り、ニーズに合ったサービスを提供するのが仕事です。

ただ、利用者としても企業が打ち出す個性を求めてやってくることが多いので、ブライダルコーディネーター自身が望む仕事のやり方ができるわけではありません。

企業を選ぶときに意識したいのは、自分が提供したいと感じる結婚式の方向性と企業の目指す方向性とが合致しているかどうかです。

自分のセンスを活かしてプランニングしたいのに、パッケージ化されたサービスを提案することが企業の方向性であれば、やりがい面で不満を感じることにもなります。

まずは自分がなりたいブライダルコーディネーター像を分析し、応募先企業でそれが叶うかどうかを考えていきましょう。

年収は応募先の評価制度を確認すべき

企業選びのポイントでやはり気になるのが給与や賞与です。

ブライダルコーディネーターの活躍の場は結婚式場からホテル、海外まで幅広く、フリーで活動している人もいて正式な年収相場というものがありません。

また、担当する業務の領域も企業によって異なるので、ブライダルコーディネーターと一口に言ってもどこまで任されるのか確認することは必須です。

企業によっては一部歩合制を取っているところもありますので、求人票に記載されている給与額だけでなく、応募先の評価制度などを確認した上で転職後の年収を想定するようにしましょう。

若ければ良いわけではないから年齢で諦めないこと

年齢制限がないかどうかも転職組にとっては気になるポイントです。

一般的には若い世代が有利で、年齢が上がれば上がるほど不利になると言われていますが、ブライダルコーディネーターの場合は若ければ良いというものでもありません。

最近は30代以降の結婚も多く、新郎新婦は社会人経験が豊富な落ち着いたカップルであるケースもよくあります。

その場合には若く元気いっぱいというブライダルコーディネーターよりも、落ち着きが合って信頼できそうな人の方が好まれることがあります。

転職組も多いブライダルコーディネーターですから、特に年齢制限が設けられていない限りは諦めないでください。

ただし、未経験での転職であれば35歳ぐらいまでが一つの目安になります。

入社してから経験を積み数年かけて一人前になることを考えると早めの転職が好ましいです。

また、転職における年齢は応募企業が強みとしている年齢層にもよります。

若い世代の結婚を多く手がけているのであれば、利用者の好みを把握して適切な提案ができる若い世代の方が求められています。

逆に、晩婚化が進んだ現代に合わせて30代、40代向けの落ち着いた挙式に強いのであれば、経験豊富で落ち着いた対応ができる年齢が上の人にもチャンスが十分あります。

希望の求人がなければ繁忙期後を狙ってみても

希望に合致する求人が今のところ見つからないという場合は、長期戦と捉えてじっくり求人を探していきましょう。

応募の狙い目としてはウエディングプランナーの繁忙期が過ぎた頃です。

結婚式場の繁忙期は一般的に気候に恵まれている春や秋になります。

繁忙期前に応募しても、入社後いきなり繁忙期があたって先輩に聞きたいことも聞けないなど転職してすぐに辞めたいと感じることがあります。

また、繁忙期の激務が原因で辞めてしまうウエディングプランナーもいますので、補充要員として募集が行われるケースもあります。

この時期に必ず募集が増えるというわけではありませんが、一つの傾向として覚えておくと役立ちます。

本命企業ならアシスタントから入るのも手

どうしてもこの企業に転職したいと思っても、経験者優遇となっていて自分には難しそうと感じるケースがあります。

未経験であれば、アシスタントとして入ってブライダルコーディネーターを目指すのも手です。

特に入りたい企業が決まっているという場合にはモチベーションを保って頑張れることでしょう。

アシスタントから入る場合は、ブライダルコーディネーターへのキャリアアップが可能かどうか、どれぐらいの期間でキャリアアップするケースが多いのかなどを知っておく必要があります。

企業HPなどに記されている場合もありますが、なければ面接の質問タイムなどを利用して聞いてみましょう。

20代前半で社会人経験も少なくビジネスマナーなども甘いという方は、アシスタントから入って経験を積むのも良い方法です。

スタッフの質や人員を確認したいなら利用してみる

ブライダルコーディネーターは激務と言われていますから、転職するなら仕事の負担を減らしたいと考えている人も多いでしょう。

基本的にはスタッフ一人一人の質が悪い、人員が不足しているなどの場合は転職した後も激務になる可能性があります。

これを確かめるためには一度結婚式場を利用してみるのも一つの方法です。

最近は無料のブライダルフェアなどを家族や友人同士、一人でも見学できる機会がありますので、気になる企業でフェアを開催していたらぜひ行ってみましょう。

スタッフの接客レベルはどうなのか、少ない人数でフェア対応を行っていてバタバタしている感じはないかなど実際に見てみることで分かることもあります。

また、設備が整っていて働きやすい環境なのかを見れるのも、結婚式場を実際に見ることができるメリットです。

設備が充実していなければ、利用者の希望に応じて外部からレンタルしたり調整作業が発生します。

仕事のひと手間が増えるという意味で激務に一歩近づくと言えますから、設備面にも目を向けてみましょう。

ブラックを回避したいなら転職エージェントを利用しよう

ブライダルコーディネーターは基本的にどの企業でも激務になりやすい職業です。

覚悟の上での転職であっても、上司のパワハラや厳しすぎるノルマなどブラック的な要素がある企業だけは避けたいというものです。

そのような企業の内情を知るには企業HPだけでは知ることができません。

転職エージェントを経由するなどしてノルマや離職率など、聞きにくい情報を仕入れるようにしましょう。

企業審査もしっかり行われる転職エージェントですから、あまりに評判の悪いブラック求人にはそもそも出会う可能性も低いです。

最後に

いかがでしたか?今回は、ブライダルコーディネーターの転職ノウハウとして求人選びのポイントをご紹介しました。

企業HPや求人票の内容だけに限らず様々な方法で適切な求人を探していくようにしましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。