IT系職種の中でも注目度が高く職種ですから、インフラエンジニアに転職したい人と考えている人は多いでしょう。

現代のネットワークシステムを支えるインフラエンジニアであれば、社会貢献度も高くやりがいを持って仕事ができることでしょう。

そこで今回は、インフラエンジニアの仕事内容や転職事情、求められる人材についてご紹介していきます。

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアはエンジニア求人の中でも需要が大きく、インフラ技術を身につけておくことで転職市場での価値が高まると言われています。

インフラエンジニアはネットワーク通信やサーバーシステムなどのITインフラを支える技術者です。

具体的には以下のような仕事をするとされています。

  • インフラの設計を行う
  • インフラを構築していく
  • インフラの運用・監視・保守・障害対応など

顧客からの要望を分かりやすく定義化して企画書を作成し、設計していくところからがインフラエンジニアの仕事です。

チームをまとめて社外調整を行い、設計書を元に機械の組み立てや設定などを行っていきます。

負荷テストでシステムに問題がないかなどを確認した上で、実際にインフラの運用を行っていきます。

運用後も定期的に監視を行い、保守点検や障害時の対応などを行うのもインフラエンジニアの仕事です。

インフラエンジニアになるには

インフラエンジニアはサーバーやネットワークに関する幅広い知識が必要で、IT系スクールで取得できるような資格を目指すという人もいるでしょう。

変化の激しいIT業界ですから、常に向上心を持って勉強を続けていくのは大切なことです。

しかし、インフラエンジニアはこの資格があれば必ずなれるというものではなく、あくまでも実務レベルで多くの案件を経験してきた実績が必要になります。

IT業界に入ってから運用や監視などの仕事に携わりながら経験を積み、必要なスキルや技術を身につけていきながら企画・設計などを任せられるようになります。

未経験でもインフラエンジニアになりたいと思っている人は、応募先が手掛けている事業を研究した上で、長期的に見てステップアップしていけるよう目指しましょう。

インフラエンジニアは大変だと知っておこう

基本的にこの仕事は体力も精神力も必要なハードな仕事です。

プロジェクトの納期に常に追われることになり精神的なプレッシャーもありますし、システム障害などが起きれば徹夜で対応に追われることにもなります。

インフラ監視一つとっても、システムは24時間稼働していますから夜勤があることもあります。

エンジニアであればこのあたりは許容できるという人も多いかもしれませんが、仕事の大変さや残業の多さなどで転職をしたのであればじっくり考えてみることも必要です。

インフラエンジニアとしてどんな人が求められているのか?

インフラエンジニアに応募する前にどんな人材が求められているのかについて知っておきましょう。

ITインフラに関する幅広い知識と技術が必要

インフラエンジニアは前述したように企画・設計から構築・運用、監視・保守まで一連の流れをすべて理解して対応できるような幅広い知識と技術が必要になります。

また、機器によっては英語表記の場合もあるので英語力などもあると価値が高まります。

基礎的な知識や技術の他、次々に行われる古いシステムの見直しにも対応できるよう、常に新しい知識を得て技術を磨く努力が必要です。

これまでやっていた仕事が自動化されて、知識や技術が通用しなくなってきたということがないようにしたいところです。

高いコミュニケーション能力が必要

一般的に技術者は、人柄やコミュニケーション能力などより必要なスキルや能力があることが大事だと言われることがあります。

人と話をするのが苦手で接客や営業ができないなら、黙々と作業ができる技術者などを目指した方が良いとも言われます。

しかしインフラの構築や運用はチームで行うことが多く、顧客との打ち合わせもあったりして社内外問わず人とやり取りする機会があります。

そのため、インフラエンジニアにはチームをまとめる力や顧客の要望を聞き取る力など、高いコミュニケーション能力が求めらえます。

面接でも面接官の話を聞いて的確な答えをすることができるかどうか、他部署の人ともうまく調整していけそうな対応力があるかどうかを見られています。

インフラエンジニア求人を探すときのポイント

インフラエンジニアとして転職したい人は、求人選びをする際にどんなところを意識していけば良いのでしょうか?

給与相場は高めだがスキルレベルによって異なるので注意

インフラエンジニアは需要が大きく人気のシステムエンジニアと比べても給与相場は比較的高めの傾向にあります。

ただし、企業規模によって差がありますし、当然スキルレベルによっても給与は変わってきます。

大規模なネットワークにも対応できるスキルがある場合と、社内だけの監視・保守を主に携わってきたという場合では異なります。

自身のスキルと照らし合わせた上で適正な給与がもらえる職場を探しましょう。

将来のプランを明確にした上で求人探しをしよう

インフラエンジニアとして専門性を高めていきたいのか、将来的に管理職を目指すのかによって応募する企業が変わってきます。

管理職候補のインフラエンジニア募集に応募しても、本人はスペシャリストになりたいという想いがあるのなら、転職してから辞めてしまうことになります。

転職先でどうキャリアを積んでいきたいのかをしっかり自己分析してから応募するようにしましょう。

IT業界だけでなく幅広い分野を見つめて

今はどの業界もIT化が進んでいて、コンピューターを使わない仕事というものはほとんどありません。

インフラエンジニアとしての経験があれば、IT業界に限らずその知識や技術を活かすことができます。

例えば病院など医療系ではシステム障害によりカルテや医療機器などに影響することがあり、ネットワークシステムは重要な役割を担っています。

総合病院であれば専門部署として情報システム課などが置かれていますから、探してみても良いでしょう。

また、近年人気のアプリ開発に携わりたいならゲーム業界やITベンチャーなどにチャレンジするのも手です。

それぞれの業界で必要な専門知識は求められますが、転職先としての選択の幅が広がります。

IT系に強い転職エージェントを使うのがコツ

インフラエンジニアの求人は多くあり、転職エージェントで検索をしても様々な案件を見つけることができます。

ただ、専門的な知識が必要なインフラエンジニアですから、総合型の転職エージェントよりはIT系に強い転職エージェントを利用するのがおすすめです。

IT業界出身のキャリアコンサルトが在籍していたり、企業と太いパイプを持っている場合も多いです。

応募に関しての相談ごとや求人選びのコツについて、実践的なアドバイスをもらうことができるでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、インフラエンジニアの仕事内容や転職事情、求められる人材についてご紹介しました。

IT化が進んだ現代で重要な役割を担うインフラエンジニアへの転職をぜひ成功させてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。