「新規事業立ち上げ」という言葉にどんなイメージを持たれますか?

チャレンジ精神がある企業、とにかく何だか楽しそう!と、ポジティブなイメージを持たれる方も多いかもしれません。

特に今の職場でルーチンワークが多く退屈しているなど、仕事にやりがいと感じられず転職をしたという人にとっては魅力的な募集に思えることでしょう。

そして実際にも、新規事業立ち上げに関わったことで貴重な経験ができ、今後のキャリアアップにつなげていったという人もたくさんいます。

ゼロから事業に関わるということは、中途採用でありながら他の職員と同じスタートを切れるということでもあり、転職してまで先輩や同僚に頭を下げて教えてもらうのは嫌だ、自分の力を試したいという人にもメリットとなります。

しかし安易なイメージだけで求人に飛びつくのは少し待ってください。

新規事業立ち上げのタイミングで転職した結果後悔したという人も少なくなく、応募には慎重な姿勢が求められます。

そこで今回は、新規事業求人に募集することのリスクと、慎重な応募のために知っておきたいことをご紹介していきます。

事業失敗で部署解散?居心地が悪くなり辞めることも

新規事業を立ち上げるという背景は企業によって大きく異なります。

例えば現在柱としている事業があり業績も好調だけれど、将来的に複数の柱が必要なため、その候補として長い目で見て事業を拡大していきたいケースがあります。

この場合は企業の資金力にも比較的余裕があり、新しい視点で開発に関わってほしいなどの理由で異業界出身者を募集するケースも多く、転職組としては大きなチャンスです。

一方、新規事業にはこういった前向きな背景だけでなく、業績が悪化していて既存の事業では太刀打ちできないから新規事業で勝負するなど、背水の陣で立ち上げるケースもあります。

こうなると新規事業が上手くいかなければすぐに撤退、早期の部署解散で予期せぬ部署に異動になってしまうなども考えられます。

また、企業内では諦めモードで期待すらされていないというケースもあり、自分のやる気とは裏腹に周囲の協力を得られず、居心地が悪くて辞めてしまう人もいます。

背景を見極めるのは難しいですが、企業の財務状況や新規事業の社内での立ち位置など、事前に確認できるものはとことん調べておき、博打的な応募にならないようにしておきたいところです。

予算問題でやりたいことがやれない

新規事業の立ち上げは、ベンチャー企業などチャレンジ精神がある企業で積極的に行われることがあります。

ベンチャー企業は意思決定のスピードや裁量権がある、自由度が大きいなど多くのメリットがあります。

しかしやはり資金力という点で老舗企業に劣るのは事実で、たくさん企画を提出しても予算問題で通らないということもあります。

やりたいことはあるのに現実的にできないというのであれば、結局今の会社で決められたことをやるのと大差がないと思う人もいるでしょう。

企業の業績推移を創立から現在に至るまで調べておく、面接で聞いておくなどして現実的にやりたい仕事ができるかを確認しておきましょう。

何でも自由にやれるは実は不自由ということも

新しいという言葉は何にも染まっていない、自由度があるという風に感じるかもしれません。

しかし実際何でも自由にやれるということは大変なことで、仕事に取り掛かってみたら「え?こんなことも決まっていないの?」というようなケースもでてきます。

それを一から企画立案し上司に決裁をもらって…という作業をしていくわけなので、目的にたどり着くまでにかなりの労力がかかることがあります。

それこそがやりがい!と思える人であれば良いですが、今までの仕事である程度ルール付けされた方がやりやすいと感じた経験がある人は少し注意が必要です。

募集人員数から期待値をイメージする

新規事業立ち上げに伴う人材募集は、その人数である程度企業の期待値を図ることができます。

例えばたった1人だけの募集よりも30人募集している方が、期待値が大きく企業が力を入れて事業開発に取り組む姿勢がうかがえます。

1人というのは大げさかもしれませんが、数人レベルは意外とあって、それぞれの裁量範囲が大きくやりがいにつながりやすい代わりに激務になる、失敗すれば簡単に切られるというリスクもあります。

ただし、多くの人員を募集していればよいのかというと必ずしもそうでもありません。

せっかくやりがいを求めて転職したのに、単に使い走り要員で採用され、企画とか開発とかやりたかった仕事は経験豊富な他の職員が担当する、なんてこともあります。

求人内容を見ると「新規事業に関われてやりがいの高い仕事です」のように書かれていますが、確かに関わってはいるけど想像していた仕事と違う…という風に思ってしまう人が意外と多いのです。

募集人員数からどれぐらい期待された新規事業なのかをイメージし、実際に自分がどこまで関われるポジションでの募集なのかは事前に聞いておきましょう。

新規事業立ち上げを狙うなら事業計画のスタート時期

新規事業を立ち上げるタイミングは企業によって異なりますが、一つ目安になるのは3~4月や9~10月などの期が変わるタイミングです。

半期という区切りの時期から事業計画をスタートさせたり、それに伴って新しい人材を募集するということがあるからです。

現実的にはこれに間に合うように人材を募集するため、年明けや夏ぐらいからは求人に目を配るようにしておきたいところです。

また、興味のある業界や企業でどんな動きが活発になっているのか、その動向を知っておくのも有効です。

新しい分野への参入が積極的に行われている業界などであれば、じっくり業界研究をしておくことで、いざ新規事業開発や事業拡大などに伴う求人が出たときに反応することができます。

いずれにしても企業研究をしっかり行うことが基本で、それが実際の応募の際にも企業へのアピールにつながります。

新規事業求人は転職エージェントで探すとたくさんある

新規事業求人に応募することのリスクを理解した上で、それでも新規事業求人を狙いたいというのであれば、転職エージェントに登録することをおすすめします。

検索で「新規事業を含む」に指定すれば多くの求人が見れますし、非公開求人の中にはかなり条件の良いものもあります。

また、転職エージェントを経由して応募することで、企業内情や募集の背景など知りたい情報を手に入れることができます。

これは企業とパイプのある転職エージェントだからこそできることですから上手に利用してください。

最後に

いかがでしたか?今回は、新規事業求人に応募することのリスクと、慎重な応募のために知っておきたいことをご紹介しました。

魅力的な求人でも、綿密な企業研究を行って許容できるリスクかどうかを知っておくことが大切です。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。