接客が好き、食に関わる仕事がしたいなど、飲食店に転職を考えている人は、正社員として採用されるために覚えておきたいことがあります。

求人選びのヒントから応募書類、面接対応まで6つのアドバイスがありますのでぜひ参考にしてみてください。

1.一度も店に来たことがない人は論外?

正社員の転職活動で基本となる企業研究は、飲食業界の場合は応募前に店を訪れて客として利用してみるのが一つの効果的な方法です。

飲食店の経営者たちの多くは、応募前に一度店に来てみてから応募してほしいと考えています。

それはもちろん、1人分でも多くの売り上げを得るためということではなく、「店に来たか来ないか」そのこと自体が選考基準になるわけではありません。

大切なことは「店の雰囲気や提供している飲食サービスに理解があり、働き手として一緒にやっていきたいと思っているのか。」ということです。

好きでもないお店、自分が良いとも思わない店で働いていても、「やりがいを感じられない。」「仕事が楽しくない。」などの理由で辞めたくなってしまうのが人間というものです。

飲食に限らず、自分が良いと思っているものであれば他人にも堂々とすすめることができ、それが飲食店で働くことのモチベーションややりがいにつながっていくのです。

2.自分のやりたい仕事の方向性と企業が提供しているサービスが一致している

飲食業界と言っても様々で、とにかく安価で早い商品提供を売りにしているお店から、食材や提供の仕方にこだわったお店、接遇レベルが高く店での時間そのものを一つのサービスとして考えているお店などがあります。

では、自身が客へ提供したいサービスとはどんなものでしょうか?

実は、自分のやりたい仕事や飲食店に求めるものと、企業側が提供しているサービスの方向性が一致しているということが、転職活動の非常に大切なポイントです。

これが同じ方向を向いていないと、いわゆる「価値観の違い」が生まれてしまい、上司や仕事そのものに不満を感じることになってしまいます。

飲食業界の仕事は離職率が高いことで知られていますが、実際にはその道で長く働いているという人もいて、その人たちは店の提供するものに納得ができているからこそモチベーションを保ってやっていけているのです。

自分という人間が飲食業界の中でどのような価値を提供していきたいのか、自己分析を通じてじっくりと考えていきましょう。

3.「自分の店を持ちたい」という夢は語っても良いのか?

一般企業などでは独立志向の強い人は敬遠される傾向にあります。

なぜならせっかく採用しても数年後に独立で退社されては、採用活動にかけた手間暇や人件費を考えても無駄に終わってしまうと考えるからです。

では、飲食店への転職も同じように独立志向が敬遠されるのでしょうか?

答えはNOで、飲食店の経営者たちはむしろいつかの独立を積極的に応援したいと考えている人も少なくないのです。

もちろん中には、ずっとこの店でスタッフとして働いてほしいと思う人もいますし、チェーン店の店長候補であれば話は別です。

その場合はその系列で店長になるという目標設定が必要になるでしょう。

しかし、苦労して自分の夢を叶えてきた経営者の中には、夢を持っている人を応援し育ててあげたいという気持ちを持っている人が大勢いるのです。

飲食店で働くということ、それも正社員で働くとなれば休みも不定期、仕事は大変というお店がほとんどでしょう。

しかし、独立という夢や目標が支えとなって頑張れるという人が多いため、離職率が高い飲食店ではむしろ独立志向は邪魔にはならないのです。

ただし、伝え方に注意は必要で、「資金が貯まったらすぐにでも独立したい。」など全面的に押し出した言い方はあまり良い印象を与えません。

いずれは独立をしたいという夢があるけれど、応募先の飲食店でじっくりと下積みをして、この店に高い貢献をしたいという意欲を見せる必要があります。

夢は語っても良いけれど、あくまでも目の前の仕事に真摯に取り組む姿勢を示すことが大切ということです。

4.応募書類は空欄がないように丁寧に書こう

飲食店は接客業のため面接重視の傾向が強く、経験がなくてもまずは会ってみようと思ってもらえる率は比較的高めです。

しかしそれでも応募書類が適当で良いかというとそうではなく、人柄や誠実さが伝わる内容であること、証明写真から見える清潔感なども重要になります。

最近はパソコン作成も増えた応募書類ですが、せめて履歴書は手書きの方が飲食店の経営者には好まれやすいです。

字が下手でも丁寧に、空欄を作らず埋めることで応募先への熱意が伝わります。

証明写真は第一印象として大切ですから、長い髪はまとめる、前髪が目にかからないようにするなどして表情がよく見えるように撮影しましょう。

リラックスして笑顔を作ることも大切です。

さらに年齢的にハンデがあるという人は経験重視になりますから、職務経歴書でいかにわかりやすくスキル面をアピールするかがポイントになります。

5.「思っていたのと違った!」を避けるためにやっておきたいこと

飲食業界は、求人内容と実際に働いたときの労働条件にギャップを感じやすい業界です。

一般企業のように人事専門の面接官が面接を行うケースばかりではないため、面接での説明不足や法知識不足、あるいは応募者の勘違いなどもよくあるパターンです。

ギャップを避けるためには前述したように一度店を訪れてみるのが一つですが、給与や勤務時間については事前に把握するのが難しいというものです。

面接の質問タイムなどを利用して実情は確認しておくべきでしょう。

ただし、仕事内容そっちのけで給与や残業などの質問ばかりするのは面接官の心象が良くありません。

仕事について納得できるまで質問した上で「目標があると頑張れるので数年後の給与モデルケースなどを教えていただけませんか?」など控えめな聞き方をすると良いでしょう。

また、労働条件については言った言わないを避けるために、できる限り書面にて雇用契約内容を提示してもらうよう依頼しましょう。

6.ブラック企業を避けるためには転職エージェントを使うべし

世の中には数多くの飲食店があり、中にはいわゆるブラック企業と呼ばれる、長時間に及ぶサービス残業、働きに見合わない低賃金など、悪評高き企業もあります。

労働力だけを不当に搾取するという考え方のブラック企業にだけは、絶対につかまるべきではありません。

そこで、飲食店での正社員求人を探す場合は、転職エージェントを利用されることをおすすめします。

企業審査がしっかりと行われているエージェントであれば怪しい求人に出会う確率が低いですし、応募書類の添削や面接対策など転職活動を全面的にサポートしてくれます。

転職エージェントのサービスはすべて無料ですので、ぜひ利用を検討してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、飲食店に正社員として採用されるために必要な6つの転職アドバイスを行いました。

転職活では注意すべきポイントがいくつもありますので、慎重に転職活動を行っていきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。