専門学校や大学で学び、栄養士資格を取得しながらも資格を活かした仕事をしていないという人が多くいます。

また、栄養士として働いているけれど職場が合わない、やりたい仕事と違うという悩みを抱えている栄養士もいることでしょう。

今回は、栄養士資格を活かした仕事に転職するために知っておきたい、栄養士の働き方と求人選びをする上で意識したいポイントをご紹介します。

働き場が色々あるからまずはどこで働くのか決めよう

栄養士の活躍の場は多岐に渡っていて、職場によって求められる役割が違ってきます。、

まずは栄養士としての資格をどのように活かしていきたいのか考えていきましょう。

栄養士が働く場所と求められる役割をご紹介していきます。

医療に携わり社会貢献したいなら医療機関等

病院には多くの栄養士が所属しています。

患者さんの症状に応じて献立が異なりますから、栄養士だけで献立作成を行うのではなく、医師や薬剤師などの専門職とも連携を取りながら栄養指導にも取り組むことになります。

そのため高いコミュニケーションスキルが必要で、チーム医療の一員として栄養面で関わっていくことになります。

栄養知識だけでなく医療系の知識も必要ですし、病院食には制限が多いため、単に料理が好きという程度の人は抱いていた仕事へのイメージとのギャップを感じやすくなります。

メディアなどの華やかな世界で活躍する栄養士とはかけ離れた仕事です。

社会貢献性も高くやりがいが大きい仕事ですが、早番がある土日も勤務があるなど、勤務形態が不規則になりがちです。

様々な専門職とのやり取りの中で精神的にストレスを感じやすい職場でもあります。

子供の食育に関わりたいなら学校、保育園等

食生活を通して子供の教育に携わりたいという想いがあるなら、学校や保育園、幼稚園で働くのも一つです。

直接雇用は求人が少なく、給食委託会社などに所属して勤務先が学校や保育園等になるケースが多くなってきています。

苦手な野菜なども食べられるよう工夫したりアレルギーなどにも気を付けて、子供たちだけでなく保護者との食事相談を行うことがあります。

食事の大切さを知ってもらえるようイベントを企画したり、季節料理やおやつなどを考える機会も多くあります。

子供が好きな人であればチベーションを保ちやすく向いている職場と言えるでしょう。

学校給食の場合大変なのは、とにかく大量の食事を作るので体力面がハードということと、常に時間に追われてバタバタと忙しく動き回ることになる点です。

保育園や幼稚園では学校に比べると量は少なめですが、年齢が低い分アレルギーなど気にする点も多く神経を遣います。

また、保育園の場合は夜間保育などもあるので、仕事が夜にまで及ぶことがあります。

将来性が高い仕事なら高齢者向けサービスに関わる

高齢化が進む日本ですから、高齢者を対象にした食事提供に関わるということは将来性があって、今後益々サービス内容等も充実していくと考えられます。

施設での給食だけでなく、高齢者向けの宅配弁当サービスなども栄養面、調理面ともに関わることになります。

咀嚼力や飲み込む力が弱い高齢者向けに流動食や細かく刻んだ食事など、普通食とは区別した献立作成や調理に関わる機会が多くなります。

また、高齢者は食事が何よりの楽しみでもありますから、栄養や食べやすい工夫だけでなく、生活が豊かになるような食事作りを目指し彩や見た目にも気を遣います。

施設に所属すると高齢者と直接触れ合って話をすることもありますから、介護、福祉などに携わりたいという方には向いています。

スポーツ栄養士は人気だがハードル高め

企業やスポーツジム等に所属してアスリートを栄養面でサポートしたり、リハビリ施設等で栄養指導を行うのが、スポーツ栄養士です。

栄養知識だけでなく、運動生理学やアスリートの個性を把握するカウンセリングスキルなども求められる仕事です。

一般の人とは違って筋肉量などスポーツに必要な要素を鍛えるための栄養指導を行いますから、トレーナーなどと連携を取って仕事に取り組む必要があります。

専門学校などでもコースが設けられているほど人気の仕事ですが、正式にスポーツ栄養士となるには管理栄養士資格を取得した後に、より専門的な知識を得る必要があるためハードルが高い栄養士でもあります。

何を大切にしたい?求人選びのコツは優先順位をつけること

栄養士として働くには自分が仕事で大切にしたい基準を明確に設定する必要があります。

基準が曖昧だと「こんなはずじゃなかった。」と転職後に後悔することになるからです。

仕事のやりがいなのか、経験値を上げたいのか、それともプライベートを大切にしたいのか、何を基準に仕事を選ぶでしょうか?

すべてを叶えることはできませんから、自己分析から自分が大切にしたいポイントを導き出すことが大切です。

不規則な勤務形態を避けたいなら学校や企業がねらい目

栄養士の仕事は、1日の中でどの食事に関わるのかによって勤務時間帯が異なります。

例えば朝食、夕食もある病院や介護施設などでは、早番・遅番などが発生します。

特に早番は朝食時間帯に間に合わせるため、出勤時刻はかなり早くなり公共交通機関が使えない場合もあります。

早起きが辛い、車通勤やタクシー利用が難しいという人であれば早番ありの病院や施設に転職するのはハードルが上がります。

不規則な勤務形態を避けるのであれば、学校や企業所属であれば基本的に昼食がメインになり、残業が少ないのも魅力です。

収入面に期待できるのは病院

栄養士は専門職でありながら給与相場は決して高いというわけではありません。

せっかく勉強してきたのだから給与にはこだわりたいという人は病院がおすすめです。

特に総合病院は、手当が多く賞与や退職金もあります。

病院の給与形態は保守的な傾向にあり、勤続年数などに応じて毎年昇給していくところが多いですし、景気に左右されにくい業界なので安定的な収入を継続的に得ることができるのが魅力です。

一方保育園の栄養士はかなり低い給与水準になります。

この業界は保育士だけでなくどの職種も給与・待遇改善が求められています。

幅広い業務を担当したいなら規模が小さめの介護、老人施設

規模の大きい病院等で働くと栄養士が大勢いますから、それぞれ担当する業務が細分化される傾向にあります。

専門性が高まりますが、一人で同じ業務を日々こなすという単調さを感じやすくなります。

もっと幅広い仕事に携わりたいという人は、比較的規模が小さめの介護、老人施設等が向いています。

施設内に栄養士が一人というケースもあり、一人で献立作成から発注、配膳チェック、利用者の体調管理など多くの仕事をこなすことになります。

幅広い業務を経験できるという利点がありますが、仕事が激務になりやすく休みも取りにくいという大変さがあります。

栄養士資格を活かした仕事を探すなら転職エージェントを使おう

栄養士資格が応募条件になっている求人は多くあり、特に転職エージェントではかなりの求人を見つけることができます。

企業審査がしっかりと行われている転職エージェントであれば、信頼できる優良求人も多く適切な転職先を見つけることが可能になります。

応募書類の添削や面接時のアドバイスなども受けられますから上手に利用しましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、栄養士資格保持者向けに栄養士の働き方と求人選びをする上で意識したいポイントをご紹介しました。

栄養士は働く場所によって業務内容や勤務形態が大きく変わる仕事です。

自分が仕事に求めているものを明確にした上で、適性のある企業を選ぶようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。