転職活動中に企業の人事担当者に問い合わせをしたり、面接の日程調整などをメールで行うという機会があるかもしれません。

メールは便利で手軽なツールですが、使い方に気を付けないとマナー違反や人事担当者の負担になることがあります。

そこで今回は、人事担当者とメールのやり取りをする際の注意事項をご紹介していきます。

電話よりもメールの方が良いときがあるって本当?

問い合わせをするのにメールでは失礼にあたるのでは?と感じるかもしれませんが、ビジネスではメールが当たり前に使われています。

また、連絡先としてメールアドレスが公開されている以上、メールが失礼にあたることはありません。

むしろ、忙しい人事担当者やそれに取り次ぐ職員の負担を考えると、何でも電話連絡してこられると仕事が中断されてしまいますから好ましくありません。

メールでの問い合わせが可能な企業であれば、相手の立場に立ってみるとメールは使うべきツールなのです。

質問内容にも注意が必要

メールでの質問が可能だとしても、給与や残業時間などメールで聞くべき内容ではないものもあります。

メールで問い合わせしても問題ないのは、面接の日程や応募条件の確認などの応募にあたって必要な事項になります。

例えばある人事担当者に問い合わせがあって嫌がられていたのは、入社してからの手当についての質問です。

その企業では同居家族の収入など要件を満たせば扶養手当の支給があったのですが、要件について詳細を尋ねてきた上に「扶養手当がもらえるなら応募したい」という文言まであったそうです。

「扶養手当がもらえないなら応募しないのか?」と、仕事内容よりも給与ありきで応募してくる姿勢が見てとれてかなり悪印象を受けたそうです。

給与は確かに大切ですが、仕事への姿勢が疑われるような印象を与えることだけは避けるようにしましょう。

悪印象なのは調べればすぐに分かることについての質問

電話に比べて時間があいたときに返信できるということがメールの良さですが、それでも返信には人事担当者の手間がかかるわけですから、問い合わせは本当に聞きたいことに絞るべきです。

ときどきあるのが、企業HPに載ってある内容や説明会でした内容を堂々と質問してくる人です。

企業研究に手を抜いている印象が拭えませんので、調べても本当に分からないことなのかしっかり確認してからメールを送りましょう。

また、ここぞとばかりにあれもこれもと質問してくるのもあまり良い印象を与えません。

あくまでも問い合わせは求人内容や説明会などで分からなかったことを補う程度にとどめておき、仕事内容の詳細などは面接の質問タイムでするようにしたいところです。

件名検索できるようにわかりやすいタイトルを

メールのタイトルは人事担当者の業務負担を減らすためにも大切なポイントです。

人事担当者だけでなく、ビジネスでは社内外問わず大量のメールのやり取りが発生します。

その中で案件ごとに整理したり、優先順位をつけて返信をしていくことになるのですが、件名がわかりにくいと手間になることがあるのです。

例えば「お世話になっております。」という件名は、とりあえず無題を避けただけで何の案件メールなのか判断できません。

件名検索をする際にもヒットせず見つけにくいものになりますし、迷惑メールだと思われてしまうこともあります。

また、人事担当者とメールのやり取りをする応募者は一人ではありませんから、誰からのメールか分からないのも不親切です。

件名は「応募書類について(応募者の名前)」「面接時間について(応募者の名前)」などが適切です。

件名を見れば誰からの、何のメールなのかがすぐに分かります。

件名の「Re:」と本文は消さないこと

返信機能である「Re:」は友人同士のメールやり取りなどでは気持ちがこもっていない印象を与えることがありますが、ビジネスメールではつけている方が良いです。

なぜなら同じ案件についてやり取りを行う場合に、「あの案件についての返信だな。」と、人事担当者がすぐに判断することができるからです。

ただし、複数回メールのやり取りがある場合は「Re:」が多すぎると見にくくなりますので、一つだけ残して他は削除しましょう。

また、返信機能を使ったときの本文をわざわざ消してしまう人は多いですが、人事担当者は一人だけとやり取りするわけではありませんから、すべてのメール案件を覚えているわけではありません。

本文も残しておくのが人事担当者の立場に立って考えるということです。

丁寧すぎる挨拶文はメールを読む側の手間になるだけ

メールのやり取りを慎重にマナーを守って…とするあまりに、丁寧すぎて本題に入るまでが長いメールを送っていませんか?

例えば時候の挨拶や説明会の感想を長々と伝えるなど。

読み進めていくとやっと本題に入るというメールは、読み手の負担大です。

心をこめてメールを送ろうという気持ちは良いのですが、ビジネスメールは簡潔に要点を絞るということが基本です。

何を聞きたいのか、とにかくわかりやすくを意識してメールを作成するようにしましょう。

送っておいて返信なし?マナー違反には気を付けて

家族や友人同士のメールやり取りであれば、多少のマナー違反があっても許容してもらえるかもしれません。

しかし、相手は企業の人事担当者ですから、マナー違反はご法度です。

問い合わせをしておいて、企業側からの返信メールをほったらかしにしていませんか?

疑問点が解決したのならその旨を返信すべきですし、面接日程などで返信に時間がほしい場合は、メールを受け取った旨だけは先に伝えておくべきです。

基本は24時間以内の返信がマナーですが、できるだけ早く返信するのに越したことはありません。

ただし、人事担当者が「返信は不要です。」と書いてくれていた場合は素直に従います。

そこを敢えて返信すると、「返信不要ってわざわざ書いたのに、見てなかったってこと?」と思われてしまいます。

転職活動で分からないことがあったら転職エージェントを頼ろう

メールマナーだけでなく、転職活動中にはよく分からないことが起こることもあります。

企業によって採用活動の方法が違っていたり、求人内容や説明会だけでは判断できないということもあるからです。

そんなときに頼りになるのが転職支援のプロである転職エージェントの存在です。

基本的な転職活動マナーから、実際に応募するときの注意点まで疑問点があれば解決に導いてくれます。

その他にも書類添削や面接対策、求人紹介まで幅広いサポートを受けることができますので上手に利用しましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、転職活動中に人事担当者とメールのやり取りをする際に気を付けたいことをご紹介しました。

メール一つで不採用になるということはほとんどありませんが、マナーを守れない、知らない人と思われるのはマイナスポイントです。

メール送信前に今一度確認するようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。