面接官でもある人事担当者たちには「こういう人は採用したくない」というタイプというものがあります。

それは単なる好みの問題ではなく、「こういう人はこういう風に失敗する」という経験に基づいているものです。

これまで多くの離職者を見てきた経験から「辞めやすい人」「仕事がうまくいかなくなる人」のデータが頭の中に入っているため敬遠すべきタイプがわかるのです。

では、人事担当者が敬遠したいと感じるはどんな人なのでしょうか?

今回はその特徴となぜ敬遠されるのかの理由をご紹介していきます。

面接突破のためにぜひ参考にしてみてください。

「一人で何でもできます」タイプ

個人個人の能力の高さが評価されることが多い海外と違って、日本ではチームワーク重視の傾向が強いです。

業種にもよりますが、高学歴ハイスペックであっても一匹オオカミのようなタイプや、チームになじまない協調性がなさそうなタイプは敬遠されるのが一般的です。

特徴としては「黙々と仕事に集中するのが得意」と言う人、チームで何かを成し遂げた経験よりも自分のスキルが役立った経験などを主に経歴書に書く人などです。

こういうタイプの人は「雇われより起業すれば?」と思われてしまうこともあり、人事担当者が雇いたいと思うには至らないのです。

前職の不満や悪口を口にする人

そんなこと言う人いるの?と思うかもしれませんが、自分では気づいていないうちにそれとなく言ってしまうという人は意外といます。

例えば退職理由を聞かれたときに「もっと社員の意識が高いところで働きたいと思ったから」など言ってしまう人がいます。

それはつまり「前の会社の社員は意識が低くて…」と言っているということなので、人事担当者もこれは敏感に察知します。

こういう人は仕事がうまくいかない、大変なことがあったときに自分ではなく人のせいだと思い込んでしまうふしがあり、根本的な解決策が見えてこないのです。

さらには、自分ではそんなつもりがなくても他人を傷つけるようなことを言ってしまったりして、周囲から孤立することもあります。

どんなに辛いことがあっても「今の自分で何ができるのか?」「何を改善すべきか?」と考えられる人を人事担当者は求めています。

頑固で自分の意見を押し通す人

芯があるのは良いのですが、言い方を変えると頑固で人の話を聞き入れる柔軟性がないとも言えます。

こういうタイプの特徴としては退職理由として「会社の方針や上司と意見が合わなかった」と述べる、面接で否定的なことを言われるとすぐに「いいえ」から入る人などです。

やはり素直な人の方が新しいことをどんどん吸収してくれますし、周囲ともうまくやっていけて協調性を保つことができます。

「とりあえずやってみよう。」とまず行動していくから仕事がスムーズに進むし、人に頼ることもできるのでチームとして良い循環が生まれます。

頑固な人は自分が納得できるまで行動に移さないから仕事がなかなか前に進まない、一方で嫌なことが一つあると突然辞めてしまうなど、予期せぬ行動力を発揮してしまうこともあるため敬遠されるのです。

失敗体験がない人

面接では「仕事で失敗してしまったことはありますか?」「前職で苦労したことはありますか?」などの質問を受けることがあります。

失敗経験を伝えることで自分の能力のなさを露呈してしまうと思うのか、「特にありません。」などと答える人は敬遠されます。

面接官は失敗や苦労を聞くことでその人に足りない部分を責めたいのではなく、失敗や苦労から何を学びどのように改善してきたのかを知りたいのです。

どんなに優秀な人でも失敗や苦労がないという人はいません。

それは単に周囲がカバーしてくれていたり、自分では気づいていないというだけに過ぎないのです。

失敗や苦労がない人は自分を客観視することができない、人に感謝する気持ちがないという印象を受けるため人事担当者は敬遠するのです。

志望動機が曖昧な人

志望動機が曖昧であったり、誰もが知っているような企業の特徴を挙げて適当に志望動機の質問を乗り切ろうとする人はやる気が疑われて敬遠されがちです。

こういう人は「給与がいいから」「安定的な企業だから」といった、条件面や会社に依存したいという動機が見え隠れしています。

志望動機は多くの企業が気にするポイントですし、これによって企業への熱意を確認することができ転職してから活躍する姿がイメージできるというものです。

会社を学校だと勘違いしている人

志望動機として「教育体制の充実」「成長させてもらえそうだったから」などと言ったり、「入社してから勉強させていただきたいと思います。」などと言う転職組は敬遠されます。

会社は学校のように学びの場を提供してくれるところではありませんし、現時点で即戦力となる人材を転職組には求めています。

向上心があることのアピールになると思っているのかもしれませんが、逆効果なのでやめましょう。

向上心のアピールは、仕事に対してどんなことを考えながら取り組んでいるのか、今現在自発的に行っている学習や視野を広げるために行っていることなど。

それらをすべて発揮して会社利益に貢献してくれる人が求められているのです。

残業ができない、休日出勤も難しいと言う人

残業や休日出勤の多さは仕事を辞めたい一因になるものですから、これだけはやりたくないという人の気持ちは分かります。

しかし面接で正直に言われてしまうと、自分の都合だけを考えている人だという印象を受けますし、仕事内容よりも労働条件だけで転職先を決めているような感じもします。

特に家族の状況などで難しいという人もいるでしょうが、「できません。」で終わらず、何時までなら可能か、繁忙期ならできるのかなど、可能な範囲を述べた上で家族の状況を伝えるようにしたいものです。

できるかできないのかははっきり理解してもらう必要はありますが、自分が可能な範囲を広げるという姿勢は見せる、そういう人であれば人事担当者も納得できるというものです。

自分では気づかないことが多いから面接対策は必須

今回ご紹介したような人事担当者から敬遠されるタイプは、自分では気づきにくい場合が多くあります。

だからこそ第三者を通じて面接対策をしておく必要があるのです。

面接対策を行ってもらう第三者は転職支援のプロである転職エージェントがおすすめです。

人事担当者の視点をよく理解しているプロだからこそ的確なアドバイスをしてくれることができるのです。

最後に

いかがでしたか?今回は、人事担当者が面接で敬遠する人の特徴と理由をご紹介しました。

「自分はこんなことは絶対にない」と思わず、まずは素直な気持ちで「もしかしたら自分はこういうタイプかも?」と見つめてみてください。

そうすることでこれまで面接がうまくいかなかった原因や対策が見えてくるというものです。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。