面接の中盤から終盤にかけて、業界の見通しや展望などについて意見を求められるという場面があります。

突然の問いかけに固まってしまうかもしれませんが、これは企業研究をきちんと行っておき、自分なりの考えをもった転職活動を行っていれば回答できるものです。

こういった質問があることを想定し、企業研究をしていく中で「自分はどう思うのか」を意識していくようにしましょう。

今回は、業界の見通しや展望についての質問をされた場合について、面接官の意図や答え方のポイントをご紹介していきます。

業界の見通しや展望を尋ねる意図とは?

面接官が業界の見通しや展望を応募者に尋ねるということには、どんな意図があるのでしょうか?

企業研究がきちんとされているか

まずは大前提として応募先の企業や業界研究がきちんとされているかを確認したいという意図があります。

どんな業界や企業にも良い点悪い点があり、それらを理解した上で働いてもらわないと転職後にギャップを感じることになってしまうからです。

その場で考えたようなことしか言えなかったり、明らかにリサーチ不足と感じることがあればその時点でマイナスポイントがついてしまいます。

自分なりの考え方を持っているか

企業研究をした上で、それに対して自分なりの考え方を持っているのかが重要です。

誰かがこう言っているからこうではなく、自分の視点から意見が言えてそれを実行するためのビジョンがあるかどうかを確かめようとしています。

面接官は専門家に業界の見通しを聞いているのではないのですから、それが正しいかどうかは大きな問題ではありません。

応募者がどんな答え方をするかによって、仕事に対してのスタンスや考え方に触れたいと思っているのです。

応募者の熱意を確かめたい

企業研究とそれに基づく自分なりの考え方があるのかを踏まえて、応募者が企業に対してどれぐらいの熱意を持っているのかを最終的に判断します。

企業研究がされていないのは熱意がないと判断されますし、自分の意見をないというのも受け身で頼りない印象を受けます。

応募先の熱意をアピールするためにも、きちんと企業研究を行い考えをまとめておくようにしましょう。

業界見通しや展望について答えるときのポイント

業界見通しや展望について聞かれたときには、どんなことに気を付けて答えていけば良いのでしょうか?

要点をまとめて簡潔に答えること

企業研究で得た情報は色々あるでしょうが、それらを長々と話してはいけません。

ポイントを絞って簡潔に述べる技術があるのかという、コミュニケーションスキルにつながることもここで見られます。

自分が調べた事実に対しての考えであること

勝手な想像や推測ではなく、自分が調べた事実に対してどんな考えがあるのかを述べる必要があります。

企業研究に基づく客観的事実としては、ネガティブな面とポジティブな面を両方伝えた上で、今後の業界発展のために必要なことを述べるという構成であればまとめやすいです。

<回答例>

ウエディング業界は、高い未婚率や新郎新婦の節約志向もあり厳しい状況におかれています。

しかしその中でも子供の頃からの夢やを叶えたい、お世話になった人への恩返しをしたいという気持ちを持つ利用者は大勢いて、予算やオリジナル性をクリアしていればぜひ挙げたいというニーズはまだまだあります。

無駄を省き低価格に抑えること、利用者のニーズに柔軟に対応していくことで、結婚式の魅力を再認識してもらうことが今後ウエディング業界が発展していくための鍵になると思います。

こういう答え方はNG

業界の見通しや展望に関する質問では、面接官から好まれない答え方というものがあります。

模範回答の丸暗記

どこかの専門誌に書いてあるようなお手本的な答え方は好まれません。

業界の見通しには正解はなく、あくまでも自分の考えはどうなのかを面接官は知りたいのです。

専門的な言い方や難しい専門用語を使う必要はありませんから、自分が調べたことに対してどう思ったのかということを分かりやすく伝えるようにしましょう。

開き直りの回答

「未経験分野なので分かりません。」といった開き直りの回答も残念な印象です。

未経験分野だからこそ企業研究をきちんと行い、自分なりの回答を用意しておかなければ「本当の我が社で働きたいのだろうか?」とやる気を疑われてしまうことになるでしょう。

根拠のない回答

分からないと伝えるのはまずいと思い、何の根拠もなく「業界の見通しに期待できる」など言ってしまうのもよくありません。

この場合は、なぜ期待できるのか根拠となることを自分が行ってきた企業研究の中から提示する必要があります。

根拠のない言い切り型は、面接官から深く突っ込まれてしまうことになるでしょう。

業界の見通しや展望を答えるには企業研究は必須

「業界の見通しについてどう思いますか?」と聞かれると構えてしまう人がいますが、経済評論家のような回答をする必要はないですし、そんなことを面接官も求めているわけではありません。

しかし、この質問に答えるには企業研究が大前提となりますから、面接対策としては企業研究をしっかり行っておくということが大切になります。

応募先企業HPの内容だけでなく、他の企業との比較も行っていくことで業界全体の動向や見通しが見えてきます。

また、専門家の見通しを専門誌などで見てみるのも良いのですが、それを自分なりの解釈に落とし込んでいくことが重要です。

そのまま専門家の意見を鵜呑みにするのではなく、こういう視点もあるが自分はこうも思うなど考えていくと、オリジナル性のある意見が言えるようになるでしょう。

企業研究の方法や面接対策に不安があるなら

企業研究を具体的にどう進めていけばよいのかわからない、面接でどんなことを聞かれるのか不安など、転職活動には悩みや不安がつきものです。

そんなときに一人で悩みを抱えていても転職活動はうまくいきませんから、転職支援のプロである転職エージェントを利用しましょう。

プロの視点で役立つアドバイスをくれますし、転職活動を有利に進めていくための様々なノウハウを提供してくれます。

転職エージェントのサービスは無料で利用できますから上手に活用してください。

最後に

いかがでしたか?今回は、業界の見通しや展望について質問されたときの意図や答え方のポイントをご紹介しました。

難しい質問のように感じますが、企業研究をきちんと行い、自分なりの答えを用意しておけば面接官の心に響く回答をすることは可能です。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。