病気やケガによる療養のため前職を退職し、長期療養によるブランク期間ができてしまったという人は、転職面接で少なからず不利に働くことがあります。

しかしこれは療養自体が悪いのではなく、企業側にとっての不安要素があるということですから、その不安を払拭できさえすれば問題はないのです。

では、病気やケガによる療養でブランク期間がある人は、面接でどんなことに気を付けていけば良いのでしょうか?

療養期間がある人が聞かれる質問や答え方のポイントなども含めてご紹介していきます。

「療養期間中にどんなことをしていましたか?」という質問に対して

病気やケガによる療養があった場合は、自分自身のためにも正直にそのことを述べる必要があります。

退職理由やブランクがあった理由は必ず聞かれる質問なので、他の質問に対する答えとの整合性を保つためにも正直に答えておくことが無難です。

ただ、ブランク期間が長い場合は、療養期間中に何をしていたのかが面接官としても気になるポイントです。

その期間を何もせず過ごしていたのか、自主的に何かをやって目標を持って過ごしていたのかでは、面接官の印象が大きく異なるというものです。

この質問をされた場合は、「資格取得のための勉強をしていた。」「業界に関する知識を得るために本をたくさん読んだ。」等、復帰後の仕事につながる何かをしていたことを伝えるようにしましょう。

全く何もしてこなかったという人でも、これらは今からでも始められることです。

療養中から現在続けていることとして、仕事につながる努力をしていることをアピールしましょう。

志望動機を述べる際は熱心な企業研究を根拠とすること

療養期間の有無にかかわらず、転職面接では志望動機は必ず聞かれます。

志望動機を述べる際には、企業HPに載っていることをそのまま伝えるのではなく、自分なりの解釈や企業研究を元にした熱い志望動機でなければ面接官の心に響くことはありません。

さらに言うと、療養によるブランクがある人ほど企業研究の深さが大切になります。

なぜなら療養の理由によってはパソコンを使う、本を読むなどは簡単にできることがあり、その場合に企業研究がしっかりできていないと「時間はあったはずなのに一体何をしていたのでろう?」と思われてしまうからです。

つまり、仕事をしながら転職活動をしている人に比べて時間的な余裕があると思われるのがブランク期間がある人の特徴の一つだということです。

そのため事前準備がしっかりできていないことは不利に転ぶことがありますから、より熱心な企業研究が求められるということになります。

回復しているという現状についてはきちんと伝えておく

企業側は療養によるブランクがあったという事実よりも、現状として働ける状態にあるのかという点を気にします。

今は回復していて業務に支障がないということ、転職後に職場を抜ける可能性がないという点をきちんと伝えておきましょう。

療養期間が長かったという場合は、できる限り企業側の不安材料をなくすためにも細かく伝えておくことが好ましいです。

回復はしていても療養後の観察のため、現在も定期的な検診が必要な場合は、休日や時間外に行くことができる旨伝えておきましょう。

休日や時間外の検診が難しく、定期検診のため半日休みなどが必要な場合は、検診の頻度や時間などあらかじめ正直に伝えておく方が良いでしょう。

有休は基本的には転職してから半年間はありませんので、月に1度の検診など比較的頻度が多い場合には毎月欠勤が発生するからです。

欠勤理由を黙っておくことはできませんし、転職直後の大切な時期に「面接のときには検診が必要だと言っていなかった。」と思われてしまうと、転職先との信頼関係を築くことができません。

また、欠勤扱いになるかどうかは別にしても、就業時間中に仕事を抜ける可能性があるのであれば、「早めに出社して仕事を前倒しでやっておくつもりです。」などのように、他でカバーする意志があるということも伝えておきましょう。

単に「欠勤させていただく可能性があります。」ではあまりにも一方的で自分の都合を押し付けているだけのような印象を与えてしまいます。

仕事に対するモチベーションが維持できるということをアピール

仕事をしていない期間が長くなってきてその状況でも生活できてしまうと、仕事に対してのモチベーションを維持することが難しくなるのが人間というものです。

ブランク期間がなく高い意欲を持って取り組んでくれそうな人と、意欲的な面がどうなのか不安がある人とでは、前者の方を選びたいと感じるのは当然のことです。

面接官が感じやすいモチベーションに対しての不安は、こちらからしっかりと払拭しておきたいところです。

「療養期間中は仕事ができることの有難味を知り、自分は仕事が好きなのだと実感した。」などと、仕事をしたい気持ちが強くあることを伝えるようにしましょう。

さらに「療養期間中もスキルや知識を保つために勉強を継続していた」など、ブランク期間中も自身の能力が低下しないよう努力していたことも加えて伝えると、面接官の不安が払しょくできます。

精神的な理由で療養していた場合は?

前職を精神的なストレスなどが原因で退職した場合、療養期間が長引いてしまったということがあります。

この場合、面接で退職理由について聞かれて正直に精神的な理由と伝えてしまうと、不利になる可能性が高いです。

精神的な理由で療養していたということについては伏せた上で、「〇〇の勉強をするために退職して次の仕事へのステップにした。」「やりたい仕事があって探していた」など、自主的にブランク期間を作ったという風に伝えるようにしましょう。

嘘はつけない、ありがちすぎて良い退職理由ではないと思われるかもしれませんが、精神的理由と述べるよりはずっとマシというのが正直なところです。

この場合は、退職理由が苦しくても何とか乗り切って、スキルや能力をアピールすることで「貢献度が高い」という点でカバーしていくようにしましょう。

面接に不安が大きいという人は

ただでさえ久しぶりの仕事復帰に加え、療養期間中のことを突っ込まれたらどうしようと、面接に対しての不安が大きいという人も多いでしょう。

その場合は、一人でやみくもに転職活動をするのではなく、転職支援のプロである転職エージェントを頼るようにしましょう。

転職エージェントを利用すると、求人紹介だけでなく応募書類の添削や面接対策など幅広いサービスを無料で受けることができます。

特に療養期間が長かったという人はいかにして企業側を安心させるのかがポイントですから、利用されることをおすすめします。

最後に

いかがでしたか?今回は、病気やケガによる療養でブランク期間がある人の面接で気を付けたいポイントをご紹介しました。

ブランク期間はマイナス面ばかりを気にするという人も多いですが、その間に何をやって何を考えてきたのかを上手に伝えることでプラスのアピールをすることも可能になります。

面接官が納得できる答え方ができるよう、対策を講じておきましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。