近年は様々なタイプの葬儀が増えていて競争も激しくなっている葬儀業界ですが、葬儀自体の需要がなくなるということは考えにくいことです。

そのため転職先の候補として葬儀業界に興味を持たれる人もいることでしょう。

葬儀業界は人手が不足していることもあり比較的転職しやすい業界だと言われますが、「内定をもらう=転職が成功」というわけではないのですから、転職後に働き続けることができるのかどうかを見極めなければなりません。

そのためには自身の資質を知り、葬儀業界への適性があるのかという点を見極めることが重要です。

適性がなければ、例え内定をもらうことができても働き続けることができない、不満を常に抱えてしまうことになる、といった不幸も待っています。

そこで今回は、葬儀業界に転職を考えるなら知っておきたい求められる資質や適性についてお話していきます。

性別はどちらが主流?

葬儀業界の仕事はどの職種でも男女問わずいます。

あまり男性だけ、女性だけという風に偏りがないのが特徴です。

サービス業の中では比較的男女比に偏りがでやすいものもあるので、その中では性別を問わず応募しやすい業界と言えます。

ただ、実際に携わる仕事に関して言うと、葬祭会場の設置等で重たい機材や供物を運ぶ場面もあり、力仕事は男性が任されることも多くなります。

もちろん女性だから必ず免除されるわけではなく、男女関係なく業務を任される会社もあるので職場次第にはなります。

社員同士が協力し合っている職場であれば、男性が積極的に力仕事を申し出て女性は男性が苦手なことを担うといった風な状況が自然と作られてきます。

面接の質問タイムなどを利用して社員同士がどんな工夫をして協力体制を築いているのかを聞いてみても良いでしょう。

体力と精神力は必須の仕事

葬儀業界の仕事は激務であると言われますが、その理由は葬儀というものの特殊性にあります。

人が亡くなるというのはいつなんどき起きるか分かりませんし、立て続けに葬儀が重なって準備や対応に追われるということもよくあります。

24時間体制で待機する必要もあるので夜勤もあります。

休みも取りにくく、休日であっても急に出勤要請が入ることもあります。

また、葬儀会場の準備では重たいものを運ぶといった肉体仕事から立ちっぱなしで受付や対応を行うなど、とにかく1日中体力を消耗する仕事です。

さらに遺族対応などで精神的にも気を遣う必要があるため、心身共に疲れ果てるということが多いのです。

体力が元々なければできませんし、精神力がなければ疲れた体を動かしてサービスの質を維持することもできません。

現時点で体力に自信がないという人は、今からでも体力作りのために何かできることをやりましょう。

その努力をする精神力がない場合は、恐らく葬儀業界に転職しても色々と不満を感じやすくなってしまうでしょう。

聞く力と説明する力のどちらも必要

葬儀に関して遺族と打ち合わせを行うのも葬儀業界での仕事の一つですが、遺族の状況にも色々なケースがあって中にはほとんど話もできないような精神状態の人もいます。

そういった場合でも、どのタイプの葬儀にするのか、お供え物はどうするのか、食事は何人分用意するのかなど詳細を決めていく必要があります。

相手が話してくれるのを待つというよりは、こちらから適切な提案をしていき余計な神経を遣わせないような聞き方になります。

また、知り合いの葬儀に参列したことはあっても自分の家族の葬儀を取り仕切るのは初めてであるという人も多く、経験があったとしも葬儀知識に長けているわけではない素人です。

何が必要で、こういうケースはどうすべきかなど、何も知らない相手に対してもわかりやすく説明する力も必要になります。

おもてなしの心が大切

おもてなしの心というと観光ホテルや旅館など宿泊業を思い浮かべるかもしれません。

そういった「旅を満喫しにきた客」相手であれば楽しそうで笑顔もあって、おもてなしの心も自然と沸いてくるものなのかもしれません。

葬儀業界でもこのおもてなしの心が大切で、繊細な心配りをする必要があります。

葬儀屋として何をするべきか、心のこもった接遇ができるかどうかは、残念ながら元々この心がない人にとっては難しいものです。

ご自身がそういった気持ちを持ち合わせているかどうかを、これまでの人生経験の中から分析してみてください。

「割り切り」はなぜ必要なのか

よくこの業界の仕事は「割り切りが大切」と言われます。

人が悲しむ姿を見て自分のことのように感じて同じように泣いてしまう人は「割り切れていない人」と言われます。

しかし割り切って働いているから冷たい、感情がないということでは決してありません。

なぜ割り切るのかというと、それによって本当に辛い想いをしている親族の方に代わって葬儀を取り仕切り、故人を送りだすことができるからです。

つまり、割り切るにも「気持ち」が必要だということなので、結局は気持ちがある人が続けていける仕事になります。

この仕事に必要な「割り切り」をするためには、何の感情も持たずにいることではなく、自分に湧き出てくる様々な感情を受け止める度量の広さと、遺族のためを思える気持ちが必要です。

葬祭ディレクター試験は受けるべき?

葬儀業界には葬祭ディレクターと呼ばれる認定資格があります。

葬祭業界に働く人が必要な知識や技能のレベルを審査するまさに仕事に関連した資格です。

1級と2級があり、どちらも葬祭実務経験年数か認定校でのカリキュラムを修了していることが受験要件になっていますから、未経験で認定校にも通っていない場合は受験することはできません。

ただし、合格率は1級・2級ともに高めの試験なので、転職して働きながら取得することが十分可能です。

目標を持って仕事に取り組むためにも転職後にチャレンジしてみても良いでしょう。

同業他社からの転職の場合は、葬祭ディレクター資格を持っているという人もいるでしょう。

これが選考に有利に働くかどうかは企業によりますから一概には言えませんが、少なくとも一定以上の知識やスキルがあることの証明にはなります。

ただし、資格よりも前職でどんなことをやっていたのか、それが応募先でどう役立てることができるのかという点の方がずっと重要です。

葬儀業界への転職は転職エージェントで探すべき

葬儀業界は仕事の特殊性もあってハードになりやすいですが、その中でも労働環境改善に取り組んでいる優良企業もあります。

転職するのであれば、そのような優良企業を探すことが転職成功の近道になるでしょう。

転職エージェントであれば、求人件数が多く求人内容を比較検討しながら企業選びができるため、たまたま出ていた求人に応募してブラック企業だったなどの失敗を防ぐことができます。

転職活動全体を通じてサポートしてくれますので利用されるとよいでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、葬儀業界で求められる資質や適性についてお話しました。

大変な仕事ですが社会への貢献度が非常に高くやりがいを感じる仕事でもあります。

自身の資質と業界への適性を見極めた上で転職成功を目指してください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。