転職活動を始めている以上、内定の連絡がいつどこから入るかは分かりません。

その日は突然やってきますから、内定通知が入った場合の適切な対応についても知っておきましょう。

内定通知の受け取りかた次第では内定がなかったことになるなんて、最悪のケースに発展することもあります。

今回は、内定通知の方法や受け取り時に気を付けたいことをご紹介していきます。

内定通知はどんな方法で行われる?

企業からの内定通知は電話やメール、郵送など様々です。

合格ならば電話連絡が入るのが一般的には多いでしょうが、メール連絡というケースもあります。

郵送もないわけではありませんが、近年はかなり減ってきています。

いずれにせよ、応募書類に住所、電話番号、メールアドレスを記載した以上「この方法はあり得ない」というものはありません。

たまにいるのが「合格通知は必ず電話でくるものだと思っていた」など思い込んでメールや郵便物をきちんとチェックせず内定通知に気づかない人です。

事前に内定通知が電話である旨知らされてあったのであれば別ですが、そうでない場合は勝手に思い込むのはやめましょう。

企業によって連絡方法は様々ですし、どの連絡方法であってもきちんと確認できる状況にしておくのが基本です。

内定通知はいつくるのか?

中途採用者の場合、内定通知は最終面接が終わってから1週間前後で選考結果がでる企業が多い傾向にあります。

ただ募集人数や応募状況によっても様々ですから、絶対に何日以内に通知がくるということはありません。

最終面接後に大体の通知時期を教えてくれる企業も多いので、きちんと聞いておくようにしましょう。

特に何も言われなかった場合は、そのタイミングで目安をこちらから聞いておくのが良いでしょう。

後になって、通知がいつになるのかと、せかすような聞き方をしてくる応募者を嫌う人事担当者もいるので、できれば面接のタイミングで聞いておきたいところです。

不在着信に折り返さないと内定辞退とみなされる?

企業から着信があった場合はできるだけ早めに折り返すようにしましょう。

「知らない番号からの電話には出ないと決めてあった」と言って不在着信に折り返しせず放置しておくのはやめましょう。

実際にあるケースですが、不在着信に折り返しするのをしばらくしないことで、企業側は「内定辞退」と受け取ることがあります。

よほどの期間放置しなければそうはならないでしょうが、第一希望の企業でない場合に内定辞退の連絡をせず、企業からの連絡に無視を決め込む応募者がいる以上、企業としても辞退と受け取らざるを得ません。

内定辞退の場合は企業としても次の内定者を選出しなければならないため、連絡がなかなかつかないと非常に困ります。

早めの対応を心がけるようにしましょう。

内定を受諾する場合は喜んで

希望の企業から内定の連絡があった場合は喜んで受け入れましょう。

何かに影響するということはないのですが、企業側としても合格の連絡を応募者にするのは嬉しいことなので、あまり良い反応がないと少し残念な気持ちになります。

人事担当者とは入社してからも手続きの面でお世話になることが多いので、必ずお礼を言って喜びを伝えると好印象です。

内定受諾の後に今後の手続きについて説明がありますから、電話の場合はきちんとメモを取って聞き漏れのないようにしましょう。

メールや郵送での内定通知の場合はその後の対応について指示が書かれていますから、必ずよく読んで指示に従うようにしましょう。

面接の印象から考えておくことも必要

メールや郵送での内定通知であれば反応を見られることはありませんが、電話の場合は少し注意が必要です。

内定の連絡をもらってから受諾するかどうかを考え始めて「…少し考えさせていただけますか?」と聞くようでは企業側の心象が悪くなることがあります。

それを理由に内定取り消しをされることはないのでしょうが、実際に働き始めることになったときにあまり常識がない人というレッテルが貼られているかもしれません。

内定通知に関しては受諾、辞退、保留の3択なので、いずれかはすぐに答えられるようにしておきましょう。

面接を受けた後に、その企業から内定をもらった場合の対応はきちんと考えておくようにしてください。

内定を保留してもらいたいなら早めに正直に

第一希望以外の企業から内定通知をもらった場合、一時的に保留にしてもらいたいということがあるでしょう。

ほとんどの企業では数日であれば待ってくれますから、その場で正直に保留を希望する旨申し出てください。

ただし1週間が限界と言う企業も多いので、どれぐらいまで待ってもらえるのかを確認する必要はあります。

保留については企業の人事担当者もある程度仕方がないことと理解していますので、嘘をつく必要はありません。

ただ困るのは保留期間を曖昧にされて次の採用活動を進められない、受諾すると言ったのに入社日直前で辞退されるといったことです。

早めに正直に伝えるのがもっとも適切な対応になります。

内定を辞退する場合

内定を辞退する場合もすぐに伝えましょう。

辞退の理由は詳細まで伝える必要はなく「大変申し訳ございませんが、検討した結果辞退させていただきたいと思います。」とだけ伝えれば十分です。

人事担当者は残念に思うでしょうが、それ以上突っ込んでくることはほとんどありません。

感情の赴くままに「面接であれだけ積極的だったのにどういうことだ?」など怒鳴ってくる人がいないわけではありませんが、丁寧に謝るという対応で乗り切りましょう。

採用費用などを請求してくる場合は、入社前提で住居や制服の購入が済んでいた場合など特殊なケースでなければ、応募者が支払うべきものは基本的にはありません。

費用請求等で脅されたなどの場合は専門家に聞いてみるようにしましょう。

転職エージェントを利用していると内定通知時のトラブルが回避できる

転職エージェントを経由して応募した場合であれば、内定の通知も転職エージェント経由できますから、辞退や保留の場合であってもトラブルに発展しにくくなります。

求人を紹介してくれてお世話になったエージェントも一緒に喜んでくれるのは嬉しいことです。

内定受諾について不安に感じることがあればその場でエージェントに聞いてみましょう。

内定後は意外とトラブルが多いので、トラブルを回避するよう対応してくれます。

最後に

いかがでしたか?内定通知の方法や受け取り時に気を付けたいことをご紹介しました。

一番良いのは待ちに待った企業から内定通知を受けてその場で快諾できることですが、そう上手くいかないこともあります。

内定通知の受け方にも注意が必要ですからぜひ覚えておいてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。