本業以外に何か収入源があるという人の割合は年々増加しています。

大企業であっても倒産の可能性がある時代ですし、年金制度の崩壊で一生続く収入源を確保したいという意識も拡大しています。

サラリーマンやOLが副業をするということ自体が珍しくありません。

一方で長時間労働の問題はまだまだ根強く、副業したくても時間がない、目の前の仕事をこなすことで精一杯で将来のことを考える余裕がないという人も多くいます。

サービス残業を強いられるぐらいなら、基本給が下がっても転職して副業をプラスした方が、結果的に年収アップにつながると考える人もいるでしょう。

こういった「副業時間確保のための転職」を考える人は増えてきているのですが、少し気を付けたいこともあります。

そこで今回は、副業を前提とした転職活動の注意点をご紹介していきます。

副業の目的を考えることが大切

副業ができそう、今やっている副業にもう少し時間をかけられそう、そういった理由で転職を考えるのは決して悪いことではありません。

副業は本業のパフォーマンスを下げる悪ではなく、本業で活躍するためのスキルを磨くための良いツールでもあるからです。

ただし、そもそも自分が副業を始めた目的は何なのかについては振り返ってみる必要があります。

趣味の延長や、好きなことだったという理由であればそれができる労働環境を求めていくのは良いでしょうが、単に今の会社の給料が少なくて副業を始めたから特に好きなことではないということはないでしょうか?

その場合は、そもそも副業ができなくても給与が高ければ良いというわけなので、副業できる会社を探すのではなく、給与が高い会社を探すことが必要です。

副業に楽しさも魅力も感じていないのであれば、単に勤務先が複数あるだけの労働に変わりはないので、疲れが溜まりやすくなってそれこそ本業に支障をきたすことにもなりかねません。

副業は一旦おいておき、年収がアップする企業への転職を目指すという視点で転職活動を行っていきましょう。

副業と競合関係にある転職先は選ばないこと

転職先を選ぶ際、副業と競合関係にある転職先だけは選ばないように気をつけましょう。

例えば本業が美容師なのに、アルバイトとして他の美容室で働くなどは典型的なまずい副業の例です。

本業の店で身につけた技術や客がアルバイト先に流出してしまうことになれば、本業の美容室にとっては大きな損害になります。

最近は副業を積極的に推進している企業もあるぐらいですが、その企業であっても、競合関係にある場所での副業は禁止しています。

本業のスキルや知識が活かせる手っ取り早い副業のように思うかもしれませんが、リスクが高すぎます。

本業のスキルや知識を活かせる副業は、先ほどの例であれば美容師目線で髪のお手入れについてブログで発信するとか、部分的に活かすということにとどめておくのが良いでしょう。

もちろん、ブログでは写真掲載など自身を特定できるものには十分気を付ける必要はあります。

怪しい副業に手を出すのだけはNG

転職先の企業に副業禁止規定がない、副業をやっている人も多く副業に比較的理解があるという職場の場合でも、何をやってもいいわけではありません。

公序良俗に反するような怪しい副業や、大金を投入して大借金になり、取り立ての電話が会社にかかってくるなど。

このようなリスクの高い副業は、副業禁止規定には違反しなくても会社の風紀を乱したとして懲戒処分の対象になり得ます。

最悪の場合には懲戒解雇となって副業どころか本業ができないという事態になりかねませんので注意すべきです。

法律的に問題のない副業を行うのはもちろん、社会的に見て問題を指摘されないものか?という点についても考えておきたいところです。

転職面接で副業禁止規定についても聞いて良いのか?

副業禁止規定は就業規則で設けられていることがほとんどですから、転職前に確認するのは難しいことです。

では転職面接で副業禁止規定があるのかの質問をしても良いかというと、やはり答えは「No」です。

例え副業禁止規定がない企業であっても、そもそも副業ありきで人を雇うはずはありません。

企業は応募者が転職先でどんな貢献ができるのかを知りたいのであって、それは当然本業に関してのことです。

その質問自体が不採用の決め手になる可能性もあるぐらい危険な質問なのでやめましょう。

もし聞くなら、社風や年齢層など「職場の雰囲気について知りたい」というスタンスからの質問を投げかけるようにしましょう。

副業禁止規定の有無については知ることはできませんが、比較的自由な社風で若い人が多い企業であれば副業についても寛容である可能性はあります。

また、残業時間や休日の質問も、聞き方に注意は必要ですが、副業時間が捻出しやすいという意味では確認しておくと良いでしょう。

副業のスキルを磨ける仕事に転職する

「副業をいずれ本業にすべくスキルを磨きたい」と考えている人は、現在やっている副業のスキルアップにつながる本業を探す方向で転職活動を行っていくのも手です。

ただし、前述したように副業と本業が競合関係にあるとまずいので、あくまでも部分的なスキルを磨くためという点に着目しましょう。

例えばインターネットでの副業をいつか本業にするために、IT系企業に転職してITの知識を得てスキルを磨くといったことです。

夢の実現のために働くということは、直結するスキルが身につくだけでなく、モチベーションという点からしても有意義なことでしょう。

副業しやすい環境かどうかを確かめるには

副業をしやすい職場に転職したいと考えるのであれば、副業を大々的にOKとしている企業を選ぶというほか、職場環境が副業を続けられそうかを見極める必要があります。

中でも一番重要なのはやはり「副業の時間が捻出できる環境か」という点です。

それを見極めるためには、残業時間は適切か、休日もしっかり取れるのかといった点については確認する必要があるでしょう。

こういった労働環境については求人広告からはなかなか真実が見えにくく、面接でも聞きにくい質問になります。

下手に聞くと面接官に悪い印象を与えてしまうことになるため、リスクがある質問です。

この場合は、転職エージェントを利用した転職活動であれば、労働環境などを事前に確認してもらうことができます。

企業とパイプがあって情報を持っているケース、企業の人事担当者との話の中で聞きだしてくれるケースなど様々ですが、エージェント経由なら信憑性の高い情報を得ることができます。

最後に

いかがでしたか?今回は、副業を前提として転職活動を行うことの注意点をご紹介しました。

働き方の選択肢の一つとして本業プラス副業という動きは活発化しています。

ただし、なんでもアリというわけではありませんから、慎重な行動と冷静に転職先を見極める目が必要になります。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。