転職先を選ぶ際に、残業時間が多いかどうかは気にする方が非常に多いポイントです。

そこで考えたいのが求人広告の残業時間に関する文言です。

求人広告を見て残業時間が少なそうだと判断して転職したけれど、実際には残業時間が前職以上に多い企業だった、なんて失敗もよく耳にします。

求人広告の残業時間に関する文言には気を付けたい点が多いので、その言葉を鵜呑みにせずに冷静に判断するようにしましょう。

今回は、求人広告の内容で注意すべき残業時間に関する文言についてお話していきます。

求人広告の「ほとんど」って何時間のこと?

求人広告を見てみると「残業はほとんどありません。」というアピール文句をときどき見かけます。

しかし、ほとんどないとは、一体何時間ぐらいのことなのは気になるという人もいるのではないでしょうか?

「ほとんど」という言葉の意味は、きわめて少ないということですが、その定義は曖昧です。

残業時間で言うと「20時間ぐらいならほとんどないと言える。」という人もいれば、「いやいや残業20時間は多いでしょ。」と言う人もいるでしょう。

ただし「ほとんどない」を使う際に、基準となるべきものの半分もあるのに「ほとんどない」とは言わないのが一般的な解釈ではないかと考えられます。

では残業時間の多さの基準とすべきものは何かと言うと、残業時間には「時間外労働の限度に関する基準」が定められており、この基準により例えば1か月45時間という限度時間が示されています。

これは「基準」なので罰則はありませんが、現在働き方改革実現のために議論が進んでおり、月60時間を目安として罰則ありの規定が設けられるべく調整が進んでいます。

基本的な限度時間は45時間、絶対にNGなラインが大体60時間、このあたりの状況から考えてみると、「ほとんどない」が20時間というのも疑問が残ります。

20時間と言えば限度基準の約半分ですから、ほとんどないという表現には適していないと言えるかもしれません。

となると「残業時間がほとんどない」は、10時間代未満であると考えるのが妥当ではないでしょうか?

似たような言い方には注意も必要

「ほとんどない」と同じような言い方として「ほぼない」「めったにない」などがあります。

言葉の細かい問題をそこまで気にする必要があるのか?と思うかもしれませんが、企業の求人担当者はこのあたりの細かいニュアンスを気にする人もかなり多いです。

何かトラブルが起きて求人広告の内容に虚偽があるなどと指摘された場合に逃げ道を作っておきたいと考え、慎重に言葉を選ぶからです。

例えば「ほとんどない」と「ほぼない」では、「ほぼない」の方がニュアンスとしては強めの印象を与えるため、残業時間は少ない傾向にあります。

また、「めったにない」という表現には少し注意が必要です。

「めったにない」は全体的な総量ではなく頻度の少なさを指していますから、「普段は残業ないけど、たまに長時間労働も発生する」という可能性も含んでいます。

年間を通じて繁忙期と閑散期の差が激しいような業種などは注意が必要と言えるでしょう。

メリハリがつけやすいとも言えますが、人によっては繁忙期の長時間労働に耐えられず辞めてしまうという人もいます。

もちろん、何の悪意もなくこれらの言葉を感覚的に使うという人も多く、この言葉のチョイスだけですべてを推測できるというわけではありません。

ただ、「この言い方がどこか引っかかる…」という観点で応募先を見てみると、実態を調べてから転職しようなど、慎重な行動につながるという意味で、気にすることのメリットはあります。

残業がないのか、残業代がないのか

求人広告と実態に大きな差があり転職してから後悔するという事例はよく見かけます。

求人広告の内容を鵜呑みにすることのリスクは重々承知されていることでしょう。

言葉の受け取り方が人それぞれ違うことをいいことに、誤解を招きやすい書き方をする企業というものも存在しています。

例えば「残業はありません」と書かれていたのに実際に働いてみるとサービス残業が横行している、終業時間になると全員がタイムカードを押してまた仕事に戻るなど。

これらは残業がないわけではなく、残業代が出ないということだったというケースです。

上司に問い詰めてみたところで「求人広告にはちゃんと残業がないと書いた。皆単に自主的に残っているだけだから残業ではない。」などと言い訳されるのがオチです。

もちろん求人広告の内容に嘘偽りの表現はあってはならないことで、紛らわしい言葉を使うことも避けるべきです。

しかしこれだけ求人広告の内容に騙されてしまう人が多い以上は、応募者自身が慎重になり、求人広告だけでなくあらゆる角度から調べていくということが大切になるのではないでしょうか?

曖昧な表現が多い求人には注意が必要

前述したように、企業側はある種の逃げ道を作るために求人内容に曖昧な表現を使うことがあります。

「それは捉え方の問題であって我々は虚偽の求人を作成してはいない」と言いたいということです。

ですから求人広告の内容で曖昧な表現を多用している場合は少し注意すべきです。

確かに月によって残業時間の差があるなど断定できないことがありますから、解釈の範囲が広い言葉を使うことはある程度仕方のないことです。

しかし、あまりに多用する場合は労務管理がきちんとされていない、場合によっては応募者を多く募るために悪意を持って使っていることもあります。

求人広告を見るときの一つの参考になるのがこの点で、「シンプルかつ分かりやすい内容の求人」が、やはり企業としてコンプライアンスへの意識の高さを感じられる良い求人であると言えます。

特に具体的な残業時間を断定して記載してある場合は、実態と異なった場合に逃げ道がないため、信憑性が高い情報だと言えます。

例えば「月の残業時間は10時間未満でサービス残業も一切ありません」といった具合です。

反対に曖昧で分かりにくい表現が多い場合は、求人広告だけでなく転職口コミサイトを見てみる、面接で聞いてみるなど複数の方法を使って応募先企業の実態を調べていくようにしましょう。

転職活動は転職エージェントの利用がおすすめ

求人広告に記載されている残業時間は鵜呑みにすべきではありませんが、面接で聞いてみるというのも、上手に質問ができる自信がないという人もいるでしょう。

その場合は、転職エージェントを利用した転職活動であれば、事前に応募先の人事担当者に聞いてくれます。

応募者からクレームが多くなるなどすれば企業審査が厳しくなり求人掲載のハードルが上がってしまうため、転職エージェントに対して実態とかけ離れた残業時間を教えるという人事担当者はそうはいません。

信憑性の高い情報が得られるという点で転職エージェントの利用はおすすめです。

最後に

いかがでしたか?今回は、求人広告に見られる残業時間に関する文言で気を付けたい点をご紹介しました。

気になる残業時間については求人広告だけで判断することは危険です。

慎重な姿勢で下調べをしてから応募に踏み切るようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。