転職時期を決めかねているという人は、4月と10月入社を狙うのが一つの手です。

この時期に転職することにはメリットも多く、転職時期としては良い時期だと言えるでしょう。

ただし、デメリットもありますからその点は許容しなくてはなりません。

そこで今回は、4月と10月に転職することのメリット・デメリットをご紹介していきます。

4月・10月転職のメリット

まずは、この時期に転職することにはどんなメリットがあるのかを考えていきます。

求人が増える時期

4/1~翌3/31までを会計年度としている企業は多いため、4~9月を上期、10月~3月を下期として人件費予算を組むことがあります。

このため、それぞれの期首である4月と10月に合わせた採用を行うケースはよく見られます。

4月は新卒採用がある月ですが、同時に中途採用を募集することはよくあります。

新卒組と転職組と同時募集を行えば採用活動の効率化ができ、社内人事が整う時期でもあるため人員配置をしやすいということもあります。

また、年度末である3月は退職者が出やすい月であり、退職金支給要件を満たすために区切りよく辞めようとする人が多いです。

そのため、在籍しながら転職活動を行う人は、3月に辞めて4月入社を狙うケースが多くなります。

そういった求職者を狙って、求人数が増える時期と言えます。

夏のボーナスをもらってから辞めるのにちょうどいい

10月入社を狙うと、今の会社で夏のボーナスをもらってから退職することができます。

夏のボーナス支給は6~7月の企業が多いですから、ボーナス支給後に辞めたとすると退職月は7月前後の可能性が高いでしょう。

転職活動は、応募から入社まで大体3ヶ月程度はかかると言われていますから、夏のボーナスをもらって退職し、10月転職を目指すのは王道ルートになるわけです。

求職者のこの動きについては企業も理解していますから、それに合わせて企業側も募集をかけていくことになり、求人件数が増えて良い求人にも恵まれやすいことになります。

新卒採用者と研修を受けられることも

4月に新卒採用者と中途採用者を同時に入社させると会社側にもメリットがありますが、労働者にとってもメリットがあります。

例えば、新卒が受ける研修は通常中途採用者の場合は受けないことも多いですが、4月入社であればついでに受けさせてもらえることはあります。

中途採用者とはいえ転職直後は職場に慣れることを優先されますから、いきなり多くの仕事を任せるということばかりではありません。

1人ぐらい研修者が増えてもコストはかからないため、職場の状況が許せば参加が認められることがあるのです。

経験やスキルに自信がないという転職者にとっては、基本を学べて会社にも慣れることができる研修はありがたい制度です。

異動者とスタートラインがかぶるため焦りが生まれにくい

4月と10月は新入社員だけでなく、異動も多い時期です。

職場異動となると、仕事内容も人間関係もほぼリセットされることもあるので、社歴が長い人でも中途採用者と同じようなスタートラインに立つことになります。

転職者にとっては、自分だけが中途採用者という状況の中で仕事を覚えようと焦りがありますが、異動者がいれば半ば同期のようなものです。

お互いに励まし合いながら協力していくこともできるでしょう。

仲間がいることで精神的に焦りが生まれにくいという点がメリットになります。

4月・10月転職のデメリット

続いては、この時期に転職することのデメリットをご紹介していきます。

中途採用者であることのプレッシャーを感じやすい

新卒の入社と重なる4月に転職すると、他の月以上に中途採用者であることのプレッシャーを感じやすくなります。

なぜなら、社会人経験がない新卒と同じスタート時期のため、比べる対象とされやすいからです。

もちろん、「さすが中途採用者は新卒とはレベルが違うね。」と言われる可能性も高いです。

しかし、なかなか職場になじめなかったり、スキルレベルに不安がある人の場合は、新卒との差がほとんどないことに周囲の人が不満を持ってしまうこともあるのです。

4月以外の転職であれば、比較対象がいないためプレッシャーが軽減されます。

ただし、10月入社の場合は、異動者という比較対象がいる可能性があり、心強い半面、仕事を覚えるスピードなどが比べられる可能性はあります。

引っ越しが伴う転職の場合は住居が見つかりにくい

4月は新入社員や県外異動者などが多く引っ越しをするため、年末から3月ぐらいまで不動産会社は繁忙期になります。

中途採用者の場合は内定から入社までの期間が短いため、早めに住居探しをすることもできず、不動産会社の繁忙期に引っ越し先を見つけることになります。

交通の便が良いところや、会社近辺の物件は埋まりやすく、不動産会社の営業にアポを取るのも大変です。

10月入社の場合、6~9月ぐらいまでは不動産会社の閑散期と言われていますから、引越し先を見つけること自体は難しくありません。

ただ、10月は結婚シーズンの一つでもあるので、9月後半になるとファミリー向けの物件は徐々に押さえにくくなります。

天候も不安定になりやすい時期なので、引っ越し当日に大雨ということもあります。

いずれにせよ、転職と引っ越しが同時に発生する場合は覚悟が必要です。

若手研修に強制参加でうんざりすることも

先ほどメリットとして新人研修に参加できることを挙げましたが、人によってはこれが大きなデメリットになります。

中途採用者とはいえ新入社員なのだからと、新人研修に強制参加という企業はあるのですが、問題は参加者とその内容です。

社会人経験を積んだ中途採用者と、学校を卒業したばかりの新入社員とは、驚くほどにその常識レベルや感覚がずれています。

会社の研修なのに自由すぎる服装をしてきたり、講義中に隣の席の人と話をするなど、非常識な新入社員がどこの会社にもいるものです。

その人たちと一緒に研修を受けることは、中途採用者にとっては苦痛になりえます。

また、研修内容も、ビジネスマナーなど社会人としての基本に沿ったものが多いため、しっかりできている中途採用者にとってはメリットが少ないものになります。

求人数の多さなら転職エージェント

今回ご紹介したように、4月と10月入社には求人数が増えるなどのメリットが大きいですが、この時期でなければ求人がないということではありません。

求人件数が多い転職エージェントなどを利用すれば、どの時期の転職でも豊富な求人の中で比較検討しながら転職先を探すことができます。

求人紹介以外にも手厚いサポートを受けられますから活用していきましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、4月と10月に転職することのメリット・デメリットをご紹介しました。

転職時期は、現職の状況などさまざまな要素を考慮して決める必要があります。

じっくり検討した上で最適な転職時期を決めていきましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。