外回りの営業など、業務上車の使用頻度が高い仕事に転職を希望するなら、車関連の手当確認は必須です。

毎月の給与だけに気を取られて確認を怠ると、出費がかさんで痛い目に合うということがあります。

そこで今回は、転職先を選ぶために知っておきたい、車関連手当の基本についてご紹介していきます。

車に関する手当については入社前に確認すべき

転職先を決めるときに給与を気にするという人は多いでしょうが、給与のように入ってくるものだけでなく出ていくものも気にしなくてはなりません。

どれだけ高収入でも、実費が多いならば手元に残るお金は少なくなるからです。

特に車に関する手当は金額が大きいため、生活への影響が大きいものです。

入社前に必ず確認しておきましょう。

車を使った外回りがメインの仕事ならば、社用車はあるか、車両手当がいくらつくのか、駐車場代はどうなのかなど詳細を確認しておきましょう。

面接で細かく聞くと嫌がられますので聞き方に注意が必要ですが、内定がでてからの労働条件確認時には少なくとも聞くようにしましょう。

転職先には社用車がある会社を選ぶべき理由

車を使った外回りがメインの営業職であれば、転職先として社用車がある会社を選ぶのが大前提にあります。

それは、労働者の収入と企業体質の観点から、社用車がある方が圧倒的に良いと言えるからです。

その理由について解説していきます。

車の維持費には大きなお金がかかるから

まずは車の維持費には何がかかるのかを考えてみましょう。

車にかかる費用としては以下のものがあります。

  • ガソリン代
  • 車検代(2年ごと)
  • 保険、税金
  • 経年変化や事故時の買い替え
  • その他消耗部品等(タイヤ、オイルなど)
  • 駐車場代

社用車の場合はこれらはすべて会社負担になります。

会社側からすると、どれだけ安い車を購入したとしても、維持費×社用車数で毎年多くの経費が発生することになります。

社用車ではなく労働者の自家用車を業務に使わせている会社では、これらの経費を少しでも抑えるために自家用車を使わせています。

労働者に対して毎月1~2万円の車両手当を支給するなど、経費の全額負担を考えれば安いものなのです。

つまり、今回の記事のタイトルにある「社用車とマイカー持ち出しどちらが得?」という疑問に対しては、労働者にとって特になるのは圧倒的に社用車である可能性が高いです。

よほどの車両手当がつくならば別ですが、基本的に経費削減を目的とした自家用車使用なので、手当額が車維持費を上回ることはほぼないと心得ましょう。

労働者の自家用車を業務に使わせることのリスク

では次に、労働者の自家用車を業務に使わせることにどんなリスクがあるのかを考えていきます。

リスクとしては以下のようなものがあります。

  • 保険に未加入のリスク
  • 補償額が不足しているリスク
  • 取引先への印象が悪化するリスク

労働者の自家用車を業務に使わせる場合、保険も労働者本人が加入になります。

意図的でなかったにしても、更新忘れなどで未加入になる、保険料節約のために補償額を最低限に抑えてあるなどの可能性があります。

労働者が保険料を負担する以上、その内容に会社が関与することはできませんので、基本的に労働者の責任に任せるという形になります。

しかし業務上の事故が起きた場合、その責任は会社にも及びます。

保険未加入や補償額の不足があった場合、労働者個人が支払うことができず会社に補償金を支払う義務が発生します。

そして本来、会社の印象を上げるという点でも社用車の方が望ましい形です。

なぜなら自家用車に何を選ぶのかは労働者次第なので、人によっては派手な車や騒音で取引先の人やその労働者を驚かせてしまい、悪い印象を与えてしまうことがあるからです。

「従業員に自家用車を使わせている会社」と思われることもあるでしょう。

企業体質や危機管理能力不足を疑うべき

社用車にかかる経費と、労働者の自家用車を業務に使わせることのリスクがお分かりいただけたでしょうか?

会社は自社でかかる経費と会社が負うべきリスクを天秤にかけた結果、経費を抑えるということを選択しています。

高いリスクがあるにもかかわらず自家用車を使わせるのは見逃せないポイントで、会社の危機管理能力の不足や、労働者に経費負担を押し付ける悪質性が見え隠れしています。

こういった会社では車だけでなく、何かにつけて労働者に実費を強いることをしたり、いざというときに守ってくれません。

危機管理能力がない会社ですから、仕事上のトラブルに巻き込まれる可能性もあるでしょう。

車に関しての手当を確認することで、応募先の企業の質が見えてくるということです。

車両借り上げ制度って?

自動車のディーラー営業などの求人を見ると、「車両借り上げ制度あり」と書かれていることがあります。

これは、そのディーラーでの取り扱い車種に限って個人で購入し、それを仕事でも使うということです。

その代わりに、手当やガソリン代の支給、社員価格で購入できるなどのメリットがあるというものです。

そのディーラーの車を安く買えてプライベートでも使えるという点が魅力に感じますが、これも会社側にメリットが大きい制度です。

車という高額商品が1台売れるわけですから、多少割引があったとしても利益になります。

また、前述したように社用車を提供する必要がありませんから、経費を大きく浮かせることができます。

毎月数万円の手当やガソリン代を支給したとしても、社用車を使わせるよりは経費がかかりません。

労働者側にとっては、毎月の手当は保険や車検代などでほぼなくなります。

その上営業で頻繁に使うことによって本体や部品がどんどん消耗していき、その都度自己負担で対応していくことになります。

車両借り上げ制度と社用車を選択できるという企業もありますが、費用の面で考えるならば圧倒的に社用車を選択すべきだと言えるでしょう。

ただし、車の使用頻度にもよりますから、仕事で外回りをすることが少ないという場合には労働者のメリットにもなり得るものです。

自身の状況に応じて判断されると良いでしょう。

ガソリン代の支給について

自家用車を使った業務が多い場合、ガソリン代が全額支給されることはよくあります。

会社のカードや領収書の提示で、プライベートで利用したガソリン代もカバーできるならばお得になるのでは?と考える人もいるかもしれません。

しかし、毎月のガソリン代など微々たるもの、それよりも車検や保険、劣化による本体買い替えなどが早まるなど、金額が大きいものに着目すべきです。

ガソリン代は支給されて当たり前、それ以外に手当がでなければ決して恵まれてはいないのだと認識しましょう。

条件の良い会社は転職エージェントで探すべき

車に関して自己負担が発生するということは、それが当たり前に行われている企業では普通のことのように感じてしまいます。

しかし、社用車をしっかり使わせてくれる会社は山ほどありますので妥協せず探していきましょう。

転職エージェントを利用すれば、他媒体と比べても求人数が圧倒的に多いため、社用車ありなどの条件の良い企業に出会える可能性が高まります。

転職活動全体をサポートしてもらえる心強い味方ですから、上手に利用してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は車関連の手当に着目し、その基本についてご紹介しました。

車に関する手当はいろいろありますが、手当がつくから条件が良いということではありません。

あくまでも労働者の自己負担が発生している点を忘れずに、慎重に転職先を見極めるようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を全てプロに任せてしまうことが可能です。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアコンサルタントが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

転職のプロにいつでも相談できる

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり悩んだ時にも誰にも相談できません。

しかし、転職エージェントを使うことにより、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも安心して効率的に転職ができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはDODAがおすすめです。

DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手です。

安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職支援の実績 日本最大級

これまでに多くの転職者を成功に導いた実績があるため、転職ノウハウやサポートも充実しています。

電通バズリサーチによる転職者満足度の調査でもNo1に選ばれており、転職支援の内容も安心です。

求人数も日本最大級

全国100,000件以上の豊富な求人数があります。

多くの求人情報を比較検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社を探しやすくなります。

DODA限定の求人も多数

非公開の求人も80,000件以上あります。

DODA限定の求人も多数あるため、DODAでしか応募できない求人に出会うことができます。

心強い転職エージェントを味方につけて、効率的に転職活動をすすめましょう。

DODAの登録は簡単

b28

DODAのサイトに移動後、「エージェントサービスに申し込む(無料)」ボタンを押しましょう。

名前や生年月日など簡単な基本情報、職務経歴を入力すれば登録完了です。よく分からない項目はざっくりで構いません。

登録後に担当者より電話やメールで連絡があり、転職の支援を受けることができます。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで新たな未来が切り開けるかもしれません。