在籍中の転職活動が基本と言われますが、実際には辞めてから転職活動を始めるという人も多く見られます。

退職理由等によってはそれもやむを得ないことなのでしょう。

ただし、辞めた直後は現職から解放されたこともあって「こんなにゆっくりできる機会もないから少しのんびりしてから転職活動を始めればいいや。」という気持ちがムクムクと湧き上がってきます。

最初は1週間程度休む予定だったのが、1ヶ月になり3ヶ月になり…。

いつのまにか1年近くゆっくりしてしまうという人も中にはいます。

残業続きの毎日から脱出して休みたい気持ちは分かりますが、のんびりしていてもいいことはありません。

今すぐ転職活動を始めていきましょう。

今回は、退職してから転職活動を始める人が今すぐ動き出すべき理由をご紹介していきます。

想像以上に内定まで時間がかかることがある

まずは「少しゆっくりしたい」と考えている人に向けた基本情報として、応募から内定まで大体どれぐらいかかるのかという点をお伝えします。

応募から内定、そして入社までにどれぐらいかかるのかは活動状況によって異なりますが、順調に行っても2~3ヶ月、半年以上かかる人もごろごろいて、中には1年近く見つからないなんてことも珍しくはありません。

ですから、「少しゆっくり」の期間が1年あった人はそこからさらに1年かかる可能性もあるということです。

失業中の方が期待されている失業手当(正式には基本手当)の給付日数ですが、特定受給資格者等のように、倒産や解雇等のやむを得ない理由で離職した人であっても最大で330日です。

※20年以上勤続年数がある45歳以上60歳未満の人で就職困難者を除くケースです。

これは勤続年数や年齢によって差があり、人によっては90日です。

それほどゆっくりはできないということがお分かりいただけるのではないでしょうか?

失業手当では足りないと気づく

失業手当については給付日数の問題だけでなく、受給日ごとにもらえる金額についても考えておく必要があります。

失業手当は確かに失業中の人にとっては非常に助かるものですが、前職でもらっていた賃金の全額が支給されるわけではありません。

給付率は50~80%が基本ですから、場合によっては働いていたときの半分しかもらえないということになります。

しかも退職して社会保険を外れると、自分で支払うべきものが多いことに気づきます。

健康保険料に年金に税金など、これまで給与天引きされていてわかりにくかったものが、確実に自分の財布から出ていく感覚を実感することになります。

特に国民健康保険料や住民税は、現役バリバリで働いていたときの前年の所得にかかる額を支払わなければいけませんから、無収入の人には重くのしかかります。

この時点で失業手当だけでは生活できないから転職先を見つけるべきだと気付くわけですが、そこから転職活動を始めるのでは遅いのです。

生活が成り立ってしまっても危険

一人暮らしや家族を養っている場合は失業手当だけで生活することはできませんが、家賃も食費もすべて出してもらっている実家暮らしなどの場合は生活が成り立つことがあります。

これは、だから良いということではなくリスクも大きいことです。

失業手当だけで生活できてしまうと「働かなくても生きていける」という緩い生活に体や気持ちが慣れてしまい、積極的に転職活動をしなくなっていきます。

そうなると、ズルズルと転職活動をやらない期間が長くなり、ブランク期間だけを無駄に積み上げていくことになります。

こういったのんびりしている期間はしっかりと経歴に残るので、いざ「さすがにそろそろ働こう。」と思っても、なかなか内定をもらうことはできません。

面接官に以下のような質問を次々と投げかけられることになるからです。

「ブランク期間が長いけど何をやっていたのですか?」
「前職を辞めてから随分経ちますがビジネススキルは保てていますか?」
「そもそも働く意欲は残っていますか?」

焦りが妥協を生み負のループへ突入!

ゆっくりした後にいよいよ転職活動を始めてなかなか選考が通らない場合は、「収入がない」「社会から取り残されている」といった焦りの気持ちがどんどん強くなっていきます。

その気持ちから企業研究をしっかりやらず大量に応募してしまったり、焦りから面接で思うような力が発揮できないなどして転職活動が難航してしまいます。

そうなると応募企業のレベルを下げるなどして、自分には合わなそうな仕事だと思っても妥協して転職してしまうことになります。

妥協して選んだ先はやはり満足できるものではありませんから、また辞めたいと感じることになります。

転職回数が加算された状態で再度の転職活動を始めるという、負のループへ突入することになるわけです。

有休消化中も精力的に転職活動を

有休残日数が多い場合には、退職日までをすべて有休消化させてもらうということもあるでしょう。

法律上は最大40日の有休申請が可能なので、全く休んでいないという人は最大で2ヶ月程度の間賃金をもらいながら休むこともできます。

有休消化中はまだ社員として在籍している身分ですから、気持ち的にも余裕がありますし生活も成り立っています。

「まだ給与があるから休んだって平気だよね。」という考えになるのも、ある程度は仕方のないことかもしれません。

しかし有休消化できる人はここが最大のチャンスです。

なぜなら収入もあるのに時間も山ほどあるという機会はまたとないのですから。

面接の日程調整等も比較的楽に行うことができますし、収入がないことによる焦りもありません。

有休消化中に転職先を決めることができれば、すでに退職日が決まっているので現職との退職日交渉も必要ありません。

ゆっくりと余裕をもって入社日を迎える準備や勉強などもできることになります。

有休消化中も精力的に転職活動を行ってください。

少し休みたいと思っても転職エージェントには真っ先に登録を

もし今すでに退職した後である、あるいは転職先が決まっていないけれど退職日は確定している、その場合は真っ先に転職エージェントに登録しましょう。

少し休みたいという気持ちがあっても登録だけは先にしておくことで、様々なスカウトメールが届いたり、サイト内で様々なノウハウを学んでいくうちに転職活動そのものから気持ちを離さないことができます。

カウンセリングサービスを利用すれば、応援して熱心にサポートしてくれる転職エージェントの存在が「このままのんびりしていないで転職活動を頑張ろう。」という気持ちにさせてくれます。

最後に

いかがでしたか?今回は、退職してから転職活動を始める人が今すぐ動き出すべき理由をご紹介しました。

今しかのんびりできないからという気持ちは分かりますが、後々のことを考えてのんびりし過ぎは禁物です。

すでに退職している、退職日が確定しているという実情を理解して、今すぐ転職活動をスタートさせましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。