「今の会社を早く辞めたい!」「すでに退職が決まっていて早く転職先を決める必要がある」など、転職活動を短期決戦で臨みたいという人は多くいます。

早く決めること自体が目的になってはいけませんが、転職活動はストレスも労力もかかりますから、短期決戦を目指すことは良いことだと言えるでしょう。

しかし短期決戦とは具体的にどうすればいいのか、そのコツが気になるところだと思います。

そこで今回は、短期決戦で転職を成功させるための法則を7つご紹介していきます。

法則1.複数の企業に同時応募をする

まずは短期決戦で転職を目指す人が大前提として思っておいていただきたいのは、複数の企業に同時応募をしていくということです。

1社応募すると書類審査、面接2~3回が多いので、応募から内定までトータルで数週間から1ヶ月程度かかってしまうのが一般的です。

それを1社やって不採用だから次という風にやっていては、まず短期で決着をつけることはできません。

もちろん1社目で内定がもらえればそれが一番いいのですが、転職市場はそう甘くはないという現実もあります。

複数の企業に応募していき、それと同時に次に応募すべき企業を探していくことが必要になります。

法則2.その時間帯にしかできないことをやって効率化する

短期決戦で重要なのは、いかに効率的に転職活動を行っていくかという点です。

基本的なことですが、転職活動中は「その時間帯にしかできないことをやる」ということを忠実に守りましょう。

例えば職場見学や企業への問い合わせ、面接等は企業の営業時間中にしかできません。

反対に、書類を書いたり自己分析をしたり、インターネットを使った求人検索であれば夜中でもできるわけです。

それなのに、企業の営業時間中に履歴書や経歴書を書くことから始めてしまうという非効率なことをしている人は意外と多いものです。

今その時間に何をやるのが最も効率が良いことなのかを、常に考えながら行うようにしましょう。

法則3.隙間時間も有効活用する

短期決戦で転職を成功させるためには、限られた時間の中で転職活動に充てれる時間を捻出していくということも大切なポイントになります。

生活をしてる中でちょっとした隙間時間というものがあるということは、きちんと意識しているとよく分かるものです。

何かの待ち時間や少しだけ手が空いた時間など、たった5分でも見逃さずに転職活動の時間に充てましょう。

こういった隙間時間は細切れなので、連続した思考が不要な作業に充てると良いです。

例えば特定の企業の志望動機や経歴をまとめるなどの作業は、思考を集中させてやった方が良いので隙間時間に行うにはあまり適していません。

SPI対策の問題を数問解くとか、履歴書の住所だけを書くとか、作業が中断されても問題ないものを行うようにしましょう。

法則4.自己分析や企業研究など時間をかけるべきところを簡素化しない

短期決戦で転職活動に臨もうとすると、とにかく行動あるのみと、計画性もなく動き出してしまう人がいます。

バラバラの業界の中で、何となく良さそうな求人をピックアップして企業研究していくなど、手あたり次第にやっていくのは効率が悪いのでやめましょう。

特にまず始めに求人検索にとりかかる人も多いのですが、転職活動の方向性も決めないままに求人を探しても意味がありません。

自分は転職してどんな仕事をしたいのか、これまでのキャリアの中から活かせる業界はどんな業界なのかなど、自己分析やキャリアの棚卸は時間をかけておくことをおすすめします。

これらをしっかり行っておくことで、実際に求人検索する際も条件指定がしやすく、応募先の企業を絞っていくことができるので効率的です。

山ほどある求人の中で自分に適したものを選択していくために外せない活動です。

また、企業研究も同様に時間をかける必要があります。

短期間でより多くの企業に応募しようとすると1社にかける企業研究の時間が短くなり、人事担当者の心にささるアピールができなくなります。

このように、かけるべきところにはしっかり時間をかけるということが大切です。

法則5.飲みの誘いは丁寧にお断りする

転職活動中であってもこれまで通り人付き合いもあるでしょうが、短期決戦の場合は遊びのお誘いは断るようにしましょう。

たった数か月のことなのですから今は転職活動に集中すべきときです。

特に飲み会などお酒が入るイベントは夜帰りが遅くなり、さらに翌日起きるのも遅くなるなどして貴重な時間が失われてしまいます。

永遠に断るわけではないのですから、そこは割り切って何か理由をつけて断れば良いのです。

誘いを断るということは時間を無駄にしないという他にも、転職活動モードを切らさずにモチベーションを維持できるという点でも有効です。

長期戦を覚悟で臨む場合はストレス発散も必要ですが、短期決戦の場合は適度な睡眠と規則正しい生活をこころがけて、集中力を切らさないようにしましょう。

法則6.短期決戦でも妥協はしないこと

短期間で内定をもらいたいからと言って、内定をもらった企業にとにかく飛びつくということには慎重になってください。

内定をもらった後でも、面接の印象はどうだったか、本当にこの企業で良いのだろうかと、きちんと見極めてから転職を決めることが大切です。

短期で決めるということと妥協するということは違っていて、妥協で決めた転職は高い確率で後悔することになります。

もし転職先でまた辞めたくなってしまったら、今の転職活動が失敗だったということになります。

短期決戦の転職活動が「成功だった」と言えるためには、妥協はしないことも大切です。

法則7.転職エージェントを利用する

短期決戦で転職活動を成功させたいのであれば、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用した転職活動であれば、あらかじめ希望の条件やスキルを登録しておくことで、転職エージェントが合いそうな求人を紹介してくれたり、スカウトメールが届いたりします。

自分が他の企業に面接を受けている間でもそういった動きが発生していますから、面接と同時に求人探しもできていることになります。

また、応募の際には面接の日程調整や給与交渉などを行ってくれるので、調整ごとで時間を取られるということが少なくなります。

自分は企業研究や面接対策に集中できるため、効率の良い転職活動が叶うというわけです。

最後に

いかがでしたか?今回は、短期決戦で転職を成功させるための7つの法則をご紹介しました。

短期決着のためには、やはり時間の使い方が鍵となります。

いかに効率よく上手に時間を使っていけるかで短期決着が叶いますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。