男性と言えば営業職や技術職、肉体労働などを選ぶという世間一般的なイメージがあります。

しかし、男性だからすべての人がこれらの仕事に就きたいわけではなく、男性だけど事務職に転職したいという人は大勢います。

営業が苦手、技術も体力もないという人にとってはデスクワークが基本の事務職は魅力的な職種に見えることでしょう。

ただ、事務職=女性というイメージが強く、なかなか応募に踏み切れない、もしくは応募しても採用されず「女性でないと厳しいのか?」と打ちひしがれているかもしれません。

そこで今回は、男性が事務職への転職を成功させるために知っておきたいことをご紹介していきます。

男性だって事務職に転職したいという考えは間違っていない

今や人気職種の筆頭に挙がる事務職は、特に女性の比率が多いと言われています。

力仕事が難しいという点、ワークライフバランスを目指す女性が多い点なども考えると、女性が事務職を好む理由は分かります。

しかし、だからと言って事務職は女性にしかできない職種ではなく、女性に限定する正当な理由はありません。

なのに事務職は一般的にも女性の方が採用されやすい傾向にあると言わるのには、納得がいかない男性も多いのではないでしょうか?

先に申し上げておきますが、事務職へは男性であっても転職できます。

それどころか、優秀な男性事務職員は各社で喉から手が出るほど欲しい存在とも言えます。

女性比率が多い事務職であっても、課長クラス以上になると男性の割合が増えてきます。

女性は優秀な人であっても管理職になりたがらない人も多いですし、出産や育児でキャリアが途絶える人もいるからです。

その意味でも、将来の管理職候補である優秀な男性事務員はかなり重宝されるのです。

事務職に女性が多い理由

男性事務員は求められているのになぜ女性の事務員が多くなるのか、それは単純に女性の応募割合が多いということと、女性の方が事務職への適性がある人が多い傾向にあるからです。

たまに「客にお茶を出すときには女性の方が好ましいから。」と言う人もいますが、今は女性だけにそういった作業をさせることに慎重になる企業も増えてきています。

適性さえあれば男性であっても採用される可能性はあると覚えておきましょう。

別に企業側は男性だから事務職を採用しないのではないのです。

事務職に必要な要素とは?

事務系の仕事は基本的に内勤がメインでパソコンに向かって黙々と作業をしたり、小さなミスに注意を払いながら行う必要がある細かい仕事も多くなります。

細かい点に気づきやすい、ミスに対して慎重になりやすいという点で、元々男性より女性の方が事務の仕事が得意であることが多いです。

また、協調性という点でも女性の方が優れているという側面があります。

事務職は他部署と関わることも多く、協調性があって誰とでもうまくやっていけるタイプの方が好まれやすい傾向にあります。

これは単に傾向の問題なので、男性でもこれらの要素を持ち合わせている人であれば十分に転職できる仕事です。

男性が事務職に就くならスキルで勝負

人気職種である事務職は給与が低めであっても応募が殺到しますから、倍率が高くなることは覚悟の上で応募する必要があります。

それは男性であっても女性であっても同じです。

男性が事務職に応募する場合、頭一つ抜き出るために必要なのがマネジメントスキルです。

前述したように男性事務員には将来的に管理職になってもらうことを期待していますから、マネジメントスキルがあれば大きな武器になります。

女性は前に出たがらない人も多く、積極的にマネジメントに関わった経験がない人もいますからその点で大きな差をつけることができます。

また、IT系のスキルや知識も豊富であれば有利になります。

今は男女関係なくIT系の仕事に就ける時代ですが、事務畑で言うと圧倒的に女性より男性の方がその分野に強い傾向にあります。

女性たちが多い職場でもITに強い人が一人いると、非常に頼られる存在になり、それをとっかかかりとして周囲ともうまくやっていきやすくなります。

特にオフィス系ソフトの操作やシステムに強いと、多少のトラブルにはその場で対応してくれるため、企業にとっても採用するメリットが高くなります。

男性が事務職求人を狙うならどんな仕事内容が良い?

事務職とひとくちに言っても一般事務から経理、総務系、企画など幅広くありますので、、男性が採用される確率が高いものを絞って応募していくのが一つの方法です。

例えば中小企業の一般事務などは女性が多いですが、企画や人事では女性だけでなく男性も多く事務員として活躍しています。

ただし、未経験で企画や人事に転職をする場合には高い能力とスキルの証明が必要になるということは覚えておきましょう。

業界で言うと、意外と男性事務員が重宝されるのは医療系です。

それも、圧倒的に女性が多い医療事務ではなく、総務や経理などのバックオフィス系や情報システム関連です。

医療機関はご存知の通り看護師など女性が多いため、患者のクレームや暴力行為に対応できない場面も多く、忙しい男性医師だけではとてもフォローできません。

ですから男性の事務員は貴重な存在で、同じ事務職からだけでなく、看護師や他の専門職にとても頼れる存在なのです。

こういった視点で、「女性が多いからこそ男性が活躍できるときがある」と考えていくと、意外と狙い目の求人が見つかることがあります。

給与水準は低いから覚悟して

先ほど事務職には女性の応募者が多いと述べましたが、逆になぜ男性応募者が少ないのかを考えていくと、給与の安さがあります。

妻や子供を養う人も多い男性にとっては、給与がネックになって応募しないということもあるのです。

これは歩合の営業マンや技術職などに比べると仕方のないことなので、応募する際には転職直後の年収ダウンはある程度覚悟する必要はあります。

その代わり、マネジメントスキルがあれば管理職になれる可能性があり、管理職になれば年収が大幅にアップするということも夢ではないということです。

転職する場合に年収アップを前提とされる人は多いですが、長い目でみて年収アップにつながるのかという視点で考えるべきでしょう。

男性が事務職に応募するなら転職エージェントを利用しよう

事務職は元々人気職種ですし、今回ご紹介したように女性の方が事務職の適性がある人が多いこともあって、未経験の男性が事務職に転職するのはかなり厳しい戦いになります。

一人でやみくもに事務職に応募してもなかなか成功させるのは難しいと言わざるを得ません。

転職エージェントを利用するなどして戦略的に転職活動を行っていく必要があります。

最後に

いかがでしたか?今回は、男性が事務職への転職を成功させるために知っておきたいことをご紹介しました。

決して低いハードルではありませんが、事務職に転職して活躍している男性は大勢います。

今回ご紹介したことを意識して転職活動を行っていき、ぜひ事務職への転職を成功させてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。