転職活動は、同時に複数の企業に応募することが基本です。

転職活動全体を通して1人あたり10社以上は応募するのも当たり前ということを考えると、同時に応募していくのは必須と言えるでしょう。

その場合に問題になるのはスケジュール管理です。

人によって状況が違う以上、どれが正解という方法はないのですが、あらかじめスケジュールを考えておくのといきなり転職活動を始めるのでは結果に大きな影響を与えてしまいます。

そこで今回は、転職活動中のスケジュール管理方法についてお話していきます。

まずは今の職場の状況を把握する

転職活動に専念できる失業中であれば、ある程度スケジュール管理には余裕が生まれますが、経済的・精神的リスクを考えると在籍中の転職活動が基本になります。

この場合に行いたいのは、まずは今の会社の状況把握です。

面接日等に充てられる有休残日数は何日あるのか、有休が実際に取得できそうなのはいつ頃なのか確認しておきましょう。

業種によっては月初・月末はほとんど取得できない場合もあります。

シフト制でなくても休暇は事前申請が基本という職場もありますから、いつまでに申請しておかなくてはならないのか締切日も確認しておきましょう。

そして、職場の状況判断は直近に限らず数か月後も見据えたものでなくてはなりません。

転職時期の大体の予定がどれぐらいになるのかも含めて考えておきましょう。

募集が活発化する時期を調べておく

必ずではありませんが、企業の採用活動が活発化する時期というものもあります。

やみくもに転職活動をスタートさせていざ探してみると希望の業界の求人が少ないなどないように、事前にあたりをつけておくことも必要です。

よく言われるのが3月は9月などの期初。

そして4月の新卒採用に合わせて同時期に中途採用を始める企業も多いので、年明けぐらいから採用活動が動き出すのは傾向としてあります。

夏のボーナスをもらってから退職する人の欠員補充として、初秋の採用を目指すというケースもあります。

採用活動が活発化する時期は業界によっても異なりますので、あらかじめ調べておくようにしましょう。

転職活動期間の目安を設定する

応募から入社までの転職活動全体の期間としては早い場合で2~3ヶ月、長い場合は半年以上かかることもあります。

選考の状況や転職活動に割ける時間によっても異なりますが、応募開始から3~4ヶ月後には入社にまでこぎつけるということを前提に動いておくのが一つの目安になります。

また、今の会社の退社日についても、この時点である程度予定を立てておきます。

もちろん選考状況によって前後する可能性はありますが、円満退職のためには繁忙期は避けるようにするなど一定の配慮が必要になります。

一度に応募する企業はいくつまで?

一つの企業で面接は2~3回は行われるのが一般的なので、あまりに大量に応募してしまうとスケジュール管理が難しくなります。

面接の日程調整がうまくいかずに諦める企業も出てきますから、焦らずに応募を絞っていきましょう。

ただし、書類応募から内定まで、大体1社受けるのに連絡待ち時間も含めて3週間~1ヶ月程度かかってしまうことが多いです。

これを1社1社やっていてはいつになっても内定にたどり着けませんから、基本的には複数の企業を同時進行で行っていくことになります。

具体的にいくつ掛け持ちすべきかは人によって異なりますが、在籍中の転職活動であればまずは3~5社程度が無難です。

その中で不採用になった企業があれば1社追加していくイメージで「選考中の企業が3~5社ある」という状態を保てると良いでしょう。

転職活動が終盤になってくると面接が立て続けにあるなど一気にスケジュール調整が難しくなるので、前半大丈夫だからもっと応募企業を増やそうしてしまうと後が大変です。

すでに退職していて転職活動に専念できるのであれば、さらに同時応募の数を増やしていくことも可能です。

ただし、応募が多くなればなるほど1社にかける熱意が分散されてしまいがちなので、多くても5~7社程度が限度かもしれません。

いつでも手帳は持ち歩くべし

転職活動中はいつ企業から連絡が入るか分かりませんから、スケジュール管理用の手帳などは常に持ち歩いておくようにしましょう。

スマートフォンのアプリなどでも良いのですが、電話連絡が入ると不便なこともあるので、できれば手帳タイプがおすすめです。

電話にでておいて「今はスケジュール表を持っていないので…」となると、あまり良い印象を与えないこともあります。

企業の人事担当者は忙しい中電話をかけてきますから、できれば一度の電話で済ませたいと感じます。

ただ、その場で対応できないから不採用とはなりませんので、対応が難しい場合はスケジュール確認ができる状況になってから折り返し連絡するようにしましょう。

場合によっては土日の対応をお願いする

有休を使える日数は限られていますから、有休を使わない方法があればその方法を使うと良いでしょう。

例えばすべての企業に当てはまるわけではありませんが、在籍中の転職活動を考慮して平日ではなく土日の面接を可能にしてくれる企業もあります。

特に土曜日の午前中は通常業務日である企業も多いので、募集要項等で「土曜午前は隔週で勤務」など書いてあれば対応してくれる可能性があります。

土日であれば仕事が立て込んで帰れなくなるということがないので、落ち着いて面接会場に出向くことができます。

ただ、役員面接、最終面接では対応が難しいことがほとんどなので、1次面接などの早い段階であれば聞いてみるというぐらいに思っておいた方が良いでしょう。

また、夜遅くということでなければ、平日の勤務時間外であっても対応してくれることがあります。

どうしても有休を取ることが難しい場合などは交渉してみる価値はあります。

面接の日程調整は転職エージェントに任せる

転職活動中のスケジュール調整の中でも大事なポイントである面接の日程調整は、今の仕事の状況や他の応募企業との兼ね合いも合ってなかなか難しいことです。

日程調整が大変になって肝心の面接対策や企業研究がおろそかにならないように、面接の日程調整は転職エージェントに任せることも必要です。

転職エージェントは転職支援のプロですから調整ごとには慣れています。

面接の日程調整も行ってくれますので頼ってみると良いでしょう。

一番大切なのは面接で力を発揮できるということなので、本番に集中するようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。