ソーシャルワーカーとは、各分野の専門家と連携を取りながら、病気やケガ、高齢などによって日常生活への悩みを抱える人やその家族に対し、相談に乗ったり困りごとを解決するための支援を行う仕事です。

働く場所によって仕事内容も変わってきますが、例えば病院などであれば退院支援や他の医療機関への紹介なども行います。

社会貢献性が高く、困っている人を助けたいという熱意がある人にとっては興味深い仕事でしょう。

では、転職してソーシャルワーカーになりたいと考える人は、どのように転職活動を行っていけば良いのでしょうか?

今回は、ソーシャルワーカーになるための転職ノウハウをご紹介していきます。

ソーシャルワーカーになるのはどうすればいい?

ソーシャルワーカーになるにあたって、その資格がなければできないというものはありません。

ただし、社会福祉士の資格や、精神科病院では精神保健福祉士の資格を求められることが多いです。

無資格の場合でも豊富な経験があれば採用されることもあり、資格よりも経験が重視される職種になります。

未経験でソーシャルワーカーに転職を考える場合には、少なくとも社会福祉士などの資格を取得して知識を得る努力をしている証明は必要になります。

また、他の職種であっても医療機関や福祉施設等での勤務経験がある、ボランティア等で福祉関連のことに携わった経験があるなど、業界に関わった経験があれば評価されることもあります。

ソーシャルワーカーの仕事は具体的な成果を表すのが難しい面もあるので、これまでの経験を踏まえて具体的なエピソード等でアピールしていくことになります。

ソーシャルワーカーの働く場所は?

ソーシャルワーカーとして働くには医療機関や施設、あるいは一般企業などに転職する必要があります。

障がい者施設、病院、児童福祉施設、株式会社等、働く場所は多岐に渡っています。

公共施設で働くソーシャルワーカーもいますが、その場合は公務員試験を受ける必要もあります。

各施設が求人を出すときはソーシャルワーカーという名称を使うとは限りません。

施設によって呼び名が違い、MSW、相談員、ケースワーカーなど様々な名称で求人募集を行います。

求人を探す際には職種名称ではなく業務内容を把握して探していくことが必要になります。

どんなソーシャルワーカーが求められている?

ソーシャルワーカーは困っている人の相談に乗ったり他の専門分野の人たちと連携を取っていくことが多いので、人と接することが好きで困っている人を助けたいという貢献精神に溢れている人が向いています。

また、深刻な悩みを抱えている人の中にはうまく話せない人もいますから、忍耐強く耳を傾けて、どんな悩みがあるのかを慎重に聞いていく必要もあります。

自分の意見を押し付けるのではなく、常に相手の立場に立って物事を考えて聞く力のある人でなければ難しい仕事です。

さらに、他分野の専門家を紹介することもあるので、医療・福祉全般について常に勉強を続けて色々なことを知っている人でなければ具体的な解決に導く道筋を提案できません。

かなり幅広い知識が必要という点で向上心がある人でなければ難しい仕事です。

いきなり大活躍とはいかないのがこの仕事

経験値が低い場合、転職してすぐに結果を出せるということはほとんどできないのがソーシャルワーカーという仕事です。

相談員という業務の性質上、何より経験が重視されるからです。

話の聞き方から話し方、他部署との調整等も必要ですし、人生経験そのものが相談に活かされることもあります。

資格があればいいわけでもなく、頭が良ければ何とかなる仕事でもありません。

相手によって悩みの種類も深さも変わってきますから、常に正解などないという状態の中、少しずつ経験値を上げていくしかないのです。

そのため若い相談員にはとても難しく感じたり、落ち込んだりすることもあるかもしれません。

すぐに結果を出したいと思うのではなく、忍耐強く地道な努力を重ねていこうとする気持ちが大切になります。

ソーシャルワーカー求人探しはどのように行う?

ソーシャルワーカーの求人はどの機関や施設でも大量に募集するということがありません。

新しい施設ができるタイミングなどでなければ、基本的には欠員が出たら補充するという形が一般的です。

かなり大きい機関でも2~3人募集、1人の採用枠ということもよくあるので、求人件数自体が少ないと言えます。

そのため求人探しに特定の時期というものはなく、長い目で見てじっくりと探していき、求人が出たらすぐに応募できるという状況を整えておく必要があります。

一旦別の職種で医療機関や福祉施設に就職し、ソーシャルワーカーの空きや同業界での動向を探っていくという方法を取っている人もいます。

すぐにソーシャルワーカーの仕事に就けないのは不満かもしれませんが、業界経験を積めるという点で転職のタイミングがきたときに有利に働く可能性はあります。

介護職からキャリアアップのために目指す人は少し注意

現場の介護職などからキャリアアップのために社会福祉士を取得して転職するという人は、少し気を付けたいことがあります。

福祉業界での経験はソーシャルワーカーとして活かすことはできますし、業界経験者という点をアピールできますから転職ルートとしては間違っていない方法です。

ただ、ソーシャルワーカーは医師や看護師のような業務独占資格ではありません。

所属施設や企業によってはソーシャルワーカー自体にどれだけの評価をしているかは異なっていて、一般的な給与相場としては低水準のことが多いです。

給与が安い介護職を脱出するためにソーシャルワーカーになっても、大幅な年収アップは望めないという点は理解しておくべきです。

また、圧倒的に求人数が多いのは現場の介護職なので、ソーシャルワーカーの仕事を探すには苦労しやすいという面もあります。

全身を使う介護の現場職よりも体力的には楽になる面が大きいので、長く福祉業界で働いていきたいのであれば目指すのはよい選択だと言えるかもしれません。

求人探しは転職エージェントを利用しよう

ソーシャルワーカーの仕事は、転職しようと決めたタイミングで求人探しをしても、求人数の少なさもあってすぐに見つかる仕事ではありません。

空いている時間を使ってハローワークに行っても、たまたまそのときに求人が出ていなければいつになっても転職が叶わないことになります。

そこで求人探しには転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントであれば、希望の条件やスキルなどをあらかじめ登録しておくことで、適切な求人があれば紹介してくれたりスカウトメールが届いたりします。

求人が出たタイミングを逃さないことになるという点で効率的な求人探しが叶います。

最後に

いかがでしたか?今回は、ソーシャルワーカーになりたい人の転職ノウハウをご紹介しました。

社会貢献性の高い重要な仕事の一つです。

じっくり求人探しを行い、ぜひソーシャルワーカーへの転職を成功させてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。