どうしても転職したい企業があったけれど不採用になってしまった場合、諦めきれずに再応募をしたいという気持ちになることがあります。

再応募をすれば、熱意が認められて採用されるのではないか、という淡い期待を抱く人もいるかもしれません。

しかし、一度目の応募で不採用になったのにはそれなりの理由があるのですから、再応募にあたっては慎重になるべきです。

では、どんなことに気を付ければ再応募は可能になるのでしょうか?

今回は、一度不採用になった企業に再度応募する場合に、注意すべき点をお伝えしていきます。

一度不採用になった企業に再度応募することは可能か?

まず、一度不採用になった企業に再応募することが可能かどうかについてお話します。

これは企業によって考え方が異なるため一概には言えませんが、再応募を受け付けている企業も少なくないようです。

そして再応募から採用に至ったというケースも存在しています。

ただ企業によっては、一度目の応募から半年から1年程度の期間は再応募を受け付けないと決めていることもありますし、場合によっては3年程度は受け付けないこともあります。

これは企業側の決め事なので判断できないことが多いのですが、募集要項などに書いてある場合もあります。

書いてあった場合は残念ながらいくら意欲があっても選考はしてもらえません。

それどころか、「ちゃんと書いてあるのにしつこい。」という烙印を押されてしまうことでしょう。

企業ごとに再応募が可能かどうかは異なるので、どの企業に再応募したいのかによって判断していくようにしましょう。

同じ職種に短期間で応募してくると非常識と見られることも

一般的に再応募を受け付けられやすいケースとしては、応募職種が違うとか勤務地が異なるといった理由で採用を判断するメインとなる人が違う場合です。

選考には人事担当者だけでなく、大抵その職場の長が同席しています。

選ぶ側が変われば欲しい人材も変わるため、採用に至るというケースは珍しくありません。

また、不採用になった直後ではなく1年以上先であれば他の応募者と同様に選考してくれるケースも多くなります。

これらを反対から考えてみると、同じ職種での募集に対して短期間で応募してくる場合は非常識だと思われることもあります。

どうしてもその企業への熱意が捨てきれず自分には貢献できるスキルがあると思うのでなければ、再応募には慎重になるべきでしょう。

同じ応募書類を使うなどあり得ない

一度目の応募で不採用になったのは理由があるのですから、まずはそれを受け止める必要があります。

人事担当者が一番困るのは、不採用になった理由を考えずにやみくもに再応募してくる人です。

しっかりと時間をかけて選考した結果不採用にしたのに、以前と全く変わらない内容の応募書類を送ってくるような人は書類選考で間違いなく落とされます。

採用側の貴重な時間を割いてもらうということの重要性を考えなくてはなりません。

仮に運よく面接をしてもらえることになったとしても、前回の応募時から特に変化が見られないようであれば結果は同じです。

この場合に採用されるのは、前回応募時に内定をもらった人から辞退を受けてしまったという事情が企業側にある、もしくは最終選考ギリギリだったのに惜しくも不採用になってしまったというぐらいのレベルの人です。

判断は難しいですが、最終面接まで残っていた、面接でも好感触だったなどの場合は可能性があるかもしれません。

「一度きりの勝負だから負けただけ」は危険な考え方

面接で力を発揮できなかった場合「一度きりの勝負だから負けただけ。もう一度トライすれば分かってもらえるはず。」と思うのは少々危険な考え方です。

面接は確かに本番一発勝負ですが、最終的な選考は経歴や実績、面接での様子を見て総合的に判断されます。

面接当日に緊張していたからダメだったというわけでは必ずしもないのです。

面接では緊張するのが当たり前ですから、企業もそれは理解していてその奥にある真実を見極めようとします。

つまり、不採用だった理由は一度きりの勝負に負けたのではなく、色々な理由があって不採用になったのです。

それを理解できないと再度応募したところで以前と変わらないアピールになり、採用に至ることはないでしょう。

一度目の応募でなぜ不採用になったのかは、自己分析やキャリアの棚卸という初期の行程からやり直した上で考えていくことが必要になります。

再応募はどうしてもその企業に熱意がある場合のみ

転職活動がうまくいかないからと言って、志望動機が明確でない企業に再応募すべきではありません。

一度目の応募で不採用になっている以上、不採用になった会社に再応募してまで入りたい理由があるのかという、さらなる強い熱意が必要になるからです。

応募書類を作成する時点で再応募したい理由を書かなくてはなりませんから、単に条件が良いなどの薄い理由ではなく、応募先でなくてはならない理由が必要になります。

まずはそれだけの理由があるのかを自分自身に問いかけてみて、それがある場合に限って再応募が可能かどうかを考えていくことになります。

再応募が可能かは転職エージェントに聞いてみると良い

再応募を受け付けないなどの規定は募集要項に書いていない限りは判断が難しく、企業に直接聞いてみてもその時点では難色を示されることは予想されます。

ただ、再応募には労力も時間もかかりますから、絶対に無理ならば応募しないのが望ましい選択だと言えるでしょう。

その場合は、再応募が可能かどうかを転職エージェントに聞いてみるようにしましょう。

転職エージェントを経由することで再応募の可否が確認しやすいですし、転職エージェントの紹介ということであればと選考を受け付けてくれる可能性も出てきます。

再応募が可能であれば、転職エージェントのアドバイスを受けながら、なぜ一度目に不採用になったのかも踏まえて戦略的に応募する必要があります。

もちろん、転職エージェント経由であっても再応募が無理なものは無理としている企業では可能性はありません。

そのときこそ潔く諦めて次の応募企業を探していきましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、一度不採用になった企業に再応募する場合に気を付けたいことをご紹介しました。

どうしても入りたい企業があるなら再応募を考えることは悪いことではありません。

ただし、一度目の応募の不採用理由を熟考した上で戦略的にトライすることの重要性は言うまでもないでしょう。

ぜひそのことをよく理解された上で、再応募に踏み切るようにしてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。