転職活動をするときには、経済的な不安をなくすためにも在籍中の転職活動が基本と言われます。

しかし、中には退職してから転職活動を始めた方が成功しやすいという人もいます。

在籍中に比べて気持ち的な余裕もなくなりリスクが高いようにも感じますが、一体どういうことなのでしょうか?

そこで今回は、退職してから転職活動を始めるべき人の特徴を解説していきます。

現職が忙しすぎて全く時間がない人

在籍中の転職活動は時間が取りにくいのがネックだと言われますが、それでも有休や終業後の時間を上手に使いながら転職活動をしていくのが基本になります。

時間がないという人でも、本音を言えば「休む時間がなくなる」とか「プライベートを削るのが嫌だ」とか、時間を作ろうと思えばあるというケースは多いです。

ただ、今の仕事が忙し過ぎて物理的に時間がないという人もいます。

毎日夜遅くまで残業があって、休日出勤も当たり前、有休はあるけれど取らせてもらえない、こういう人も多くいて、転職活動にかける時間がないのは事実でしょう。

この場合は仕方がありませんが退職を優先させましょう。

時間がないことを理由に転職活動をしなければ、いつになってもその状況から脱出することはできません。

とにかく退職日を確定させ、できる限り残っている有休を使うことです。

退職日までの有休消化日と退職後を使って精力的に転職活動を行っていきましょう。

一つのことにしか集中できない人

一度に多くのことを抱えることで精神的に追い込まれてしまう、一つのことにしか集中できないという人がいます。

こういうタイプの人は、転職活動と仕事を平行して行うことが難しくなります。

在籍中の転職活動に夢中になって今の仕事に集中できず、仕事でミスをしたり転職活動中であることが周囲にばれてトラブルに発展したりします。

あるいは仕事で気になることがある状態で転職面接があると、面接よりも仕事が気になってしまって良いアピールができません。

集中力が高いことは素晴らしいことなのですが、どちらに転んでも良い結果を生まないことになってしまいます。

自分がこのタイプに該当するかどうかは、自己分析と他者からの指摘で分かります。

自分で自覚があるという人も多いですが、無自覚の場合は同僚など職場の人に聞いてみてください。

「大きな声で話しかけられているのに気づかないときがありますか?」と。

無自覚で返事をしていない人は、集中していると一種のゾーン状態に入って他のことを意識できない傾向にあります。

こういうタイプの人はその高い集中力を活かして、退職して短期集中型で転職活動を行っていきましょう。

今すぐ辞めるべき理由がある人

転職活動以前に、今すぐ辞めるべき理由がある人は退職を優先させましょう。

今すぐ辞めるべき理由とは、例えば耐え難いパワハラ、いじめなどで精神的に参ってしまっている人や、長時間労働で心身ともに疲れ果ててしまっている人などです。

一旦休職を選択する方法もあるのですが、こういったケースだと休職を取らせてもらえない、在籍しているということで精神的に休まらず転職に前向きになれないなどの可能性もあります。

この場合はとにかく退職することだけを考えて動き出し、辛い環境から解放されて心機一転、転職活動に向かっていくのも良いでしょう。

前向きな気持ちになれることで応募先に良いアピールができたり、自己分析として自分自身としっかり向き合うことができます。

引継ぎを丁寧にやって職場に絶対に迷惑をかけたくないと考えている人

退職をするときは後任に引き継ぎをすることになりますが、お世話になった職場の人に絶対に迷惑をかけたくないから引き継ぎに時間をかけたいという人もいるでしょう。

まずは厳しいことを言いますが、退職するのに職場の人に迷惑をかけないということはあり得ません。

迷惑と言うと大げさかもしれませんが、必ず誰かが困るときがきます。

困った中でも何とかして残された社員たちも成長していく、そういうものなのです。

そのことを分かっていても迷惑をかけたくないから引き継ぎを丁寧に…となると、相手に時間を合わせて時間外に引き継ぎをしたり、有休は取らないなどで転職活動にかける時間はなくなります。

自分が職場にいない時間を適度に取って周囲に多少の迷惑をかけつつ、在籍しながらの転職活動は叶うのです。

職場への完璧な引き継ぎは在籍しながら行うのは無理があります。

こういう人は在籍中は残務整理と引き継ぎに専念し、退職してから転職活動を行う方が良いかもしれません。

同業他社への転職を考えている人

同業他社への転職はスキルや経験がダイレクトに活かせるという点で転職が成功しやすいルートと言えます。

ただし、在籍中の転職活動となるとネックになることがあります。

業界によっては、横のつながりが深くて社員の他社への引き抜きはしないということが暗黙のルールになっていることがあります。

この場合、同業他社に応募をしても在籍中であることを理由に不採用になる可能性があります。

もちろんすべての業界においてルールが存在しているわけではありません。

ただ、同業他社からの転職者に対して「転職先を今の会社に言わないこと」など指示してくる企業もあることを考えると、かなり慎重な姿勢を示す企業も多いでしょう。

同業他社への転職に絞っている場合は、内定は比較的もらいやすいというメリットがありますから、きちんと退職してから転職活動を始める方が応募先の選択肢が広がると言えます。

決意がすぐ鈍る人

優柔不断で何をするにも決意が鈍りやすいという人は、在籍中の転職活動で内定をもらっても、引き留めや周囲の何気ない言葉に流されやすく転職の決心がつかないことがあります。

これまで人から優柔不断を頻繁に指摘された経験があったり、大事な決断時に迷いで失敗した経験があるという人は、退職を先にする方がうまくいくかもしれません。

退職を決めてしまえば転職先をどこかに決めざるを得ないという強制力が生まれ、腹をくくって転職活動を進めることができるでしょう。

ただし、そもそもなぜ転職をしたいのかという確固たる理由を自分自身で確認してから退職をしましょう。

曖昧な理由で退職しても必ず後悔します。

退職してからの転職活動は短期決着を目指そう

今回ご紹介したような人のように、退職してから転職活動を始める場合は短期決着を目指すことが大切です。

冒頭でお伝えしたように経済的に不安定になりますし、精神的にも焦りが生まれやすくなるからです。

短期決着には戦略的な転職活動が求められますので、転職エージェントを利用してプロのアドバイスを受けながら活動していくと良いでしょう。

求人紹介だけでなく、様々な転職ノウハウを提供してくれますから早期の内定が叶いやすくなります。

最後に

いかがでしたか?今回は、退職してから転職活動を始めるべき人の特徴をご紹介しました。

退職してから活動する方がうまくいく人もいますが、それは人によって大きく異なるものです。

ご自身の性格や状況をしっかりと見極めた上で、退職を優先させるのかを判断してください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。