「今の仕事にやりがいを感じられない。」

「給与は低くてもやりがいさえあれば頑張れるはず。」

そんな風に思って転職活動をしていませんか?

友人や知人が生き生きと働いている様子を見て、自分もやりがいある仕事がしたいとうらやましい気持ちになることがあるかもしれません。

世の中には仕事に対してやりがいを感じながら仕事をしている人も大勢いて、確かにその人たちの満足度は高いという側面があるでしょう。

ただしそこにあるのは必ずしもやりがいだけではないという点については忘れてはなりません。

やりがいという魅力に惑わされてしまい転職先を安易に決めるということにはリスクもあるのです。

そこで今回は、やりがいだけを求めて転職することの危険性とはどんなことなのかについてお伝えしていきます。

長時間労働で過労になる

近年特に長時間労働の問題についてメディア等でも議論される機会が多く見られます。

こういうときに大抵条件付きで長時間労働を肯定する人がいて、その内容は「長時間労働は必ずしも悪ではない。やりがいがあって自分が楽しいと思う仕事ならば長い時間働いてもいいのではないか。」といったことです。

この考えは一理あるとも言えるのでここでは考え自体の是非を議論するつもりはありませんが、自分自身の状況を鑑みずこうした「やりがいがあれば」という考えを鵜呑みにしてしまうことが問題です。

例えば何でも全力投球、一つのことに集中してやるのが得意なタイプの人などは、やりがいの魅力に惑わされやすいです。

こういうタイプの人がやりがいの魅力に囚われてしまうと自分の体調など省みず長時間労働をいとわなくなり、ついつい「頑張り過ぎる」ということをしてしまいます。

やりがいを除いたときにその仕事を続ける理由が見えなくなってしまうためやりがいを感じられる程度に頑張る必要があったり、ランナーズハイのような状態になっていて自分自身を冷静に見られないということもあるでしょう。

やりがいだけを求めて転職した結果、長時間労働で過労になってしまうというケースはよくあります。

どこかで自分を客観的に見つめることができない人は、やりがいを追い求め続けることは危険だと言えるでしょう。

給与が低くて生活できなくなる

やりがいがあるけれど激務になりがちな仕事としてよくマスコミ、出版、医療系専門職などの仕事が例に挙げられることがあります。

こうした仕事は確かにやりがい指数が高そうではありますが、その分高めの給与水準を維持しています。

この場合では、やりがいプラス高い給与があるから仕事がきつくても耐えられている可能性があります。

実は給与面でも恵まれているのに「やりがいがあれば乗り越えられる」という言葉を鵜呑みにすると、やりがいはあるけど給与が低い仕事を選んでしまうということをします。

例えば低賃金が問題視されている介護士や保育士などの仕事は、やりがいを求めて就いた結果、低賃金がネックになって辞めてしまうという人は多いと言われます。

やりがい自体は大切なことかもしれませんが、あくまでも仕事をするには生活を成り立たせる必要があるという点は忘れてはならないことです。

プライベートがぼろぼろになる

ワークライフバランスという言葉が浸透している現代ですが、一部ではプライベート重視思想に対して異議を唱える風潮もあります。

ここは価値観の問題ですから仕事とプライベートのどちらを大切にするのかは人それぞれです。

ただ現実問題として、やりがいを求めてハードな職場に転職した結果、家族や恋人との時間が取れずにプライベートがぼろぼろになるとうことはよく起こります。

一緒に過ごす時間がないからお互いの考え方が理解できないようになる、仕事が大変でストレスが溜まるから身近な人に八つ当たりしてしまう、そんな風にして離婚や別れなどにつながることも珍しくありません。

最終的にはやりがいを求め過ぎて大切な人を傷つけてしまったことを後悔する人も大勢いるのですが、やはりやりがいの魔力にはかなわないのか、早い段階で気づける人ばかりではないのです。

ノルマがきつくて精神的に追い込まれる

営業職など一部の職種にはノルマがつきものですが、これは人によっては「ノルマがある方が頑張れる。」「ノルマを達成したときにやりがいを感じる。」など良い結果を生む場合もあります。

やりがいある仕事を求める人にとっては、ノルマはある程度必要なものだという位置づけなのかもしれません。

ノルマがあると人はプレッシャーを感じますが、それが適度なものであればうまくいくことはよくあります。

ただし、その適度なラインを一定して保ち続けるということは非常に難しいことです。

過度なプレッシャーを感じて眠れないとか、ノルマ達成のためならどんな手を使ってもという気持ちになりモラルが崩壊したりとか、悪い結果につながることも多くなります。

こうしてノルマと戦いながら仕事を続けていくうちに、精神的に耐えられなくなり辞めてしまうということが起こります。

特にノルマをやりがいと置き換えて「頑張れば報酬がもらえるのでやりがいがあります!」など募集要項に書かれている歩合制営業職などは、人によってはリスクが高い仕事です。

自分自身の性格や仕事に対しての考え方など、多角的に判断した上で仕事を選ぶ冷静さも必要でしょう。

やりがいを求めて転職した結果本当にいい仕事を失う人もいる

ここまでご紹介したように、やりがいだけを求めて転職することにはリスクがあります。

今の職場は人間関係も良好で給与も悪くない、ただ仕事内容がつまらないなどの場合にやりがいを求めて転職した結果「前の仕事の方がずっと良かった。」「仕事で大切なことはやりがいだけではなかった。」と気づく人も多いものです。

「隣の芝は青い」とはよく言ったものです。

それなりに良い仕事に就けているにもかかわらず、楽しそうに働く人の一面だけを見て「もっとやりがいがあって自分が輝ける場所があるはずだ。」という幻想を人はつい抱いてしまうものです。

やりがいという言葉には人を惹きつける力がありますが、転職先を選ぶ際にはやりがい以外の点も見つめる冷静さを持つことも必要です。

もし今、やりがい重視の転職活動を行って一直線になっているのであれば、転職エージェントなどのプロのアドバイスをもらいながら、仕事選びの軸となるものをもう一度見つめ直してみても良いでしょう。

自分が仕事に対して求めているのは本当にやりがいだけなのかどうかということです。

最後に

いかがでしたか?今回は、やりがいだけを求めて転職することの危険性についてご紹介しまいした。

仕事にやりがいを求めるのはとても良いことですが、それだけを見つめてしまうと転職が失敗するということはよくあります。

やりがいはどんな仕事でも自分の意識次第で感じることができるものです。

ぜひそのことを忘れずに、やりがいだけをやみくもに追い求める転職には注意してください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。