「少数精鋭です。」と記載されている求人広告を見て、こんな印象を持ちませんか?

  • やりがいある仕事ができそうだ。
  • 自分の実力を試せるかも。
  • なんかかっこいい。

こういった良い印象を持つという方は少々危険です。

少数精鋭企業に転職することにはリスクが多く、転職してから後悔する人も珍しくありません。

では、少数精鋭企業に転職するリスクとはどんなものなのでしょうか?

残業が多く休みにくいなどハードワークになる

「少数精鋭」という言葉から明らかなのは社員数の少なさです。

社員数が少ないとハードワークになる可能性は高いです。

特に成長著しい少数精鋭企業であれば、当然一人あたりの仕事量は多いです。

少ない人数で大きな結果を出すには仕方がありません。

必然的に残業が多くなりますし、抱えているものが大きいので休みもなかなか取れません。

そのハードワークに耐えられるのかを自問自答してから転職に踏み切るべきでしょう。

皆忙しく社内の雰囲気がピリついている

ハードワークになりがちな少数精鋭企業ですから、社員たちの精神状態が穏やかでゆったりしているということはありません。

皆バタバタと忙しく走り回っていますし、集中力の高まりで社内の雰囲気はピリついています。

転職して即戦力として入った場合、先輩が丁寧に一から教えてくれることはないと覚悟しましょう。

職場の雰囲気によって気持ちが左右されやすい人、教育体制が整っている会社で地道に成長したいという人には向いていません。

誰かがいなくなるとダメージが大きい

元々社員数が少なく一人あたりの仕事量や責任も大きい少数精鋭企業ですから、誰かが退職して穴ができると会社全体へのダメージが大きくなります。

100人で10のものを支えるのと、5人で10のものを支えるのとでは一人抜けたときの影響はケタ違いです。

一人抜けても会社としての業績は維持しなくてはなりませんので、引き継ぎや人員補充でなんとか穴埋めすることになります。

後任はさらに激務になりますし、新しく入ってきた人は一気に膨大な仕事を受け持つことになって、いっぱいいっぱいになってしまいます。

退職だけでなく、休職も同じです。

誰かが休んでいる間の仕事は残った少ない人数でやらなければいけませんから、一人あたりの負担は大きくなります。

自分は頑張れても、他の誰かが辞めたり休む可能性があるということは覚えておきましょう。

一人一人のレベルが高くてついていけない

「精鋭」の言葉通りの企業であれば、一人一人が優秀で高いビジネススキルを持っている人たちの集まりということになります。

自分もそのレベルに達していれば即活躍できるでしょうが、周りのレベルが高すぎてついていけないというリスクがあります。

何となく「精鋭」という言葉の響きに惹かれてしまい、面接で自分を実力以上に大きく見せてしまった場合、入社してから苦労することになります。

社員たちのレベルを入社前に確認するには、職場見学をさせてもらう、経営者に話を聞いてみるなどが有効です。

また、自分の実力を等身大にアピールし、レベルに見合っているかどうかは事業主に判断してもらうのも大切です。

入社して求められるものが大きい

「少数精鋭」には事業主のメッセージが込められています。

「優秀でレベルの高い人を求めていますよ。」ということです。

入社してから求められるものが大きいという点は理解しておきましょう。

プレッシャーに弱い人や自分に自信がないという人は、求められるものの大きさに押しつぶされてしまう可能性があります。

覚悟がない人はむやみに転職すべきではありません。

優秀な人は皆独立していく

本当の少数精鋭企業にいる優秀な人たちは独立傾向が強くあります。

普通のレベルの人ならば「自分の実力ならば雇ってもらえれば十分」と思いますが、優秀で高い成果を出している人ほど雇われの枠にとどまりにくく「実力を発揮して独立したい。」と考えます。

少数精鋭企業では事業主自身がサラリーマンから独立した経験者であることも多いので、将来的な独立を前提として入社させてもらえることもあります。

結果的に人が流動的で離職率も高くなりやすく、前述したように退職した人の穴埋めで残された社員が大変になるということが継続的に起こることになります。

その環境が当たり前だという認識があれば良いのですが、「定着率が高く安定した企業で働きたい」という考えの人は少数精鋭企業は避けるべきでしょう。

「少数精鋭」は褒め言葉?自己申告だということを忘れずに

一般的に「少数精鋭」は良い言葉として使われることが多いです。

特に一人一人のレベルが高いことを示すために使われやすい言葉です。

しかし、求人広告における少数精鋭は、他人が判断したわけではなく自己申告です。

事業主が「うちの社員たちは優秀だよ。」ということを言っているわけです。

事業主から見て確かに優秀な社員がそろっていることはあるでしょう。

ただ、中には他に書くことがないからこの言葉を使っているだけというケースがあります。

少数精鋭である根拠はどこにあるのかという視点は持ちたいところです。

そうでなければ、単に社員数が少ないだけで、社員レベルがさほど高くない企業に転職してしまうことになります。

こんな人は「少数精鋭」ワードに注意

「少数精鋭」という言葉に惹かれやすい人の特徴として以下のような点があります。

  • 自分の実力を試したいと思っている。
  • ベンチャー企業に興味がある。
  • 将来的に独立したいと考えている。

これらの考えはもちろん悪いことではありませんが、勢いに走りやすく、盲目的になりやすい側面がありますから慎重さを持つことが大切です。

「少数精鋭」は単なるキャッチフレーズに過ぎません。

転職先を決める際に見るべきポイントは、実際の仕事内容や給与など自分自身が大切にしている判断基準をもとに見極めるようにしましょう。

優良な少数精鋭企業に転職したいなら

リスクを許容した上で、少数精鋭でやっているレベルの高い企業に転職したいと思うなら、転職エージェントを利用して転職活動を行いましょう。

社員数が少ない会社の中にはコンプライアンスの観点からブラック企業と思われる企業も多くあります。

企業審査がしっかりと行われている転職エージェントを利用するのが安心です。

求人件数が他媒体と比べても圧倒的に豊富なため、少数精鋭な優良企業と巡り合える可能性も高まるでしょう。

最後に

いかがでしたか?今回は、少数精鋭企業に転職するリスクをご紹介しました。

「少数精鋭」は心惹かれる文言ではありますが、実態を見極めることが大切です。

転職後のイメージをしっかりと持ち、納得した上で転職に踏み切るようにしましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。