転職活動の基本は在籍中に行うことですが、辞めてから転職活動をするというリスクの高い方法を取る人は意外と多いため「辞めてからでもなんとかなるのでは?」と思ってしまうことがあります。

在籍中に転職活動をすべき理由は経済的、精神的に余裕がなくなるということが大きいわけですが、さらに詳細を見ていくと他の理由も見えてきます。

今回は絶対に辞めないで転職活動をすべき人の特徴をご紹介していきますので、「退職が先か転職先を決めてから退職か」で悩んでいるという方は自身と照らし合わせてみてください。

有休が取れて残業が少ないなど時間的余裕がある人

やむを得ず退職を優先させるケースとして、在籍中にはとても時間が取れないということがあります。

毎日残業が夜中まであり休日出勤も多く有休も取れないなど、本当に時間がないという人がいるのです。

ただ、これに本当の意味で該当する人は限られていて、中には本当に時間がないわけではないという人もいるのです。

現実問題として、今の職場で有休を取得したり、定時やそれに近い時間で帰れる可能性はどれぐらいあるのでしょうか?

たまに有休を取れたり、週に数回は早く帰れるという人は、時間がないことを理由に先に辞めるべきではありません。

作れば時間はあるという環境にいますから、失業中のリスクを抑えるためにも在籍中の内定を目指しましょう。

引き留めを強い覚悟で断れる人

在籍中に転職活動をして失敗してしまうケースとして、内定がでたあとに現職から強い引き留めにあうということがあります。

退職引き留めマニュアルが存在している会社もあって、「我が社には君が必要なんだ。」「給料に不満があるなら上げる用意がある。」など、魅力的な言葉で引き留めにかかってきます。

こういった言葉に惑わされてしまい転職に迷いが生じる、内定先を待たせた結果内定取り消しになるケースもあります。

ただし、転職するという強い意志があれば問題ありません。

強い引き留めにあったときに断固として断る覚悟があれば、退職引き留めトラブルに合うことがないので、在籍しながら転職活動を進めるべきです。

反対に、引き留めに対して心が揺れるような優柔不断なタイプの人は、先に辞めてしまった方がうまくいく場合もあります。

今の仕事も捨てきれないという人

転職はしたいけれど今の仕事も捨てきれないという人は、まだ転職する覚悟ができていません。

そんな中先に辞めてしまっても、転職活動がうまくいかなかったときに「辞めなければ良かった。」と後悔します。

在籍中に求人探しをするというよりは、まずは転職したい理由や今後の方向性など自分自身の考えを整理することを優先させましょう。

具体的な転職活動はそれからです。

曖昧な覚悟のまま転職活動を始めても、今の仕事も手につかない、転職活動も進まないと、いいことはありません。

生活の担保がない人

一人暮らしで近くに実家がない、半年以上の生活費をまなかえるだけの貯金がないなど失業中の生活に不安がある人は絶対に辞めるべきではありません。

転職活動は縁ですから、いつ内定がでるのかわからないものです。

お金がなくなって焦りが生じ、転職先を妥協で決めてしまうリスクがあります。

「辞めても当分失業手当で生活できる。」と、雇用保険からの給付をあてにしている人も同様です。

失業手当は在籍中の賃金の全額がでるわけではありませんし、3ヶ月の給付制限や手続きで実際に銀行に振り込まれるまでには想像以上に時間がかかります。

失業手当をあてにしている時点で生活の担保がないわけですから、収入を得ながら転職先を見つけるという王道の方法を取りましょう。

頑固でこだわりが強い人

頑固も悪いことではありませんし、こだわりの強さがすごい力を発揮することはあります。

しかし転職活動においては、頑固でこだわりが強い人はなかなか良い転職先に巡り合えることができません。

仕事内容や給与、自宅からの距離など職場への理想を挙げたらきりがないわけですが、すべてを叶える転職というものはまずありません。

頑固でこだわりが強い人は「どれもこれも譲れない」と、優先順位をつけて柔軟に応募先を見つけていくことができないのです。

辞めてから転職活動をしても活動自体が長引くことは目に見えていますから、在籍中にじっくりと、自分が納得できる転職先を決めてから辞めるようにしましょう。

現職への愚痴が多い人

現職への愚痴や不満が多くて転職したいと思っているならば、在籍中に転職活動をしましょう。

多くの人が仕事を辞めたい理由は現職への不満がきっかけですが、それが今にしか目を向けていないのか、将来を向いているのかで転職成功が叶うかどうかが変わります。

転職を成功させる人は不満を力に変えて「自分が今後どんな仕事、働き方をしたいのか。」という将来のことを考えます。

未来のことを考えるわけでもなく、単に現職への愚痴や不満をつらつらと並べているだけの人は、転職するとしたら間違いなく逃げの転職になります。

転職で失敗しやすい王道パターンなので、先に辞めるのはリスクが高いです。

現職にとどまりながら転職活動を行う際、真っ先に行うべきは現職への不満や愚痴を整理し、その中にある「本当はやりたいこと。」「本当はこんな人たちと仕事がしたい。」という希望です。

今の仕事が嫌だではなく、やりたい仕事があるから辞めたいんだという前向きな理由が見つかれば、転職活動の方向性が定まり、単なる逃げの転職から脱出できるでしょう。

在籍中でも成功する転職活動方法

在籍中は転職活動に使える時間が少ない、応募企業からの連絡が受けにくいなどデメリットが多いものです。

本当に在籍しながら転職先を決めるなんてできるのかと不安になるでしょうが、転職エージェントを利用すれば叶います。

転職エージェントであれば平日の夜や土日に求人探しをすることもできますし、担当のキャリアコンサルタントが応募者に代わって面接の日程調整や給与交渉もしてくれます。

あらかじめスキルや条件を登録しておくことで適切な求人を紹介してくれるのもメリットです。

在籍中の転職を目指す人の多くが利用していますから上手に活用してください。

最後に

いかがでしたか?今回は絶対に辞めないで転職活動をすべき人の特徴をご紹介しました。

在籍中に転職活動をすべきかどうかは人によっても異なります。

今回ご紹介した特徴に当てはまるという方は、今の仕事を辞めずに在籍中の転職を目指してください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。