転職の内定をもらうと「具体的にいつ入社できるのか?」と必ず聞かれます。

中途採用者の場合はできるだけ早めに来てほしいと感じる企業がほとんどですが、在籍中の場合はある程度配慮してくれるでしょう。

ただし、やり方を間違えると入社が頓挫する可能性もあり気が抜けません。

そこで今回は、内定先との入社日の日程調整について、事前に準備しておきたいことと、言ってはいけない文言を解説します。

入社日の日程調整をする前に準備しておきたいこと

日程調整に入る前にできることがありますので、可能なかぎり準備しておきましょう。

ここでは、日程調整前の心構えを紹介します。

就業規則を事前に見ておく

退職の申し出は、特に規定がない場合は退職の2週間前まででいいとされていますが、多くの企業では就業規則に「退職日〇ヶ月前には申し出をする」と定められています。

一般的に1~2ヶ月が主流、長くても3ヶ月前までの規定が多いでしょう。

これは、退職を申し出てから1~3ヶ月は辞められない可能性を示していて、つまりは内定先の入社日に大きく影響する問題です。

勝手に「1ヶ月前ぐらいに言えばいいだろう」と判断して内定先との日程調整を済ませた後に、実際には3ヶ月前に申し出をしないとならず、辞めることができなかったでは目も当てられません。

内定をもらい、退職予定日を聞かれてから慌てて就業規則を確認するのはやめましょう。

就業規則を確認するだけなら転職活動をはじめた時点でできるはずです。

業務の進捗状況を確認し退職できる目安をたてる

在籍中の転職活動では、内定をもらっていない段階で退職日の目安を立てるのは難しいですよね。

ただ、おおよその目安を立てておく必要はあり、その一つになるのが業務の進捗状況です。

プロジェクトなどを担当している場合は、区切りがつかなければ引き留めに合う可能性が必至。

いつまでかかるプロジェクトなのか余裕をもって考えておきましょう。

自身の抱えている仕事が多く引き継ぎに時間がかかりそうな場合も、何ヶ月ぐらいで引き継げるのかを検討し、マニュアル作成など一人で先にできそうなことはやっておきます。

今の会社から無責任だと思われてトラブルにならないよう、一定の区切りがつくタイミングを退職時期の目安とするのがいいでしょう。

内定後はすぐに上司に伝えて相談しておく

内定をもらってすぐに入社日を聞かれた場合は、就業規則と業務の進捗状況から判断した時期から少し余裕をもたせ、おおよその目安を伝えておきます。

ポイントとしては、まだ確定していないことを伝えつつ、内定先の希望を考慮したいという前向きな態度を示すことです。

<回答例>
「〇ヶ月程度かかると見込んでいるのですが、現在上司と調整を進めています。

もう少し早い入社日をということであれば、できるだけご希望に沿えるよう努力いたします。」

内定連絡日と内定先との日程調整をするまでに日がある場合は、内定を受けた後すぐに勤務先の上司に伝えて相談することが大切です。

猶予があるのに何も相談を進めていないとなれば、内定先から不信感を抱かれてしまうかもしれません。

入社日の日程調整で言ってはいけないNG文言

入社日の日程調整をするときには、内定先からの印象を悪くしないよう言い方に気をつけなければなりません。

ここからは、日程調整の際に言ってはいけない言葉を紹介します。

引き留めにあっている

勤務先から引き留めにあっている、退職日調整がうまくいっていない場合、事実だったとしても言うべきではありません。

その場合は「現在調整中で〇日までにご連絡します。」とだけ伝え、不穏な空気を感じさせないようにしましょう。

内定先としても本当に退職できるのか、引き留めを受け入れるのではないかと不安に感じます。

そうなった場合は採用活動に影響がでますから、内定先として「退職日調整がうまくいっていないこと」は大きな問題。

スムーズに退職できそうな人を優先させる可能性もでてきますので、むやみに不安要素を伝えないようにしましょう。

全くわからない、メドが立っていない

まだ退職日が全くわからない、メドすら立っていないなどと正直に言うのもNGです。

そもそも転職活動をしているということは、就業規則や業務の進捗状況などから、ある程度の目安は立つもの。

その予定時期すらわからないとなれば、入社する気があるのかと思われてしまいますし、あまりに無計画で、行き当たりばったりな印象を与えます。

仕事でも計画性がないのかとも思われるでしょうから気をつけましょう。

適当に答えるのもNG

就業規則も業務の状況も確認せず、上司にも相談していないにもかかわらず、希望的観測で勝手に退職日を決めてしまうのもNGです。

入社日は内定先に伝えた時点で、内定先の担当者ははそれに合わせて手続きを進めますし、職場内の人員配置なども調整します。

あとで「やっぱり入社日をずらしてください。」と言うと非常に迷惑をかけることになるのです。

退職日がなかなか決まらない場合

ある程度の目安を伝えたうえで「会社と調整中」としている場合でも、できる限り早い段階で結論を出す必要があります。

とはいえ上司が出張中で時間が取れない、ズルズルと退職日を先延ばしにされてしまうことなどもあるでしょう。

上司が出張中の場合は、いつ面談の時間を取れるのかを必ず聞いておき、返事ができそうな時期を内定先に伝えておきます。

一体いつ返事がもらえるのかやきもきしてしまうので、今退職日が決まっていなくても、返事の時期だけは答えておくのがいいでしょう。

ズルズルと引き延ばしにされそうな場合は、「〇日までに返事をしたいので。」としっかりとした意志を勤務先に伝え、曖昧にさせないよう態度を示しておきましょう。

転職エージェントに相談

入社日の調整が上手にできず困っている場合は、転職エージェント経由での応募であればプロに相談することができます。

求人紹介だけでなく、入社して働き始めるまでのサポートをしてくれるので頼ってみるといいでしょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。