転職活動も後半になってくると、面接が立て続けに発生して有休を取得して面接を受ける必要性がでてきます。

仕事が休みの日に日程を調整する、仕事帰りにしてもらうなどの対策は存在しますが、簡単にいかないこともあるでしょう。

そこで今回は、有休を取得して面接に行く場合に会社に伝える理由について紹介していきます。

有休申請に理由はいらない

まずは大前提として、労働者が使える有休には特別な理由など不要です。

本当は「有休を取ります。」だけ伝えれば十分で、理由を問える権利など会社にはありません。

誰も聞いていないのにわざわざ理由をつけて申請すると怪しまれますから、気にせず申請すればいいのです。

申請書に書かなくてはいけないことがあれば、「私用」でいいでしょう。

とはいえ会社によっては有休取得理由を細かく聞いてくる、よほどの理由がなければ受理しないということもあります。

当然あってはならないことですが、実情としてはうまく切り抜ける必要があるでしょう。

体調不良は使いやすいが使い過ぎると別問題が発生する

自己申告なのでいくらでも言い訳が効くのが「体調不良」です。

1度や2度の体調不良なら、「最近調子悪いんだな。」で済まされるため、下手に勘繰られることもありません。

ただ、頻繁に有休を取得してそれがすべて体調不良の場合は、「大丈夫か?何の病気だ?」となりかねません。

病院で受診したかどうかを聞かれますので、とっさに説明できるよう準備しておきましょう。

心配されてつい転職活動中であることを話してしまい、上司にきつい態度を取られた例もありますよ。

体調不良による有休日には、面接が終わってほっと一息、カフェなどでお茶している姿を見られたら大変なので、面接後誰にも会わず自宅に直帰する必要があります。

使いやすい理由ですが盲点もありますからほどほどにしておきましょう。

持病の通院は便利

同じ体調不良でも、突発的ではなくあらかじめわかっていることなので伝えやすい、定期的な通院のため継続的に使えるという理由で「持病の通院」は便利です。

昔から持病があると伝えれば、単なる体調不良より詮索されにくいですし、面接後に職場の人に会ってしまっても問題ありません。

プライバシーに関わることなので余計なことを聞かれず、かなり便利な理由です。

ただし、「持病って何?」と聞いてくるデリカシーのない人もいるので、ぱっと言えるものは準備しておいてもいいでしょう。

相手が男性で自身が女性なら「婦人科系の持病」と言って非常識な相手を黙らせるのも一つです。

また、持病の通院なのに有休の取得時期が集中しているのもおかしいので、他の理由も含めて適度に使っていくことも必要です。

持病ではないですが、歯医者などであれば連続して通うこともあるので、繁忙期以外などで半休を取得したい場合には使えます。

家族の都合は理解されやすい

家族の訃報はバレやすいので禁じ手ですが、家族の都合による有休ならば理解されやすいです。

最近家族の具合が悪いので病院の予約を取った、高齢の親から大きな荷物を運ぶ手伝いをしてほしいと言われたなど、家族を使わせてもらうのは一つでしょう。

家族の都合に対して批判的なことを言う人は、道徳的な問題からも嫌われやすいので、普段は口うるさい上司や先輩を黙らせることも可能です。

家族への文句は下手をするとパワハラ問題にも発展するため、突っ込んで聞いてこないでしょう。

この理由を使うときの注意点としては、職場の人と面識がある家族を引きあいに出さないこと。

できれば家族にも伝えておき、絶対にばれないための包囲網を張っておきましょう。

また、嘘だと思われないように、できるだけ具体的な理由を用意しておくことも必要です。

1日休みより半日休みを使うようにする

転職面接は個人面接が多く、面接開始時間の5分前訪問が基本なので、ある程度の所要時間が判断できます。

働きながら活動する応募者への配慮もありますし、面接官も他業務を兼ねているため、お互いに時間がないのです。

企業にもよりますが、おおよその時間は30分~1時間程度、長い場合でも2時間ぐらいが一つの目安です。

筆記試験が同日に行われる場合はさらにかかりますが、トータルで半日以上かかることは多くありません。

つまり、一つの企業を受けるため丸1日有休を使わなくてもいいということ。

今後転職活動が長引いた場合は有休残日数の問題もでてきてしまうので、むやみに1日休みは取らないことも大切です。

半日休みなら周囲からも比較的許容されやすく、文句を言われる確率も下がります。

効率的な転職活動をしたいなら転職エージェントを使うべき

有休休暇は限られていますし、欠勤は無給になってしまうためデメリットが大きいですよね。

できるだけ有休を使わなくて済むよう、転職活動を効率的に行う必要もあります。

おすすめは転職エージェントを利用した転職活動です。

平日の夕方以降に面接時間を取ってもらいたい、休日などに面接を受け付けてもらいたいなどの調整を、応募者に代わっておこなってくれるため、余計なことを考えず面接対策に集中することができます。

もちろん、企業によっては平日の昼間しか面接の対応ができないケースもありますが、転職エージェントを利用して活動することで内定確率がアップするため、最小限の有休利用で抑えることができるのです。

転職エージェントは無料で利用できますから、効率的な転職活動のためにもぜひ利用を検討してみてください。

最後に

いかがでしたか?今回は、転職面接で有休を使う場合に会社に伝える理由について紹介しました。

本来は特別な理由などいらない有休取得ですが、それを理解している職場ばかりではありません。

社風や上司の考え方によってうまく使いわけていきましょう。

内定をもらった後の円満退職につなげるためにも、活動中は波風立てず職場にあわせていくことも必要です。

ぜひ参考にしてみてください。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。