一度社会人になると、無職にでもならない限り、まとまった休みを取るのは簡単ではありません。

よほど環境的に恵まれた企業でなければ1週間連続で有休を取るなんて、ハネムーンでもなければ認められないことが多いでしょう。

いつかは転職をと考えている人は、転職時期に向けて有休貯金をしっかりしておき、転職時期をコントロールすることで、うまくいけば長い場合で2ヶ月間、お金をもらいながら旅行に行ったり趣味に没頭する夢のような時期を過ごすことも可能です。

そこで今回は、転職を機に退職日までをできるだけ長く有休消化するためのコツを紹介します。

1ヶ月休むために何日有休が必要?

まずは1ヶ月の長期連休を目指すと仮定して、1ヶ月間お金をもらいながら休むには何日の有休が必要か確認します。

よくある「土日祝休み」の企業なら、月の所定労働日数は20~22日が主流です。

有休は「本来は労働するはずの日」について充てることができ、もともと休日だった日に消化する必要はありません。

例えば月の所定労働日数が20日ならば、20日有休があれば、1ヶ月間まるまる給与をもらいながら休むことができるというわけです。

1ヶ月休むために、30日や31日分の有休がいるわけではないということですね。

有休は最大で何日残せる?

有給休暇は労働基準法で、勤続年数ごとの最低付与日数が定められています。

勤続6ヶ月で10日付与、勤続6年6ヶ月を超すと1年間で20日付与されます。

これは最低限の基準なので、基準を上回る付与日数を与えてくれる企業も中にはあります。

就業規則で有休付与日数について書かれていますから、自社の有休規定を確認してみましょう。

そして、有休消化には2年の時効が定められており、前年度に消化できなかった分を今年度に繰り越すことができます。

6年6ヶ月以上勤務している人が1日も有休を使わず1年を過ごして繰り越した場合、労基法の規定通りの付与であっても、40日間まるまる有休を持つことができるということです。

例えば2017年1月と2月の、土日祝日を除いた日数は合計で40日。

2月末退職の人ならば、40日分の有休をすべて退職日前に消化できれば、まるまる2ヶ月を長期休暇として、収入がありながら休める時期を過ごすことができます。

有休の無駄使いに注意

有休日数は限られていますから、1日でも多く残して連続取得できるよう、有休の無駄使いは回避したいところです。

連続消化のタイミングでいくらでも遊びに行けますから、それまでは旅行などで使ってしまうのは我慢しましょう。

転職活動中にもできる限り有休を使わず活動することも可能です。

面接日にどうしても有休を使うことはありますが、転職者の多くは平日の夜や休日なども上手に使いながら、最低限の有休消化に抑えるよう努力しています。

企業も在籍中の活動に一定の配慮があるため、有休を使わずに面接までを終わらせることも十分にできるということ。

半日や時間単位で取得を認めている企業もあるので、できるだけ細かく取得していくのもコツです。

むやみに1日有休を取得せず、「午後に面接だから午後に有休を取ろう。」などと上手にやりくりするのがいいでしょう。

退職日までに有休を使えないと思っていませんか?

転職が決まって、退職日までをすべて有休消化できた人の割合は、退職者の半分にも満たないと言われています。

確かにそういった人は多く、理由を聞いてみると「何だか悪いような気がした。」「認められないと言われた。」などと言います。

有休消化が後ろめたい気持ちになる人は、休暇というよりお金をもらうことだと思ってみてはいかがでしょうか。

休暇だと思えば我慢してしまっても、「30万円のお金をもらえる権利」だと思ったら、簡単に放棄する人は減るはず。

基本給が30万円の人なら、1ヶ月有休取得することと、基本給と同額の30万円をもらうことは、同じ意味を持つのです。

また、会社から認められないと言われた人は、有休取得は労基法上認められたの当然の権利であり、原則として申請を拒否することはできないと知りましょう。

会社には「時季変更権」と呼ばれる、業務の正常な運営を妨げる場合に有休日を変更できる権利があります。

しかし、退職が決まっていて引き継ぎも終わっているなら、時季変更権を正当に行使することは難しいでしょう。

上司から「有休消化なんて認められない」と言われても、法知識がある人事部などに問い合わせるなどして諦めないことも大切です。

普段から関係性を良好に保つこと

有休が当然の権利と知っていても、どうしても上司に請求できない、周囲の目が気になってしまうという人も多いでしょう。

これには、普段の上司や職場の人たちとの関係性も関わってきます。

上手に人間関係を構築してきた人ならば「最後ぐらい有休消化すればいいよ。」と上司や周りの理解もありますが、いつも孤立してきたような人ならば積極的な協力は得られないでしょう。

関係性を保つことは簡単ではありませんが、日頃の行いが自分の損得にも影響するものだと思って、言動に気をつけるようにするのも一つです。

引き継ぎがスムーズにいくようできることは進めておく

有休をできるだけ残して最終勤務日を迎えるためには、引き継ぎを早め早めにおこなっておくことがとても大切です。

内定が出てから慌てて引継ぎを始めるのではなく、転職を決意した時点で自分の業務整理は行っておくことをおすすめします。

業務整理をして、マニュアル作りなどをコツコツやっておけば、実際に引き継ぐときにスムーズです。

さらに転職活動に必要なキャリアの棚卸にもなるため、密かにすすめておくといいでしょう。

面接の日程調整は転職エージェントを頼ろう

有休をできるだけ使わないよう平日の夜に面接を対応してもらいたい、休日にも可能かどうか確認したいなど、日程調整で希望があってもなかなか企業に申し出るのは難しいですよね。

転職エージェントを利用した転職活動なら、応募者に代わって日程調整をおこなってくれるためスムーズです。

在籍中であることを配慮してもらいやすくなるので、プロの手を借りてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。