内定をもらってほっと一安心したのもつかの間、給与の提示額を見たら想像以上に少なくてショックを受けるというケースがあります。

給与は生活の基盤なので、内定を辞退すべきかどうかを考える人もいるでしょう。

この場合、内定辞退についてどう考えていけばいいのでしょうか。

今回は、内定後の提示給与が想像以上に低かったときの、内定辞退についての考え方を紹介します。

新卒初任給と同レベルでショックの場合

社会人経験としては中堅以上のレベルなのに、新卒の初任給と同程度の給与しかもらえないとわかった場合、非常にショックですよね。

これまでの経験は何だったのか、正当に評価されていないのかなど、さまざまな疑問が浮かびます。

このケースの場合、内定辞退をすべきなのでしょうか。

未経験なら当たり前

まずは未経験の業界、職種に転職した場合。

残念ながら未経験転職の場合、レベルとしては新卒とさほど変わらないと見られることは多くあります。

社会人経験がある分ビジネスマナーなどは問題ないでしょうが、仕事を一から教えるという、企業側の手間や人件費は同様にかかるからです。

即戦力を基本とする転職市場において、未経験での再チャレンジなら、ある程度の給与ダウンは覚悟しておいて当然。

むしろ、未経験でもやり直せるチャンスがもらえたことを喜ぶべきとも言えます。

未経験なのに「私の年齢でこれは…。」というのは、自分の貢献度を客観視できていない可能性があります。

未経験でも年収アップに成功する人は、一時的なダウンを許容したうえで、早い段階で成果をだし、長期的に見ると年収アップするというケースが多いですよ。

前職だけでなく相場と比べてみてどうか

提示された給与を前職給与と比べることがありますよね。

前職と比べてどうかを考えることも必要ですが、相場全体と比べてみてどうかはもっと大切です。

前職の給与は、求職者の実力を明らかにするものではありません。

前職がたまたま給与のいい会社で、実力以上の給与をくれていたこともあるでしょう。

今ある経験とスキル、年齢から、どの程度の給与をもらうのが一般的なのか、相場を確認しましょう。

相場が新卒初任給と同程度であれば、それは仕方がないと言えるでしょう。

転職サイトや転職エージェントなどを利用すると、自身の適正年収診断などができます。

地域の給与相場によっても異なりますので、勤務地がどこかなども踏まえて調べてみるといいでしょう。

生活にかかる費用を算出しよう

やりたい仕事で職場の雰囲気もよさそうなど、給与以外のすべての条件を満たしている場合は、給与のみで判断するのは非常に勿体ないことです。

仕事を辞めたい理由は給与以外の要素も大きく絡んできますから、他の条件にも目を向けてみましょう。

ただし、新卒初任給レベルの給与だった場合、生活できるかどうかが問題になります。

新卒の場合は実家暮らしをする人もいますが、転職組はすでに自立している方も多いでしょう。

生活できなければいずれ辞めることになりますから、生活にかかる費用を事細かに算出すべきです。

当然、提示給与からは税金や社会保険料が引かれますから、手取り給与で生活できるかを計算しましょう。

生活が難しいと判断すれば、内定を辞退するのが一つです。

事前に給与がわからなかったことについて

内定後に給与提示を受けてショックを受けるということは、事前に給与を知らされていなかった、募集要項に書かれている給与と違っていたケースなどが考えられます。

企業が求人広告を媒体に掲載するときは、給与記載が条件になることが多いですし、少なくとも面接の時点では説明があるはずです。

内定前に給与の目安すらわからなかったという事実は、内定を思いどどまるための一つの要素。

何か納得できる事情があって給与提示がなかったのか、単に自分の確認不足なのか、今一度企業研究や口コミ確認などをしてみてもいいでしょう。

入社してからでは、転職回数1が加算されてしまうので、内定受諾を迷う今が最後のチャンスです。

募集要項に書かれている給与と違ってショックの場合

事前にしっかり募集要項を確認し、給与に納得したうえで応募した場合でも、内定後に提示された給与が低くてショックを受けることがあります。

この場合は内定辞退についてどう考えるべきでしょうか。

給与モデルは参考にならない

経験や成果が反映される給与形態であるなど、人によって給与の差が大きい場合に、募集要項に明確に記載できないことがあります。

このときに記載されているのが給与モデルで、「例えばこれぐらい稼いでいる人がいますよ。」という目安となるものです。

給与モデルは、ほとんど参考にならないと思っておきましょう。

特に歩合給の給与モデルは成果次第なので、同じように稼げるとは限りませんよ。

自身が事前に確認した給与が、最低限保障される給与額だったのか、単なる給与モデルだったのかによって、企業側の落ち度が変わってきます。

最低保障額と書かれた給与を下回っている場合は虚偽ですが、給与モデルの場合は虚偽ではありません。

想像以上に低かったことを理由に内定辞退することは冷静になりましょう。

明らかに違う場合は不誠実。内定辞退を考えよう

募集要項などに書かれた給与と明らかに異なる額を提示された場合は、その企業は危険です。

誇大広告で応募者を募っていた可能性があるので、いったん求人媒体に確認するなどし、媒体側の掲載ミスでない限りは内定辞退するのも手です。

内定辞退は特に理由を言う必要はなく、電話で丁寧に断れば十分です。

虚偽の広告をだすという不誠実な対応は、求人に限らず、従業員に対して至るところでおこなわれているはず。

企業の信頼度がないことが事前に分かり、転職して辛い目にあわずに済んだのだと前向きになり、次の活動に進んでいきましょう。

転職エージェントを利用すれば内定後にショックを受けることがない

転職エージェントを利用した転職活動であれば、事前に給与や条件について詳細確認ができます。

内定をもらってから異なる給与を提示するような不誠実な対応をすれば、応募者から悪評が立ち、今後その企業はエージェントの審査に通らなくなる可能性があります。

企業としても掲載不可となることは避けたいため、誠実に対処することになります。

不明な点があればエージェントを経由して企業の人事担当者に聞いてもらえるため、安心の転職活動につながるでしょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は、転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を、全てプロに任せることができます。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアアドバイザーが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェントは全国に拠点を持つ、転職エージェントの大手です。

求人サービスに強いリクルートグループによる、安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職成功の実績 No.1

31万人を超える多くの転職者を成功に導いた、安心の転職ノウハウがあります。

1977年創業の歴史と実績により、企業との太いパイプがあるため圧倒的な求人数を誇ります。

業界トップクラスの求人数

全国160,000件以上の求人数があるため、どの業界でも求人探しに困ることがありません。

多くの求人情報を比較・検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社が見つけやすいです。

非公開の求人も100,000件以上あります。

リクルートエージェント限定の求人も多数あり、他では応募できない求人に出会うことができます。

成功実績No.1のサポート

業界・職種に対する専門的な知識をもった、実績豊富なキャリアアドバイザーによる安心のサポート。

自分が自覚していない、転職に有利なスキルや強みを導き出す手伝いをしてくれます。

ご自身の経験や思考に応じて、最適なキャリアプラン・転職先を見つけ、転職の成功に導きます。

キャリアアドバイザーからも、転職先の企業に強みをアピールしてくれます。

企業との交渉は全てお任せ

面倒な面接のスケジュール調整や、企業とのやり取りも全てお任せできます。

言いづらい年収交渉や、転職先に求める希望・要望なども、お任せできるので安心です。

他社では教えてくれない社風や残業時間の詳細など、転職先の情報提供もしてくれます。

入社日の調整、退職手続きのアドバイスまで、転職完了まで全面サポートしてくれます。

転職のプロを味方につけよう

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり、悩んだ時にも誰にも相談できません。

転職エージェントを使うことで、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも、安心して効率的に転職活動ができます。

心強い転職エージェントと一緒に、転職を成功させましょう。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで、新たな未来が切り開けるかもしれません。