転職活動も終盤になってくると、面接が立て続けにあるなどしてスケジュール管理が必要になります。

面接の日程調整に失敗すると、企業側に迷惑をかける、管理能力が疑われて選考に影響を与えるなど、いいことはありません。

面接の日程調整も重要な転職活動の一つですから、ぜひ慎重におこないましょう。

では、面接の日程調整でありがちなミスとはどんなものがあるのでしょうか。

日程調整のミスを回避するためにも、気をつけたいポイントを紹介します。

これだけはNG!ダブルブッキング

凡ミスながらもっともやってはいけないミスは、やはりダブルブッキングです。

同じ日の同じ時間帯に複数の企業面接を入れてしまうなんてミスは、社会人としての資質が疑われるくらいの失態です。

ダブルブッキングを回避するために、面接日の調整をするときの確認と記録が重要です。

電話で日程調整する場合は、復唱し、例えば16時の予定であれば、「16時、午後4時ですね。」という風に勘違いがないようにしましょう。

確認したあとは、頭で記憶するのではなく、必ずスケジュール表に記入しておきます。

自分の記憶ほどあてにならないものはないので、必ず記録しておきましょう。

メールで日程調整をおこなった場合は、スケジュール表などへの転記ミスが考えられます。

何度も確認する、メールはハードコピーを取っておくなどして確実にしましょう。

面接日を勘違いして迷惑をかけるのは信用問題

スケジュール表に記載するときに勘違いしてしまうなど、面接日を1日、1週違いで思い込むケースもあります。

面接日当日に企業から連絡があって気づくなどは最悪のケース。

ドタキャンは信用問題ですし、慌てて行ったにしても迷惑をかけるのは必至。

いい状態で面接に臨むことができずボロボロの結果になるでしょう。

これは完全に確認不足で起きるミスなので、ダブルブッキングを回避する方法と同様に、確認、記録を慎重におこないましょう。

立て続けの面接で思いのほか面接時間が長かった

同じ日に面接がある場合は、余裕をもった時間配分が必要です。

一般的な面接時間は、30分~1時間程度、長い場合は2時間ほどかかることもあります。

およその目安を事前に伝えてくれることはありますが、あくまでも目安なので、必ずその時間内に終わるわけではありません。

面接官も、余裕をもって面接に来てくれていると思っているので、多少長引くことは十分に考えられます。

また、面接時間そのものが長い場合のほか、面接開始時間が遅くなることもあります。

理由は、前の面接が長引いている、面接官が急な仕事の対応で面接に入るのが遅くなったなど。

いずれにしても次の面接時間が差し迫って慌てることのないようにしたいですね。

理想は1日1本の面接ですが、そうもいってられないことも。

同日でも午前1本、午後1本程度に押さえておくといいでしょう。

移動時間を考慮せず早い時間の面接を指定

面接の日程調整ミスの中には、移動時間を適当に考えたことによるミスもあります。

例えば朝一番の面接で、自宅から通いにくい、時間がかかる場所へ訪問する場合。

思いのほか移動時間がかかってしまい遅刻ギリギリになる、通勤ラッシュ時間帯にあたってしまい電車を乗り過ごすことになるなどが考えられます。

面接会場へは初めて行くことがほとんどですから、電車やバスの移動などでどれくらいかかるのかしっかり把握しておきましょう。

可能であれば、面接日以外で一度、実際に移動して確かめてみることをおすすめします。

定時過ぎの面接なのに仕事でトラブル発生

在籍しながら転職活動をおこなう場合、定時過ぎに面接対応してもらうことがあるでしょう。

有休を取得していない以上、その日の仕事で何かトラブルが発生すれば、やむを得ず今の仕事を優先するケースがでてきます。

しかし、直前での面接キャンセルはかなりの悪印象で、例え仕事が理由だったとしても管理能力が低いとされる場合もあります。

定時過ぎに面接を入れる場合は、その日の朝のうちに職場の人に「今日は大事な用があるので、必ず定時で帰ります。」と伝えておくべきです。

定時後の仕事を強制することはできないので、理解してもらえるでしょう。

再度の調整依頼はマイナス印象

一旦面接の日程調整が済んだのに、自分側の都合で再度の調整を依頼するのはマイナスな印象です。

企業の担当者の手間を増やしますし、確認ミスではないかと疑われます。

日程調整の際は、一度決めた日程はこちらの都合で変えることは絶対にしないくらいの気持ちでいましょう。

やむを得ず再調整を依頼する場合は、謝罪の言葉を丁寧に述べ、相手が納得できるだけの理由を提示します。

「仕事なのだから仕方がない。」という態度では、人間性がどうなのかと思われてしまいます。

日程希望の返信メールが遅いなどビジネスマナー不足

日程調整をメールでやり取りする場合は、返信スピードや敬語の使い方などビジネスマナーも見られています。

ここでのミスも選考に影響しますから注意しておこないましょう。

日程調整の返信メールは、遅くとも24時間以内に返すのがマナー。

他社との調整や仕事上のスケジュール確認に時間がかかる場合は、少なくともいつまでに返信できるのかのメールをあらかじめしておきましょう。

何の連絡もなしに返信を遅らせるのはマナー違反です。

また、日程が決まって相手企業からメールが入った場合、了解メールは必ず送ります。

転職活動においては、最終メール送信者が自分になるように、最後まで丁寧な対応を心がけましょう。

面接の日程調整はプロに任せるのが吉

転職活動中は応募書類を精査する、面接対策をおこなうなど、やるべきことが多くあります。

緊張や不安もあり頭の中がいっぱいになりやすいため、面接の日程調整では思いもよらぬミスが発生することがあるでしょう。

面接の日程調整などの事務手続きは、転職支援のプロである転職エージェントに任せるのが安心です。

面倒なやり取りを行うことなく、事前に希望を伝えておくだけで日程を決めてくれますから非常にスムーズ。

転職活動全体をサポートしてくれますから、上手に利用しましょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を全てプロに任せてしまうことが可能です。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアコンサルタントが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

転職のプロにいつでも相談できる

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり悩んだ時にも誰にも相談できません。

しかし、転職エージェントを使うことにより、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも安心して効率的に転職ができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはDODAがおすすめです。

DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手です。

安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職支援の実績 日本最大級

これまでに多くの転職者を成功に導いた実績があるため、転職ノウハウやサポートも充実しています。

電通バズリサーチによる転職者満足度の調査でもNo1に選ばれており、転職支援の内容も安心です。

求人数も日本最大級

全国100,000件以上の豊富な求人数があります。

多くの求人情報を比較検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社を探しやすくなります。

DODA限定の求人も多数

非公開の求人も80,000件以上あります。

DODA限定の求人も多数あるため、DODAでしか応募できない求人に出会うことができます。

心強い転職エージェントを味方につけて、効率的に転職活動をすすめましょう。

DODAの登録は簡単

b28

DODAのサイトに移動後、「エージェントサービスに申し込む(無料)」ボタンを押しましょう。

名前や生年月日など簡単な基本情報、職務経歴を入力すれば登録完了です。よく分からない項目はざっくりで構いません。

登録後に担当者より電話やメールで連絡があり、転職の支援を受けることができます。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで新たな未来が切り開けるかもしれません。