転職活動を本格的に始めると、応募先企業から連絡が入る、面接に訪問するなど次から次へと慌ただしく動き回ることになります。

あとになってから「これをやっておけば良かった。」と後悔しないためにも、本格的に動き出す前の準備が大切。

今回は、転職活動の事前準備のポイントを整理して解説します。

なぜ転職したいの?理由と目的を整理する

まずはもっとも重要な転職理由と目的を整理しましょう。

これは今後の転職活動において軸となる部分ですから、曖昧なまま転職活動を始めてはいけません。

理由と目的がなければ求人探しすらままならず、応募書類作成時に立ち止まり、面接で撃沈するなどボロボロになる可能性があるでしょう。

転職したいと思ったきっかけは、今の会社へ嫌な点や、やりたい仕事ができていない現状への不満など、不満が元になっていることがほとんど。

不満を不満のままにしては単なる逃げの転職になりますから、転職によってどんな未来を手に入れたいか、その目的まで考えておきましょう。

これがいわゆる「前向きな転職理由」につながります。

前向きな転職理由がなければ内定をもらう可能性は低いと言って過言でないくらい、重要なポイントです。

今の会社でやれることはやったか振り返り

転職理由と目的を整理したら、それは今の会社でどうしても果たすことができないかを振り返ります。

なぜなら、目的達成が今の会社でも叶うなら、転職する理由がないから。

面接官を納得させるだけの転職理由にはならず「前の会社にいても良かったのでは?」と言われてしまいます。

今の会社でやれるだけのことはした、できる努力はし尽くしたと胸を張って言えるなら、面接官も納得できる転職理由が言えるでしょう。

キャリアの棚卸で転職可能か見極めよう

自身の転職可能性がどの程度あるのかを確認することも大切です。

これまでのキャリアを棚卸し、自身が持つスキルや経験を洗い出していきましょう。

携わってきた業務内容、身につけてきたスキル、資格など、紙に書いていくのがおすすめです。

そのキャリアは、別の業界、企業で活かすことが可能でしょうか?

企業が中途採用者に求めるのは即戦力。

いくら経験があっても、活かせる場所が存在しなければ意味がないのです。

今の状態では転職が難しいと判断したなら、今の会社に残って実績を残す、経験を積むのも道。

転職とは、会社を変えるだけでなく、今の会社に残ることも選択肢の一つなのです。

自己分析で転職の方向性を確認

本格的な転職活動に入ってから立ち止まってしまう人の傾向として、自己分析をおろそかにしていることがあります。

自己分析は、自身の強みや弱み、仕事に対してどんな考え方をもっているかなど、自分自身を客観視する重要な作業。

やっておかないと、転職先の方向性が曖昧になり、応募業界、企業に一貫性がもてなくなります。

面接においても同様です。

面接では見ず知らずの応募者がどんな人かを知るための質問が、矢継ぎ早に飛んできます。

自分自身を分析できていないと答えることができず「自分を客観視できていない人」と烙印を押されるでしょう。

自己分析は省略せずじっくりやっておきましょう。

いつまでの転職を目指す?転職スケジュールを立てる

ある程度の方向性が固まってきたら、転職スケジュールを立てます。

転職を成功させるために、ある程度の目安を決めることも大切です。

目標時期を決めておくことで今何をすべきかが明確になり、効率とテンポを意識した活動ができるでしょう。

転職活動と並行して、今の会社を円満退職できるよう、マニュアル作成など引き継ぎ準備を粛々と進めておくこともできます。

転職時期の目安は、在籍中か退職後かによっても異なります。

在籍しながらじっくり転職先を決めたいなら、準備時期も含めて半年が一つの目安。

すでに退職している場合は早めの内定を目指すべきなので、3ヶ月程度で決めたいですね。

もちろん、スケジュール通りにいかないことも多々ありますがそれも想定内のこと。

活動が長引いてきたらいったん振り返りをし、修正していけばいいのです。

活動にかかる経費と自己資金の把握

転職活動は思いのほかお金がかかります。

今の職場でスーツを着用しない職種の人は、スーツを新調することもあります。

就職活動時代のリクルートスーツはあまり好ましくありませんから、転職組らしい落ち着きを印象づける装いが必要なのです。

ほかにも、靴や鞄、交通費に宿泊費、面接前の時間潰しに飲食店に入るなど、なんだかんだで出費がかさみます。

退職後に転職活動をする場合は、転職活動費プラス生活費が必要ですから、生活がかなり苦しくなることも予想されますよ。

さきほど立てた活動スケジュールを元に、いくらくらい経費がかかりそうか、預貯金がどの程度あるのかなど、自己資金の把握をしておきましょう。

お金の問題で転職活動が続けられなくなる人もいますから、とても大切な準備です。

いざ活動開始!業界、職種研究から

求人検索、応募へ進む前に、業界、職種研究もしておきましょう。

仕事内容はもちろん、業界としての将来性や給与相場、キャリアアップの道があるのかなど、研究すべきことは多くあります。

出版物やインターネットで調べるだけでなく、転職フェアや業界セミナーに参加する、業界内で働く人の話を聞けるよう知り合いに依頼するなど、生きた情報を入手することも大切です。

方法はたくさんありますから、一つに固執するのではなく幅広く情報を手にしていくことを意識しましょう。

何から始めればいいかわからないなら転職エージェントを利用

転職活動の準備と言っても、自己分析やキャリアの棚卸方法、転職理由もうまく整理できないなど、何から始めればいいかわからない人もいます。

転職活動に慣れている人など多くありませんから、それはそれでいいのです。

おすすめなのは転職エージェントを頼ること。

転職支援のプロとして、転職全体をサポートしてくれます。

面談を通じて希望を聞きだしてくれるため、整理されていなかった転職理由や目的が明確になってきます。

すべてのサービスが無料で利用できるため、特に費用がかからないのも利点でしょう。

転職エージェントを使って効率的に転職しよう

いざ転職をしようとしても転職活動はやることが非常に多いです。

求人探し、応募書類の作成、面接対策などなど・・・

転職活動の準備だけで疲れてしまいますよね。

そこでオススメの方法は転職エージェントを使った転職活動です。

面倒な作業を全てプロに任せてしまうことが可能です。

転職エージェントって何?

転職エージェントとは、企業と求職者のマッチングを行う人材紹介サービスです。

転職のプロが転職成功のサポートをしてくれます。

例えば・・・

  • 求人選び
  • 非公開求人の提供
  • 会社の裏情報も分かる
  • 応募書類の作り方
  • 面接対策
  • スケジュール調整
  • 年収交渉

このような面倒なことも、転職エージェントは全てサポートしてくれます。

「でも、利用料金が高いのでは?」

心配いりません。転職エージェントの利用に料金は一切かかりません。

転職エージェントは無料で使える

転職エージェントの費用は、成功報酬として採用した企業が支払う仕組みです。

そのため、転職者の利用料は0円、無料で利用することができます。

無料なので、利用することにリスクはありません。

自分の市場価値に合った転職先が見つかる

あなたのスキルを総合的に判断し、最適な転職先を探す手伝いをしてくれます。

現状より好条件の企業、年収アップが可能な業界や職種も見つかりやすくなるでしょう。

自分では思いもよらなかった業種、違う職種に出会うことも可能です。

非公開の求人に応募できる

転職エージェントの求人は、80-90%が公開されていない非公開の求人です。

ハローワークや転職サイトでは見つからない、優良な求人に応募できます。

応募企業の裏情報を知ることができる

求人票だけではわからない、業界の動向や企業の方向性、成長性の情報。

転職企業の社風、社内の雰囲気、といった裏情報まで、幅広く教えてもらえます。

全ての求人は転職エージェントが審査済みのため、怪しい会社やブラック企業に引っかかる心配もありません。

書類選考の通過率が格段にアップ

キャリアコンサルタントが履歴書・職務経歴書を書くためのサポートを行ってくれます。

一人悩むことなく応募書類が作成ができるだけでなく、プロの目線から人事担当者を引きつける書き方を教えてくれます。

プロに添削を受けた応募書類により、書類選考の通過率が格段にアップします。

面接対策もバッチリ

面接に不安を感じる方のために面接指導を行ってくれます。模擬面接で予行演習も可能です。

応募する企業の面接情報や過去の質問事項・注意点なども事前に教えてくれます。

万全の面接対策により、本番の面接に安心して望むことができるでしょう。

面倒な企業とのやりとりは全てお任せ

在職中に転職活動をする場合、平日の仕事中に転職先企業と連絡がとりにくいのが普通です。

しかし、転職エージェントを使えば、面接スケジュール調整や連絡事項などは不要です。

転職企業とのやりとりは全てお任せできます。

年収アップや待遇の交渉も可能

一人で転職活動をする場合、応募先の企業に年収・待遇の交渉は言い出しにくいですよね?

こういったデリケートな交渉も、全て転職エージェントに任せることができます。

転職のプロにいつでも相談できる

一人で転職活動をする場合、孤独な戦いになります。

不採用が続いたり悩んだ時にも誰にも相談できません。

しかし、転職エージェントを使うことにより、いつでも転職のプロに相談できる環境が手に入ります。

プロの転職エージェントを味方につけることで、一人で転職活動をするよりも安心して効率的に転職ができます。

おすすめの転職エージェントは?

転職エージェントはDODAがおすすめです。

DODAは全国に拠点を持つ転職エージェントの大手です。

安心の実績と豊富な求人数が魅力です。

転職支援の実績 日本最大級

これまでに多くの転職者を成功に導いた実績があるため、転職ノウハウやサポートも充実しています。

電通バズリサーチによる転職者満足度の調査でもNo1に選ばれており、転職支援の内容も安心です。

求人数も日本最大級

全国100,000件以上の豊富な求人数があります。

多くの求人情報を比較検討することができるため、年収アップや理想の待遇の会社を探しやすくなります。

DODA限定の求人も多数

非公開の求人も80,000件以上あります。

DODA限定の求人も多数あるため、DODAでしか応募できない求人に出会うことができます。

心強い転職エージェントを味方につけて、効率的に転職活動をすすめましょう。

DODAの登録は簡単

b28

DODAのサイトに移動後、「エージェントサービスに申し込む(無料)」ボタンを押しましょう。

名前や生年月日など簡単な基本情報、職務経歴を入力すれば登録完了です。よく分からない項目はざっくりで構いません。

登録後に担当者より電話やメールで連絡があり、転職の支援を受けることができます。

転職エージェントの利用は全て無料です。まずは相談だけで利用するのもいいと思います。

プロに相談することで新たな未来が切り開けるかもしれません。